ソニーのα500のうわさも急浮上!

 昨日はペンタックスのK7Dという新モデルの情報が急浮上という感じでしたが、その1日前にはソニーのα500という新モデルの写真と情報が急浮上していました。写真でみるかぎり外観にはほとんど変化がないようで、少しおくれての紹介となりました。

 α500とされる写真が掲載されたのはロシアのとあるサイトということですが、そこには詳しい内容もあり、仮にそれがほんとうなら、ソニーもついに動画機能を搭載ということになりそうです。

画像


 撮像素子は、17.2MPのCCDかCMOSとされ、α350とおなじ方式の可動式液晶で、2.7インチ、92万画素の液晶を搭載、8点か9点のAFセンサーを搭載し、ファインダーは0.98倍、ISOは100から12800、秒4コマで重量は516gといったことがあげられていました。

 α350の測距点数は、9点なので、上記の8点ではなく9点ではないかと思われ、ファインダーに関しては、α350が視野率約95%で倍率約0.74倍なので、α500が0.98倍となっているので視野率は不明ですが、ファインダーにも力をいれて作っている感じです。また、α350の重さが約582gに対して、α500は516gと新機能を搭載しながら軽量化も図っているものと思われます。

画像


 そして、興味深いのは動画機能に関してで、1920×1080の32fpsとあり、コマ数に特徴がある感じです。最大録画時間は、59分59秒となっていて、AFも連動するようです。記録はAVI(Motion-JPEG)とMOV(H.264)が選択できるようです。

 このうわさ、画素数もさることながら、動画の記録などよくわからない感じのところもありほんとうなのかなという印象もありますが、ソニーはPIEには新モデルを出展しないもののそのあとに発表するといううわさもありましたので、時期的にはちょうどいまごろなのかなという感じはします。写真がもしほんものなら、もう完成しているようなのであとは発表のタイミングだけと思われます。


【 注 意 】
 ここで取り上げたうわさは、あくまでも、うわさの域をでないはなしです。ここに書いた、うわさの内容は、まったく未確認のおはなしです。うわさとして書かれたものの内容の、ご判断につきましては読まれたかた、ご自身の判断に委ねております。こんなはなしもあるのかといった、娯楽程度に受け取りください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い