きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS 3Dデジタルカメラ FinePix REAL 3D W1 発表!

<<   作成日時 : 2009/07/24 23:58   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 6

 7月22日に富士フイルムは世界初となる、裸眼立体映像の撮影が可能なコンパクトデジタルカメラ、FinePix REAL 3D W1 を8月8日に発売することを発表しました。

 デジタルカメラの量産型で一般向けのステレオカメラ自体世界初なのではないかと思いますが、カメラの背面液晶で撮影してそのまま立体画像を裸眼のままみることができるというのは画期的なことだと思います。

 つい、ステレオカメラと書いてしましましたが、富士フイルムのニュースリリースのどこを読んでも、FinePix REAL 3D W1 がステレオカメラとは書いてありません。これも時代なのかデジタルカメラになると楽しみかたも多様化するので、3Dデジタルカメラということになるようです。

 今年の夏休み映画も3Dが大うけのようで、入場料が通常の映画より200円高くても3Dのほうが入りがいいようです。映画も3Dで付加価値をつけて入場料収入をアップしようとしているようですが、デジタルカメラの世界もおなじように、今回の富士フイルムのように付加価値でデジタルカメラの販売促進をはかろうという動きがこれから活発化していきそうです。

 というのも、ある携帯電話メーカーではデジタルカメラを超える性能を持たせた携帯電話の開発を進めているといい、ある基幹部品メーカーが受けた要求はかなりのものだったという。

 どんどん携帯電話のカメラ部分の性能があがってくると、コンパクトデジタルカメラも廉価モデルは売れなくなるわけでそれが時間の問題で、どんどん上級モデルにまで侵食してくるとなると、メーカーとしては今回のように携帯のカメラとは差別化をはかったモデルに活路をみいだすということも今後は必要になるという。

 このあたりは、経済に強い新聞の受け売りなのですが、コンパクトデジタルカメラも画素数にこだわるだけではなく、今後は個性がないとなかなか販売もむずかしくなるのかもしれません。

 ちなみに、FinePix REAL 3D W1 の組み立てにはかなり高度な技術がもちいられているようで、人が近くのものをみるときに自然と目をよせてちゃんとみえるようにするように、このカメラもそのような機能を持たせ自然な立体映像を撮影できるようにしてあるという。

 3D映像を、簡単で気軽に楽しめるこのカメラで撮影し、その映像を裸眼での立体視でどのようにみえるのか、実際に体験してみていたいと思いました。


【資料】
FUJIFILM
ニュースリリース 2009年7月22日
世界初!高画質で自然な3D映像を簡単に撮影、専用メガネ不要で鑑賞できる!
3Dデジタル映像システム「FUJIFILM FinePix REAL 3D System」
3Dデジタルカメラ、3Dビューワー、3Dプリント新発売
http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_0305.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
驚いた
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「富士フイルム、「FinePix REAL 3D」を正式発表」について
FUJIFILM 3Dカメラ FinePix REAL ブラック F FX-3D W1(2009/08/08)富士フイルム商品詳細を見る ...続きを見る
hiroyaikedaの物欲の館2
2009/07/25 15:19

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
デジカメの画素数も必要以上にアップして行き着いてしまった感があるだけに、こういうユニークなカメラが必要かもしれません。
でも3D写真/動画が普及するためには他メーカーもどんどん発売して、カメラ、ディスプレイ、プリントの価格を下げる努力が必要かと思います。でないとこのカメラ1台だけで終わっちゃいますからね。
3D静止画のフォーマットは共通企画のようなので、今後の他メーカーの動向に注目したいところです。
竹千代55
URL
2009/07/25 16:20
個人的には「ぼかしコントロール機能」が気になりました。複数枚数撮影→デジタル処理(ダイナミックレンジ拡大etc.)というのは確実に進歩してきているのだなぁと。

今までパソコンで専用のソフトとかを使ってやっている事が、デジカメ本体にも徐々に搭載されてきているのは興味深いところです。
しろうさぎ
2009/07/25 18:33
携帯電話のカメラ、画素数上がってきて「もうデジカメいらないですー」なんて、キャンペーンの女の子が販売していますね。
でも、高画素デジカメで撮影したら電池がすぐに無くなるんですよ・・・
電気自動車が未だ普及していないように、電池の進歩が足を引っ張っているようです。
あと、カメラ専用機の方がどうしても操作系統が使いやすく、撮りやすく、ズームレンズも搭載しやすい。
ということで、やはり廉価カメラはまだまだ売れていて、今後も売れ続けるとは思います。

ただそうはいっても、3Dのカメラは面白くて魅力的ですよね。
これで縦位置撮影でも立体的に撮れればと欲張りに考えてしまいますが、一度手にして使いたいものです。
beat
2009/07/26 01:52
竹千代55さんこんにちは!
ステレオカメラの時代もあまり一般化はしませんでしたからね。いまの時代に3Dカメラがどれぐらい受け入れられるかですね。おっしゃるように今後ほかのメーカーの動向に注目という感じですね。富士フイルムがこのカメラの楽しさをどれだけアピールできるかが鍵かもしれませんね。
blog管理
2009/07/27 15:54
しろうさぎさんこんにちは!
そうですね。いままでPCで処理していたようなことがどんどんカメラに内蔵されていますね。ということになると、いままでにもありましたがPCソフトでできることが将来カメラの機能の一部になっていくのは流れでしょうかね。
blog管理
2009/07/27 16:03
beatさんこんにちは!
携帯は電池の問題があるのですね。携帯でカメラを使うと電池を食うのですね。廉価のデジタルカメラは今後も売れるとみますか。ただカメラメーカー各社はかなりの危機感を持っているようで機能的な部分で携帯と差別化を意識しているようです。この3Dカメラは発表時から興味がありどのようにみえるのか早く実機をみてみたいです!
blog管理
2009/07/27 16:09
3Dデジタルカメラ FinePix REAL 3D W1 発表! きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる