念願のレンズをようやく入手

 少し時間がたってしまいましたが、10月8日に新しくレンズを入手してしまいました。と、いっても最新のレンズではなく、もう生産も終了かというレンズなのですが手にした満足感は最高でした。

 新たなレンズを買いにいったのは、伊勢湾台風以来の大型台風ともいわれた台風18号が日本列島を直撃していた10月8日で、その日は1日台風ででかけることもままならないだろうなと思ってゆっくりすごそうと思っていた日でした。

画像


 午前中はやはり台風の影響で東京メトロ東西線も一部運休となっていて、やはりでかけるのは無理と思われましたが、お昼ごろから急に晴天となり午後からは東西線も復旧して、天候も少し風が強いかなといった程度にまで回復してしまいました。こうなるともういてもたってもいられなくなり、東西線に乗り一路中野に直行でした。

 と、こう書いても、意味がわからないと思いますので、かいつまんでここにいたる経緯をご説明すると、広角ズームが以前から欲しくて、ウルトラワイドヘリアーを買うときにもどちらを買うかで悩んだレンズが、シグマの12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL /HSM で、おなじ12mmという画角をもちながら個性のまったくちがうレンズなのにその購入価格が近いということでどちらを優先するかで悩んだということがありました。その経緯は下記関連記事に詳しいのでここでは書きません。

 そのときは生産の終わっていたウルトラワイドヘリアーを優先して入手するという結論にいたり、ついでに数日後にはスーパーワイドヘリアーも買ってしまうというおまけまでついてしまいました。

 そのとき悩んだ、シグマの12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL /HSM でしたが、実はこのとき、10-20mm F4-5.6 EX DC /HSM も欲しいレンズとして、12-24mm とどちらを先に買うかでも悩んでいるという事情がありました。その後、PIEでシグマのおはなしを聞くと、12-24mm は生産も継続されるとのことで、10-20mm から先に入手していこうという順番が自分のなかででき、あとはいつ買うかということになっていました。

 そんなときに発表されたのが、F3.5通しのシグマの10-20mm の新レンズで、このレンズの価格と性能、描写を調べてからどちらを買うか決めるという、すぐに10-20mm F4-5.6 EX DC /HSM を買えないという問題が浮上してしまいました。

 いろいろと調べると、シャープさはF3.5通しながら、さすがは新レンズということで、10-20mm F3.5 EX DC HSM に軍配があがるようだということがわかり、悩みもふえるという感じになりましたが、新レンズのフィルター径の大きさや旧レンズとなった、10-20mm F4-5.6 EX DC /HSM の価格の急な下落など、検討項目を総合的に勘案すると、ここはコンパクトな、10-20mm F4-5.6 EX DC /HSM をまず入手しておいたほうがいいという結論になり、結論がでるとあとは買うだけという気持ちがどんどん高まります。

 久々の休日が、8日の台風で1日のんびりせざるをえないと思っていたところ午後からの急な天候の回復にいてもたってもいられずに、中野のカメラ店に取り置きの電話をいれ、急遽全線開通したばかりの東西線に飛び乗るという状況になりました。

 そして長年の懸案だった、10-20mm F4-5.6 EX DC /HSM はようやく無事手元におさまることになりました。入手した結論からいうと買ってよかったです。いえ、とてもよかったです。そして幸せになれました。

画像


 レンズは買ったものの、相変わらず多忙なための10-20mm F4-5.6 EX DC /HSM の試写はまだまともにできていませんが、実践デビューは10月10日土曜日におこなわれたOFF会となりました。居酒屋での写真が実践デビューというもの、いかにもきになったコト的なとほほな感じですが、集まった仲間からは意外なレンズの購入ということに好感をもって受けいれられ、このレンズはやはり名レンズだよねとなかなかの評価にうれしくなりました。

 冒頭の写真はそのときのもので、10mm側の開放で撮影したものです。

 中野のカメラ店で聞いたところ、10-20mm F4-5.6 EX DC /HSM はまだ生産終了とはなっていないようでしたが、ネット通販のカメラ店では扱いのなくなっているところもすでにでてきているようで、10月8日のあせりにつながりました。

 10-20mm F4-5.6 EX DC /HSM は当初はズームリングのトルクが一定ではないということも指摘されていたようでしたが、自分の買ったレンズはそのようなこともなく、ピントもズームもとてもスムースにまわすことができ、細かな改良が生産の過程でおこなわれたことを示唆しているようでした。

 この、10-20mm F4-5.6 EX DC /HSM が現在5万円を切る価格で入手できるということはモデル末期とはいえそのコストパフォーマンスは最高なのではないかと思いました。

 これから秋の紅葉シーズンに換算15mmという超広角の画角を思いきり楽しんでみたいと思います。


【資料】
nikkei TRENDY net
高性能ながら低価格の交換レンズを探し出せ! デジタル一眼レンズ購入ガイド
【レビュー】シグマ 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/special/20070607/1000605/?P=1
このレポートの2ページ目に寝ている子供の写真はマクロレンズかと思うほど。

【資料】
デジカメWatch
シグマ「10-20mm F3.5 EX DC HSM」
交換レンズ実写ギャラリー
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/lens_review/20090727_304707.html
この記事の写真をみると、これがすべてではないとは思いますが色収差がきになる感じで、F値の暗さはあるものの、10-20mm F4-5.6 EX DC /HSM に決める材料のひとつとなりました。


【関連記事】
『レンズをめぐる明るい悩み!』(2008/02/19)
http://f2f4d1x.at.webry.info/200802/article_19.html
『レンズをめぐる明るい悩み! その結論は!』(2008/02/27)
http://f2f4d1x.at.webry.info/200802/article_27.html
『レンズをめぐる明るい悩み! UWHを選んだわけ』(2008/03/03)
http://f2f4d1x.at.webry.info/200803/article_3.html
『ウルトラワイドヘリアーをF4Sにつけて花見散歩』(2008/04/06)
http://f2f4d1x.at.webry.info/200804/article_6.html

『病のきっかけはHN-2、そしてとうとう病を克服!』(2007/07/10)
http://f2f4d1x.at.webry.info/200707/article_10.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス