きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS キヤノンからEOS 7D と新レンズ3本発表!

<<   作成日時 : 2009/09/01 23:58   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 8

 9月1日、予定通りキヤノンからEOS 7D が発表になりました。同時に新レンズ3本も発表され、リニューアルされた100mmマクロレンズには初のハイブリットIS機能が搭載され、その効果を7Dとともに試してみたくなる魅力的な新商品群という感じです。

 EOS 7D はその内容をはあくするのに製品ページをみるだけでも大変なほど盛りだくさんな新機能満載という感じで、その背景には開発にあたり、開発、企画、販売の各部門が一体となった、『ミッドレンジプロジェクト』というプロジェクトチームまで作って開発したという経緯があったようでそこでは、機能、操作性、デザインのほかにも五感にうったえる質感も含めて検討したということで、7Dに賭けるキヤノンの意気込みのすごさをかいまみる感じです。

画像


 発表会見では、キヤノンマーケティングジャパン代表取締役社長の川崎正己氏が、
「カメラはキヤノン発祥の事業であり思い入れも大きい。この分野で停滞することは絶対にあってはならない」と語り、キヤノンはカメラ事業の強化に乗りだしてきたのかなと思う発言まであったようです。(デジカメWatchの記事より)

画像


 キヤノンでは、EOS Kiss X3 から出し惜しみをしない開発ということをうたうようになり、このEOS 7Dでもその内容をみると、フラッグシップ機との明らかな差別化ということは陰をひそめて、キヤノン自体APS-Cデジタル一眼レフのなかでは、「APS-Cセンサーを搭載したデジタル一眼レフカメラの最高峰」と語り、「APS-Cクラスのデジタル一眼レフカメラで、EOS 7D ほどの性能があるカメラはどこにもない。」とまでいい切るほどの自信をみせています。前出川崎氏。

画像


 ボディ単体で店頭予想価格は、19万円前後とされていますが、デジタル製品の常でその価格も少し時間がたてばこなれてくると思われ、実際には現時点でもコストパフォーマンス(CP)は高いものがあると思いますが、価格がこなれてきたそのときのCPは、そうとう高いものとして市場では受けとめられるものと思われかなり売れるカメラになるのではないかと想像します。

画像


 キヤノンでは、このEOS 7D はあくまでもハイアマチュア向けと位置づけているようで、「プロ機に匹敵する」という表現を使ってニュースリリースで紹介していますが、そのあたりは、ニコンのD300などと位置付けがちがっていておもしろいなと思いました。

画像


 1800万画素、画像処理エンジンDIGIC4を2つ搭載し本体のみで約8コマ/秒の高速連写を実現しているほか、液晶モニターは3型約92万ドットのものを採用し、さらに液晶パネルと保護パネルの間に光学弾性体を充填し、真空状態に加工する「ソリッド構造」を採用することで外光下での見やすさの向上を図っり、液晶パネルと保護カバーの間にゴミが入る問題も解消し、従来のクリアビュー液晶と同様、反射・汚れ・キズ防止のマルチコートも施して、背面液晶の作り込みの力の入れようには感心させられました。

画像


 また、すべてのAFセンサーはクロスセンサー化され、AF機能の強化、充実が図られ、ファインダーは、約100%を実現し、倍率も約1.0倍とし、ファインダー内に水準器表示ももってくるなど基本性能のブラッシュアップに加え新機能も盛り込み、カメラとしての魅力を高める努力にも力が入れられていることを感じました。

 露出に関しては、AF情報と色情報を利用して安定した露出を実現する「iFCL(intelligent Focus Color Luminas)測光」を採用して、この面でも基本性能の充実が図られています。このことは露出に関して正確さをもとめるとやはり色の情報も必要とキヤノンも認めたということになるのか、この面ではニコンの先見性が評価されそうです。

 興味深いところでは色彩の選択肢が拡大ということで、ピクチャースタイルファイルの充実があり、ピクチャースタイルのホームページでは、「スナップショットポートレート」「エメラルド」「クリア」「トワイライト」「紅葉」などのピクチャースタイルファイルを用意し、ユーザーに好みのファイルを提供しているところが楽しそうで、デジタルカメラならではの楽しみの広がりがでてきた感じです。

 EOS 7D はプロにも高く評価されるのではないかと思うと、7DをAPS-C機のフラッグシップとしないキヤノンの位置付けがもったいないのではと感じるほど多機能ないいカメラに仕上がっていると感じました。

 最後にデザインに関して、キヤノンでは面の曲率を連続的に変化させた流れるような曲面を活用した、「超流体デザイン」を採用したとのことですが、妙に丸みをおびたデザインはどのような評価を受けるのかとても興味があります。


【資料】
Canon
ニュースリリース 2009年9月1日
約1800万画素CMOSセンサーの高画質と約8コマ/秒の高速連写を両立
プロ機に迫る高画質・高性能のデジタル一眼レフカメラ“キヤノン EOS 7D”
http://cweb.canon.jp/newsrelease/2009-09/pr-eos7d.html
EOS 7D 製品ページ
http://cweb.canon.jp/camera/eosd/7d/
キヤノン
http://canon.jp/


【資料】
デジカメWatch
キヤノン、「EOS 7D」の発表会を開催
愛称は「イメージモンスター」。ハイアマ層を狙う
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20090901_312421.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
2009年9月1日 Canon EOS 7D 発表!
ようやくキヤノンから新製品のデジタル一眼レフカメラが発表された。 ウワサ通り、名称は『EOS 7D 』。APS-C機の最上級版という位置づけで秒8コ... ...続きを見る
hiroyaikedaの物欲の館2
2009/09/05 02:19

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
おひさしぶりです。
「超流体」と言う割りには少し丸っこい程度にしか見えませんが、個人的にはそれほど好きではありません。とはいえ、外観をとやかく言うのが無意味なほど充実した中身で登場しましたね。早く触ってみたいものです。
現状においては 1Ds Mark III と1D Mark III の組み合わせよりも5D Mark II と7D の組み合わせの方が実用的な上によりよい画が撮れそうですね。プロもかなり使いそうな気がします。
竹千代55
URL
2009/09/05 02:30
EOS7Dは操作ボタンがボデイー左横になったので操作性は40Dと比べると良くなったと思います。50Dを飛ばして待って良かったと思います。ボデイーの丸みですが、私は今までのEOSシリーズの中では好きですね。
Msumida
2009/09/05 05:12
いつも楽しみに拝読している者で今回初めて書き込みいたします。久々の更新をとても喜んでおります。EOS7Dのカタログを手に入れましたが、その中に開発された方々自らが商品説明をしている小冊子が挟まれており、商品の完成度に自信をもっていることがよくわかる一方、製造•品質管理サイドの方々はその中には登場していませんでした。最近のCANONの製品は5DmarkUのいわゆる「黒点問題」等の商品開発力への心配のほかに、1DmarkVのミラーのオイル付着等の品質管理への不安を持たせる状況が続いただけに、もの作りの最前線の方々の声を聞けなかったことはEOSユーザーとして少々残念です。とはいうものの、個人的には視野率100%•等倍•透過型液晶によるフレーム表示を備えたファインダーを一日も早く自分の目で見てみたい、と強く感じております。
canonuser
2009/09/05 10:56
7Dには下位モデルの50Dなどには用意されている、交換式ファインダースクリーンは用意されていないんですね。
EOSでは初になるという透過型液晶ファインダーの見え具合はどうなるのか?
かつてミノルタα707などにも同様の機構が組み込まれていましたが、MF時にピントのヤマが非常に摑みにくい、印象の良くないものでした。
余計なものは介在させないのがベストだとは思いますが、
7Dのファインダーは如何なものか気になります。
鵜沼
2009/09/05 22:44
竹千代55さんこんにちは!
超流体という新しいデザインモチーフはおもしろいと思いました。まだこれからこなれていくのではないかなと思うデザインですね。おっしゃるように中身の濃さが外見を超えてすごいので自分も興味深々です。
5DMK2と7Dの組み合わせのほうが合理的とのご指摘は正にその通りだと思います。この組み合わせは魅力的ですよね!
blog管理
2009/09/07 17:53
Msumidaさんこんにちは!
ボタンのレイアウトはやはり縦のほうが使いやすそうですよね。ボディのデザインに関しては実機をみて判断してみたいと思います。時間をみつけてみにいこうと思っています!
blog管理
2009/09/07 17:56
canonuserさんはじめまして!
いつもご覧になっていただきありがとうございます!
最近、新たな仕事が忙しくてなかなか更新ができない状況で申し訳ありません。7Dのカタログはおもしろそうですね!カタログを早く入手してみたいです!実機も早くみたいですし!キヤノンもいろいろありましたが部長も変わり体制も変わったのではないでしょうか。
X3といい7Dといい出し惜しみはしないという言葉の通りかなりの意欲作という感じで変化を感じます。
キヤノンユーザーのかたも今後はがっかりさせられるようなことは少なくなるのではないのでしょうか。
7Dは早くみてみたいですね!
blog管理
2009/09/07 18:04
鵜沼さんこんにちは!
そうですね。ファインダーの情報表示の関係でスクリーンの交換ができなくなっていますよね。そのあたりは実機をみてみないとなんともいえないところですね。
なので早くキヤノンにいって実機をみてみたいと思っています!ニコンユーザーとしてもかなり興味深々なモデルなので。
blog管理
2009/09/07 18:08
キヤノンからEOS 7D と新レンズ3本発表! きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる