きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS ソニー裏面照射型CMOSのDSLR採用は当面なし?

<<   作成日時 : 2009/08/06 23:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

 裏面照射型のCMOSセンサーを搭載したコンパクトデジタルカメラをソニーに先駆けてP社が発表するといううわさがありましたが、そんなことはさせじとばかりに、なのか、ソニーが突如複数機種で展開してきました。

 裏面照射型CMOSセンサーを搭載したコンパクトデジタルカメラの市場投入にあたって、ソニーの意気込みにはすごいものがあるようで、「カメラはソニー」のキーワードを掲げてデジタルカメラ市場での存在感を今後高めていく考えを示したとのことで、ソニーの存在感が今後増すのか興味深い動きという感じです。

 発表の席で語られた内容で興味深かったのは、ソニーの裏面照射型CMOSセンサーの展開についてで、

「現段階の裏面照射型CMOSセンサーは、画素ピッチの狭い小型高画素センサーに対して有効という。35mmフルサイズやAPS-Cサイズといった画素ピッチに余裕のあるセンサーでは、裏面照射型にしても大幅な感度向上は見込めないのではないかとしている。」(デジカメWatchより抜粋)

 ソニーがデジタル一眼レフにも、近い将来裏面照射型CMOSセンサーを採用してくるのではないかという密かな期待を否定する内容で、現状では裏面照射型CMOSセンサーを採用しても大幅な感度の向上は見込めないということで、デジタル一眼レフの撮像素子の進化の方向は、また別な進化のしかたをしていくのかなという感じです。

 「カメラはソニー」のキーワードは、うわさされる、α850含むデジタル一眼レフも視野にいれてのものなのか、ソニーのデジタルカメラの今後の展開はほかのカメラメーカーにどのような影響を与えるのかかなり楽しみな感じです。

【資料】
SONY
プレスリリース 2009年8月6日
約2倍※1の感度向上で暗い室内や夜景もノイズの少ない高画質撮影が可能
世界初※2裏面照射型CMOSセンサー搭載のデジタルスチルカメラ
“サイバーショット” “Wシリーズ” “Tシリーズ”発売
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/200908/09-0806/

【資料】
デジカメWatch
ソニー、裏面照射型CMOS搭載デジタルカメラの発表会
革新技術で「カメラはソニー」を目指す
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20090806_307544.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
今後主流と思われる?APS-Cの1680万画素クラスでも効果があまりない、と言うことなんですかね?

個人的に、高感度時の画質と高精細を両立できるのでは?と期待していたので、この発言はちょっと残念に思ったりしてます。フルサイズはレンズコストが高く付くので、できればAPS-Cでも十分イケるセンサー技術の開発に期待したい所です。
こばやしみちとも
2009/08/08 17:34
裏面照射CMOS、αユーザーではありませんが、デジタルカメラの新時代を担う技術として、注目はしておりました。
それだけに、今回の発表は少し残念ですね。
デジイチユーザーはやはり画質についてのこだわりは、コンデジユーザーより基本的に高いと思われるので、ユーザーニーズから言えば、また、コストの吸収のしやすさから言っても、まず初めはデジイチに載せるべきではなかったか、と思います。
このところのソニーのデジイチ戦略は、3兄弟や850も含め、とにかく数を出すせばいいというような、ユーザーニーズをつかみ切れずちょっと迷走している印象がありますね。

ソニーには世界に誇れる技術があるのですから、ユーザーニーズに合致した、あるいは先取りした、練りこまれた新製品を出していって欲しいと思います。
ペンタックン
URL
2009/08/09 01:00
ケイさん、お早う御座います。
この間もちょびっと書きましたが・・・裏面照射型(以下BSI)は、確かにS/N比が従来の2倍程度まで上昇しますが、S/N比が高くなり過ぎると今度は晴天昼間の撮影に大きく影響が出てきます(D3等の高感度機で晴天時に撮影するとベース感度(ISO200)でもかなり高速のシャッター速度となります。夜間の撮影ならかなり良いですが・・)
また、こういった撮像素子は昼間の低感度での撮影で旧来の撮像素子に比べて色乗りなどが劣る原因にもなりかねません。
なお、このBSIは製造上、切出したシリコンウェハを「薄く削る」行為が必要でもあります(技術的には難しくはありませんが「均等に削り、大量生産」となると話は別です。余りやり過ぎると大量に不良品が出るとか・・)
個人的には、あまりBSIのみに注力するのはどうかと思いますが、あっても良い物だとは思います。
あーる
2009/08/10 08:27
こばやしみちともさんこんにちは!
まったくおっしゃるとおりで意外な感じでした。
自分もAPS-C機のよさを再認識しているのでこのサイズのセンサーの技術をどんどん進化させて欲しいのはまったく同感です!
blog管理
2009/08/11 01:17
ペンタックンさんこんにちは!
そうですね。今回の発言はそうなんだという感じで少しがっかりでした。まだ大型のセンサーに採用するには高くつきすぎるという問題もあるのかなとも思いますしまた、生産技術もかなり高度なものが要求されるのでしょうね。
ソニーのラインアップはどうなるのかそのあたりも謎ですよね。ソニーに練りこまれた製品の登場を期待するということではまったく同感です!α850がどのような機種になって登場するのか楽しみではありますが。
blog管理
2009/08/11 01:24
あーるさんこんにちは!
今回も詳しいご説明をありがとうございました!
シリコンを想像を遥かに超える薄さに削るというだけでも考えられない感じですが、さらに特性のおはなしとなるともう素人にはむずかしいおはなしですね。
でもとても参考になりました!ご説明をありがとうございました!
blog管理
2009/08/11 01:28
ソニー裏面照射型CMOSのDSLR採用は当面なし? きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる