アメリカでも花粉症ってあるんだ

 今ニュースを見ていたら、アメリカで3割3分と好調な出だしとなった松井秀喜選手がインタビューに応えて「誰か鼻を変えてください」と言ってました。花粉症だったのですね。で、アメリカで活躍中ということは、アメリカでも花粉症があるんだ~と変なところで感心してしまいましたが、感心している場合じゃないですよ。

 もう花粉症が発症して何年になるのでしょうか。ある日突然なるものなんですよね。以前は症状もひどくて、鼻がかみすぎで痛くなるほどでした。あの柔らかいと思われているティッシュペーパーも、何度もなんども鼻をかんでいるとサンドペーパーのような印象に変わるほど。

 アルガードの目薬を3日前に買って備えました。昨日は春一番が吹いたせいか朝から目が痒くて、起き抜けに瞼のあたりが、どよーんとした感じで、寝覚めが良くない日々がまたしばらく続くのかと思うと滅入る感じです。

 前におもしろい経験をしました。友人の結婚式でちょうどこの季節に札幌に行ったときのことです。千歳空港に到着して飛行機を一歩出た途端に花粉症から解放されたのです。あの劇的な症状の消え方は感動ものでした。

 まあ当たり前といえば当たり前のことですが、アレルギー物質がなければ症状は出ないわけでそんなに驚くようなことではないのでしょうが、当時重い症状に悩まされていた時期だっただけにもう天国に来たかのような思いになったのを今でもよく覚えています。

 そのあと、帰ればまた最悪な状況になることは、多少の覚悟をしていましたが、帰りの飛行機に乗った途端に花粉症はしっかり元通りの状態になりました。その覚悟は羽田に到着してからのことだったので不意打ちをくった感じでした。

 東京発の飛行機のエアコンのダクトには、しっかりと花粉が入り込んでいたのでしょう。まだ千歳空港なのに吹き出すエアに触れた途端に症状が出てきました。

 花粉症のひとにとっては、またしばらく嫌な時期が続きますね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0