きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS パナソニックが裏面照射型CMOSをコンパクト機に初搭載?

<<   作成日時 : 2009/07/06 23:23   >>

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

 パナソニックが裏面照射型CMOSセンサーを開発しているといううわさが流れていました。商品化されればソニーに続く量産型の裏面照射型CMOSセンサーの実用化といえ、パナソニックのデジタルカメラの動向にも注目があつまりそうです。

 うわさがでていたのは、フォーサーズのうわさを掲載しているうわさサイトで、パナソニックではすでに裏面照射型CMOSセンサーを設計していて、そのセンサーを使用したデジタルコンパクトカメラの発表をする準備までできているという。

 いまのところ情報はこれだけのようですが、ソニーは裏面照射型CMOSセンサーを実用化しましたが、最初に商品化したのはデジタルビデオカメラに搭載して商品化したもので、デジタルカメラにはまだ採用していません。

 そういう意味では、もしほんとうにうわさのようにパナソニックがデジタルカメラに採用して商品化すれば、パナソニックはデジタルカメラに世界で初めて裏面照射型CMOSセンサー搭載したメーカーということになりそうです。

 その技術がやがて、パナソニックが強力に販売展開を推し進めるマイクロフォーサーズにも採用されていくとすれば、近い将来パナソニックのデジタルカメラは、コンパクトからマイクロをふくめたフォーサーズのデジタル一眼レフにいたるまで、強力な武器を手にいれることとなるのかもしれません。

 ライバルのソニーもうわさでは、裏面照射型CMOSセンサーをデジタルカメラに搭載してくるのではないかという観測もあり新たに新時代のセンサー競争が始まるのかもしれません。パナソニックの今後の動向も注視していく必要がありそうです。


【関連記事】
『ソニーの裏面照射型CMOSセンサーがいよいよ実用化!』(2009/01/15)
http://f2f4d1x.at.webry.info/200901/article_15.html
『裏面照射型CMOSのメリットとは』(2008/12/21)
http://f2f4d1x.at.webry.info/200812/article_21.html


【 注 意 】
 ここで取り上げたうわさは、あくまでも、うわさの域をでないはなしです。ここに書いた、うわさの内容は、まったく未確認のおはなしです。うわさとして書かれたものの内容の、ご判断につきましては読まれたかた、ご自身の判断に委ねております。こんなはなしもあるのかといった、娯楽程度に受け取りください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 裏面照射型は裏面からシリコンを削り受光部を露出させるのですがこのためにシリコンの厚みが非常に薄くなってしまうので大型のセンサーを作るのは並大抵ではないのですが。。。
 製法特許もSONYが殆ど取っているのではないでしょうか。
SK
2009/07/07 01:01
SKさんこんにちは!
パナソニックでも大型のセンサーはむずかしいといっているようですね。
ソニーがビデオで実用化したように、まだまずはコンパクトカメラからという段階なのでしょうね。特許の関係はどうなっているのかまったくわかりませんが、うわさ通りなら開発したということのようですので、そのあたりはクリアしているのではないでしょうか。
blog管理
2009/07/07 23:28
パナソニックが裏面照射型CMOSをコンパクト機に初搭載? きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる