きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS HOYAペンタックスのカメラ部門で他社と連携模索

<<   作成日時 : 2009/08/18 23:58   >>

驚いた ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 10

 HOYAのCEOがとうとうペンタックスのカメラ部門を切り売りに動きだしたということなのか、ロイターのインタビューに、「長期的にデジカメ単独での生き残りは難しいとの見解を示した。」ということで、連携相手を探す動きをみせているという。

 ロイターのインタビューに答えたHOYAの鈴木洋CEOは、「グループ収益の足を引っ張っているペンタックス部門が2010年3月期に黒字化する見通し 赤字が深刻なデジタルカメラ事業も今期は大幅に改善する見込みだが、デジカメ事業の単独での生き残りは難しいとして他社との連携を模索していく考え」と、インタビューをしたロイターは報じていました。

 CEOはペンタックスのカメラ部門の販売台数を、キヤノン、ニコン、オリンパスと比較してペンタックスが、「デジカメ事業がこのサイズでやっていけるのか疑問だ。八方塞がりかもしれない」と語り、長期的にデジカメ単独での生き残りは難しいとの見解を示し、他社との連携を検討していく構えを示した。とロイターは報じていました。

 ペンタックスのカメラ部門の連携相手はカメラメーカーに限定せず幅広く探していくという。記事の詳細は下記の資料からご参照いただきたいと思いますが、とうとう本音を語りだしたという感じで、せっかっく、K-7で販売も盛り上がってきた矢先のペンタックスのカメラ事業に思いっきり水を差すような、販売サイドの士気を貶めるような、発言も盛り込まれたインタビューという感じで、なんとも読後感の悪いインタビュー記事です。

 すでに他社との連携という路線は決定のような語りぶりで、今後のペンタックスの行方がとてもきになる感じです。

 歴史あるペンタックスというメーカーがなくなり今後ペンタックスというブランドもなくなってしまうのか、そして、「連携」という言葉の意味するところはどのようなものとなるのか、「グループ収益の足を引っ張っているペンタックス部門」としかみていない、カメラや写真文化という側面には全くもって関心のかけらもないCEO率いるHOYAの今後の動向を注視していきたいと思います。


【資料】
REUTERS
インタビュー
HOYAのペンタックス部門は今期黒字化へ
デジカメ事業は他社との連携を模索=CEO
2009年 08月 18日
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnTK029245320090818

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 26
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
写真機とも写真とも縁もゆかりも無いHOYAの傘下に下った時点でペンタックスの命運は尽きていたのかも知れません。京セラコンタックスの悪夢の再現となりそうな予感がします。
Key
2009/08/19 09:33
ビジネスとして成り立たなければ会社はやっていけない、のは世のならい。でも、ビジネスとしてだけしか事業を見ないところでは、結局、真に大きなことはできない、のも法則と言って良いか、と。HOYAトップの発言は、そのあたり非常に明快にしてくれたので、むしろ良かったのでは。このさいHOYAからはすっきり切れて、旧Pentaxの中の皆さんが新天地を切りひらける受け皿が早く見つかれば良いな、と思います。旧/新Pentax のファンの人は沢山おられるはず。とくに、645/67の中判カメラの系譜。今は大変に苦しいと思いますが、旧Pentax の中の皆さんには、あれをデジタルにつなげて世界をもう一回変える歴史的使命があるでしょう。そういう私は、旧ミノルタαマウント --> SONY、中判はMamiya 67 (今は休止中)で、Pentax 機種との関わりは薄いのですが、是非頑張って欲しいと思っています。
のんたろう
2009/08/19 10:20
過去にフィルムでペンタだったけど、今はNikonにどっぷりな私が何を言ってもアレなんですが、645Digitalが世に出て欲しいですねぇ。
高かくて買えないというのなら個人の問題だけど、結局幻の一台・・・となると、金の問題じゃないのでどうすることも出来ないですから。

で、HOYA。
何の為に吸収したのか、やはり最後までわかりませんね。
どうも、必要な技術だけ吸い上げたらポィになりそう・・とか思ったら、想像通りの展開で寂しい限り。
いっそ、サムソン傘下でも良いんじゃないか?とか思うようになってきました。
sharlytemple@自宅
2009/08/19 19:39
Keyさんこんにちは!
コンタックスのことを思いだしてしまいますね。
645Dの開発もいよいよ佳境にはいったというところではないかと思いますがその矢先の発言で現場の開発者のかたたちも不安なものがあるでしょうね。
連携がもう既定路線なら、あとはどこかいいところと組めればと願うばかりですね。
blog管理
2009/08/19 23:05
のんたろうさんこんにちは!
そうですね。もうこうなったら、ペンタックスのカメラ部門のかたたちが伸びのびと仕事ができる会社に新天地をみつけられるように願ったほうはいいのかもしれませんね。645Dもかなり開発が進んでいるものと思いますしぜひいいカメラに仕上げてペンタックスの存在感をみせてもらいたいと思います。
blog管理
2009/08/19 23:10
sharlytemple@自宅さんこんにちは!
そうですね!おっしゃるように、645Dを早くだして欲しいですね。価格もかなり思い切ったものを想定しているようですし、売れれば連携の候補も多くなるかもしれませんし。
HOYAはペンタックスのメディカル事業だけが目的だったということがはっきりしましたね。それにしても露骨な会社ですね。ペンタックスらしさが残せるようなところとの連携がいいと思いますが以前Kマウントのカメラを作っていたリコーなどはだめでしょうかね。
blog管理
2009/08/19 23:14
どこに売られても、新たなネーミングをするより、世界的に通用する「ペンタックス」のブランドは残ると思います。

為替レートの関係で、現状ではサムスンも高い買い物になりそうですので、買い取りではなく、連携なのかな?

どちらにせよ、ぼくが前から言ってたようになりそうですね。吸収後にペンタックスへ社員の人事交流がなかったことから売るつもりは見え見えだったのに。。。。ソニーは、大阪のDSLRの部門に東京から人事異動かけたみたいですので、ソニーは本気みたいですね。
Hiroyuki
URL
2009/08/21 00:01
ケイさん、こんにちは。
先日は写真、お褒めいただき、ありがとうございました!まだまだ未熟ですが、引き続き精進します!

さて、鈴木CEOの話ですが、他社との連携、とはありますが、売却します、とは書かれていないので、いきなりペンタックスブランドが消滅する、ということではなさそうです。

まあ、私の場合、K7という非常に自分自身を満足させてくれるデジイチを手に入れていて、レンズも超広角から望遠までそろってしまっているので、例え明日ペンタックスがなくなってしまっても、あと5年位は楽しい写真ライフを送れそうな気がします。

なので、もちろん多少寂しい気持ちもありますが、ペンタックスがどこに吸収されても、実質的には問題ないと思ってます。

ま、一応もう一個電池買っとくかも知れませんが(^ ^;

ペンタックン
URL
2009/08/21 01:37
Hiroyukiさんこんにちは!
ヤシカもブランドとしては残りましたがむかしのヤシカとは無縁な感じですね。ペンタックスはそうならないように願うばかりです。
ソニーに譲渡されたカメラ事業のコニカミノルタの社員のかたたちはしあわせでしたよね。ペンタックスもどこか新天地のよい環境で新モデルを開発していけるといいと思うのですが。
blog管理
2009/08/21 16:28
ペンタックンさんこんにちは!
いえいえ、こちらこそ恐縮です。
連携といういいまわしが微妙ですよね。
あと5年などとさびしいことをいわずにここはペンタックスの永続を望みましょう!こうなるとあとはいい環境で存続してくれることを願うだけですね。
blog管理
2009/08/21 16:33
HOYAペンタックスのカメラ部門で他社と連携模索 きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる