テーマ:カメラ

新年 あけましておめでとうございます!

 新年 あけましておめでとうございます。昨年の10月以降更新がほんとうにたまにしかなくjなってしまったこのブログですが今年もときどきは更新をしていこうと思っています。  昨年は、デジタルカメラも新たな進化の段階にはいった感じで、新機軸なモデルも登場して話題になりました。ニコンからはD3Sが登場して、目にみえないものまで撮影できると…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

ニコンようかんをもらってしまった!

 12月5日、中野サンプラザで開催されたフジヤカメラ主催のニコンの後藤氏の講演会にいってきました。後藤氏のおはなしの内容は多岐にわたり時間はあっという間にすぎてしまいました。  時間通りに定刻の13時30分から始まったのは、『ミスターニコン後藤哲朗氏特別講演 歴史は写真によって記憶される』演題、『Fから50年目の挑戦 栄光 現場 …
トラックバック:0
コメント:26

続きを読むread more

デジタル時代ならではの照明機材の変化

 デジタル時代にというか技術の進化というのか写真の照明にも新しい波が流れているようです。家庭用の明かりにも最近使われだしたLED照明ですが、カメラの照明にもフラッシュに代わり使われるケースがでているようです。  サンテックというカメラ用品をあつかう会社がオリジナルで作ったLEDの写真・ビデオ用ライトが、カメラがデジタル時代になって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHK趣味悠々ローカル線の旅に広田尚敬氏登場!

 NHKで楽しい写真に関する番組が始まりました。デジタル一眼レフを持ってローカル線を撮影してまわる番組でその進行役として鉄道写真の第一人者の広田尚敬氏が登場しています。貴重な広田氏の撮影のようすをみるだけでも一見の価値はありました。  9月3日から始まったNHK教育の、『趣味悠々 大人の楽しみみつけませんか? デジタル一眼レフで巡…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

フジヤカメラがツイッターで最新情報を発信!

 オバマ大統領も大統領選挙で活用したことで有名になったインターネットサービス、『ツイッター』。その、ツイッターの特集をニュースで放送していたのでみていると、よくいくカメラ店がでてきてびっくりしました。  アメリカでサービスが開始されていらい、いまでは全世界でユーザー数が5千万人を超えたといわれるツイッターですが、そのツイッターのサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今月のカメラ雑誌 09年9月号 前編

 今月もカメラ雑誌の発売日がきてしまいました。8月ももう終りですが、残暑お見舞い申し上げます。さて今月は久々にカメラ雑誌は4誌購入してしまいました。なんといってもニコンの話題が豊富なものですから。  今月は久々に4誌と書きましたが、以前買っていたのレギュラーの4誌を今月は買ってしまいました。始めは、デジタルカメラマガジン(DCM)…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

オリンパスの名設計者 米谷美久氏が逝去

 オリンパスの名設計者の米谷美久氏がおなくなりになられました。カメラに興味を持ち最初に顔のみえるカメラ設計者として存じたかたでした。  自分が米谷氏を知るきっかけになったのは、オリンパスのOM-1の発売からで、その開発インタビューをカメラ雑誌などで読みこういうかたが作られているのかといたく感心した覚えがあります。  その後、…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

今月のカメラ雑誌 09年8月号 後編

 後編はCAPAから。なかみをみないで買ってしまって少し失敗だったかなとも思いましたが、連載の、『交換レンズ完全ガイド』が好きなマクロレンズの特集でいま知りたいと思っていたタムロンのレンズを取りあげていてまあいいかという感じでした。  巻頭特集は、『特集 鉄道旅情写真 今年の夏はゆっくりと鉄道で日本を楽しむ!!』ということで、旅を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今月のカメラ雑誌 09年8月号 前編

 またまた書いてしまうのですが、1ヶ月のたつのがはやいです。先日7月号を買ったばかりという印象なのですが、もう8月号の発売です。今月は3連休ということでカメラ雑誌各誌は異例の18日発売となっています。  今月は、先月から絞り込んだレギュラーの2誌にくわえて月刊カメラマンを買いました。まずはアサヒカメラから。今月は朝みた朝刊のアサヒ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

コダクローム生産終了その74年の歴史に幕

 コダックは74年の歴史を誇る、コダクロームの生産終了を6月22日に発表しました。1935年に登場したコダックのカラーフイルム、コダクロームは多くのプロ写真家から写真愛好家にはば広く愛用されてきましたが、近年その販売は劇的に低下していたといいコダックにとって困難な決定をくださざるをえなかったという。  こういうことがあると、ひとつ…
トラックバック:1
コメント:20

続きを読むread more

今月のカメラ雑誌 09年7月号

 今月から毎月恒例になっていた、『今月のカメラ雑誌からきになる記事は!』はやめて、『今月のカメラ雑誌』と改めさせていただきます。というのは、いままでレギュラーで購入していた4誌を見直すこととしたためで、レギュラー購入誌を2誌に絞らせていただきました。  いままでは、惰性でというと語弊があるかもしれませんが、なんとなく毎月買っている…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

ニコンD90が990円でレンタル!?

 不況のいま女性の間ではブランド品のレンタルが流行の兆しというおはなしをテレビでみましたが、そんなレンタルがもてはやされる時代にデジタル機器、なかでもデジタル一眼レフやレンズもふくめて格安でのレンタルを始めたところがあるという。  秋葉原でニコンのD90が990円でレンタルしてもらえるというショップがネットで紹介されていました。日…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

今月のカメラ雑誌からきになる記事は!【6月号後編】

 K-7のレポートなどを優先して後編がおそくなりました。実際には残りの2冊がまだ読めていません。ですのでざっと目を通したきになる記事はということになりますがよろしくお願いします。  後編は、CAPAからです。巻頭特集は、『「カメラの魔法」から「写真の魔力」へ』というちょっとタイトルだけでは内容がわかりずらい感じの特集ですが、ページ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今月のカメラ雑誌からきになる記事は!【6月号前編】

 今月もカメラ雑誌の発売日となりました。いつもつい書いてしまうのですが、カメラ雑誌の発売日になるとなぜか1ヶ月すぎるのが早く感じてしまいます。今月はつい読んでしまい書くのがおそくなりましたが、それだけ読みごたえのあるカメラ雑誌がありました。  今月真っ先に取りあげたいのがアサヒカメラです。先月号の巻頭特集で組まれていた、『最新カメ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

北関東ぐるり400キロお花見ドライブひたち海浜公園編

 あしかがフラワーパークをあとに、次にめざしたのは、国営ひたち海浜公園でした。佐野藤岡インターから東北自動車道にのり一路、茨城県をめざしました。ひたち海浜公園のおめあては有名なネモフィラです。  佐野藤岡インター(IC)から東北自動車道にのり、栃木都賀ジャンクション(JCT)で、北関東自動車道にはいり、常磐自動車道の友部JCTも超…
トラックバック:1
コメント:12

続きを読むread more

北関東ぐるり400キロお花見ドライブあしかが編

 今日は連休初日。テレビのニュースでは、4月25日の土曜日から連休が始まったと報じているところもありましたが、一部の生産業では16連休という会社もあるので、そのような表現になったのかもしれません。連休らしく安くなった高速でちょっと遠出をしてみました。  走行距離にして400キロの北関東周遊ドライブといった感じのお花見観光をしてきま…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

富士の撮影に挑む竹内敏信氏の姿に感動

 今年はきのせいかGWのはじまりが早い感じです。そのはじまりの25日に放送されていた、キヤノン提供の番組では風景写真の第一人者、竹内敏信氏の富士山の撮影風景を追っていました。その竹内氏は大病をされていたことを自分は知りませんでした。  4月25日土曜日の午後にテレビ東京で放送された、『キヤノンプレミアムアーカイブズ 写真家たちの日…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

今月のカメラ雑誌からきになる記事は!【5月号後編】

 春の行楽シーズンやゴールデンウィークということで旅行など、でかけるチャンスも多くなるシーズンだと思いますが、そんなおでかけにもってこいなカメラはなにかという切り口で特集を組んでいるカメラ雑誌も今月はありました。後編はそのカメラ雑誌から。  『09春の大特集 カメラを持って外に出よう!旅と撮影が楽しくなるデジタル一眼レフ・レンズ・…
トラックバック:2
コメント:8

続きを読むread more

来年のカメラショーは横浜で開催?!

 来年からカメラショーは横浜で開催されることになりそうです。名称もPIEから変わり、これからは日本のカメラショーも、フォトキナやPMAとならぶ世界レベルのフォトイベントに成長させていくようです。  今年も開催された、フォトイメージングエキスポ(PIE)ですが、来年は名称を、『CP+ 』とし、主催を一般社団法人カメラ映像機器工業会(…
トラックバック:1
コメント:11

続きを読むread more

ペンタックスPIEのサプライズは645Dの展示と判明!

 昨日書いたペンタックスのサプライズなカメラはなにかというはなしですが今日ペンタックスから正式にPIEで、645 Digital の参考出品が発表されました。そして問題の、『サプライズ対談』も内容が、『645 Digital サプライズ対談』と変わり対談内容も判明しました。  ペンタックスでは、645 Digital の開発と引き…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

今月のカメラ雑誌からきになる記事は!【4月号後編】

 今日は東京で桜の開花宣言が発表され、いよいよ春本番という感じです。カメラ雑誌でも桜の撮影テクニックなどの特集が組まれ、毎年、今年こそは桜の写真を極めたいと思ったりするのですが思うようにいかないのが世の常ということも実感する季節でもあります。  4月号の後編はデジタルカメラマガジン(DCM)からです。巻頭特集は『速報1 Eシリーズ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今月のカメラ雑誌からきになる記事は!【4月号前編】

 今月のカメラ雑誌各誌はPMAが低調だったこともありその特集も数ページで終わってしまい、カメラそのもののメカ的な特集は少なく撮影テクニック的なページが多い感じです。そんなわけで1日おくれで書いてみることにします。  今月は20日が春分の日で祝日ということで、1日早い19日にカメラ雑誌は発売されました。昨日は、EOS Kiss X2…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

GF670 Professionalの開発は富士フイルムの使命感!

 富士フイルムが発売する、GF670 Professional について開発した理由をひとことでいうとそれは、「使命感」だという。1月28日に3月下旬の発売を発表したGF670の開発者インタビューを読むと、フィルム文化の担い手であるという富士フイルムの自負がこのカメラを開発させたことがわかりました。  「フィルム写真という文化を次…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

ニコンから希望小売価格改定のお知らせが発表に

 今日はオリンパスからE-620という新型デジタル一眼レフが発表されましたが、このブログでは先に、このニュースから取りあげていきます。このニュースとはニコンの、『希望小売価格改定のお知らせ』というほってはおけないニュースです。  今日発表になったニコンの『新着情報』によると、ニコンのフイルム一眼レフカメラとマニュアルフォーカスのA…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

今月のカメラ雑誌からきになる記事は!【3月号後編】

 3月号の後編はCAPAからです。今月号は本の前半までのほとんどが撮影に関する記事という感じで、メカニック的な記事が今月のカメラ雑誌のどれも少ない感じになっていますがCAPAも例外ではありませんでした。  しかし撮影テクニックの記事でもCAPAの巻頭特集の、『シャドーが写真を輝かせる』という特集は38ページにもおよぶもので写真表現…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

今月のカメラ雑誌からきになる記事は!【3月号前編】

 今月もカメラ雑誌の発売日となりました。今月は新モデルの記事もひと段落して各誌とも撮影に関するものやレンズなどの特集に力をいれている感じです。レギュラーの4誌から今月はアサヒカメラからスタートです。  アサヒカメラで、つい読み込んでしまい更新が遅くなる原因となった記事がありました。それは、『総力特集 デジタル一眼レフに2000万画…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

GF670 Professional 蛇腹式中判カメラ発売!

 1年前のPMAで発表され、国内でも話題になった富士フイルムの中判カメラですが、1月28日にようやくその発売がアナウンスされました。デジタル全盛の時代にあってフイルムカメラそれも中判の新モデルを発売するという富士フイルムの英断には感心するばかりです。  GF670 Professional と命名された富士フイルムの新型中判カメラ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

今月のカメラ雑誌からきになる記事は!【2月号後編】

 後編はCAPAから、今月号では撮影ノウハウを一大巻頭特集にすえ勝負という感じです。写真の根本の色について考察しています。そして、『CAPAレンズ大賞 2008』の発表と興味深い記事が。続く月刊カメラマンは対決企画2題という感じで勝負です。  CAPAでは巻頭特集を『特集 色を自在に撮る カメラが備えている芳醇な色の表現力を生かし…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

今月のカメラ雑誌からきになる記事は!【2月号前編】

 今月号は個人的な趣味によりアサヒカメラからの紹介となります。朝刊の広告にでていたアサヒカメラの内容をみてすぐに読みたくなった記事があったためなのですがその特集をじっくり読んでいるだけで時間がなくなってしまいました。  その広告の見出しをみて頭がいっぱいになった特集とは、『50mmレンズ大特集 フルサイズ・デジタル一眼レフ時代到来…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

写真はオリジナリティで勝負したいものです!

 ここ数日、写真のことでニュースになっていることがあります。廃墟を撮影した写真をめぐって、先に撮影して写真集などにまとめていた写真家のかたがあとから同じ廃墟を撮影した写真家を訴えたというもので、テレビのニュースでみると両者の写真のあいだには微妙な感じも。  廃虚をテーマに写真を撮影している写真家の丸田祥三さんが、撮影場所や構図をま…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more