オリンパスからE-30が発表

 先日まとめたうわさの小ネタで書いたとおりオリンパスからE-30が発表になりました。E-3のようなイメージのボディながら重さはぐっと軽くなり655gと中級機のなかでも軽量にまとめられているようです。

 フォトキナでモックアップとして展示されていたモデルが今回発表になったE-30なのですが、オリンパスではE-30ならではの機能を搭載するとフォトキナ会場で語っていました。その謎の機能はカメラを正面からみて右側のダイアルに割りふるとされ、いったいどのような機能が、モックアップではまだなにも刻印されていないダイアルにあたえられるのか話題になりました。

画像


 今回その秘密のベールにつつまれていた、E-30ならではの機能とされた新機能の内容が判明しました。製品ホームページでも紹介されている『かつてない表現力を備える6種類のアートフィルター』という機能がその新機能とされたもののようです。

画像


 もう少しなにか、メカ的なものの新機能を搭載してくるのかなと想像していたので、ちょっとかたすかしという印象を正直最初は持ちました。しかしその内容はかなり積極的に作画にカメラがかかわっていこうとするもので、最近流行の内蔵フィルター効果としては効果的に写真作りに楽しさをあたえてくれるもののようで楽しそうなカメラだなと思いました。(アートフィルターの詳細は下記資料をご参照ください)

画像


 それ以外では、オリンパスとしては初採用となる電子水準器が搭載され、カメラの左右方向だけでなく前後方向も水平をとれるものとなっているところが新しい感じです。またフォーサーズのアスペクト比のほかに3:2や1:1だけでなく、9種類ものアスペクト比で撮影ができるなど、作画面でのソフト的なアシスト機能が豊富に用意されたモデルという特徴がE-30のようです。

画像


 最初はちょっとかたすかしという印象を持ったと書きましたが、積極的に作画を楽しんでもらおうというE-30のコンセプトを知り、写真を楽しんでもらいたいというオリンパスの思いが込められたカメラなのだと感じました。

 カメラ内に簡単なフィルター効果を搭載したり、それが発展して簡単なRAW現像がカメラ内でできたりと、デジタルカメラならではの楽しさを付加する動きがコンパクトデジタルカメラからデジタル一眼レフまで機種を問わず採用される傾向にあります。

 先日発売されたペンタックスのK-m などではフィルター機能もさらに踏み込んだものが採用され、トイカメラというものやHDRといったものまでフィルター効果として内蔵していました。

 今後デジタル一眼レフ(DSLR)の装備する機能のひとつの方向性を、K-mやE-30は示唆しているようでおもしろいなと思いました。DSLRの動画機能のほかにも、カメラ内での画像編集機能や、楽しめるフィルター機能の充実、さらに豊富なアスペクト比切り替え機能の搭載など、デジタルカメラならではという機能の充実は、写真表現の楽しさやまた動画という写真とは全くちがう思考をもとめられる撮影などカメラの楽しさを幅広くしていきのうな感じがします。


【資料】
OLYMPUS
E-30
http://olympus-imaging.jp/product/dslr/e30/feature/index.html
E-30発売記念キャシュバックキャンペーン
http://olympus-imaging.jp/event_campaign/campaign/c080919a/

PENTAX
K-m
http://www.pentax.jp/japan/imaging/digital/slr/k-m/feature.html

【関連記事】
『最近でたうわさの小ネタをまとめてみました』(2008/10/31)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0