きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS キヤノンのハイブリッドIS搭載レンズ第一号はあれ?

<<   作成日時 : 2009/07/23 23:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 12

 7月22日、キヤノンは新しい手ブレ補正機構を開発したことを発表しました。その世界初といわれる新しい手ブレ補正機構はいままでの角度ブレの補正にくわえてシフトブレの補正もおこなうというもの。

 キヤノンが開発発表をおこなったのは新しい手ブレ補正機構で、いままで同社のIS(Image Stabilizer)機構にハイブリッドをつけた、ハイブリッドIS という名称で、冒頭にも書いたように、角度ブレにくわえて、シフト方向のブレも補正するというもので、世界初という。

 手ブレ補正機構に関しては、むかしむかしの一眼レフの自動露出は絞り優先がいいのか、シャッタースピード優先がいいのかという議論にも似た感じで、レンズ内補正がいいのか、ボディ内補正がいいのかが、ときどき議論になりますが、こういう技術の進化をみるとレンズ内のほうがいいのかなとも思えてきます。

 しかし、うわさではボディ内とレンズ内を融合した手ブレ補正機構を複数のメーカーが開発しているらしいといううわさもあり、いまだに答えはでてきません。自動露出に関しては、その後プログラムオートが開発されてあの議論はなんだったのだろうという感じで自然消滅してしまいました。

 一眼レフの手ブレ補正機構に関しては、露出の自動化とはまた技術的な側面もまったくことなることから一概に簡単な比較ではなしをするつもりはありませんが、デジタル一眼レフになり動画機能も搭載されてきたいま、手ブレ補正機構のはたす役割もさらに重要になっていて、今後の技術的な発展が楽しみな感じになってきました。

 そして、キヤノンのニュースリリースを読むと、「この技術を搭載した一眼レフカメラ用交換レンズを、2009年中に商品化する予定です。」とあり、これと関連しているのか最近うわさされるキヤノンの代表的なレンズの海外でのディスコンのはなしが頭に浮かんできました。

 うわさでは、EF70-200mm F2.8L IS USM が海外でディスコンになったというはなしがあり、また21日にはそのレンズが8月末に発売になるといううわさが流れていました。

 キヤノンのEFレンズを代表するような1本がリニューアルされるといううわさで、それも、ISタイプのレンズでこれが仮に事実なら、ハイブリッドIS の発表があって最初に登場することになるわけで、ハイブリッドIS 搭載第一号レンズとなってライバルにアドバンテージを誇示しても不思議ではない感じです。


【 注 意 】
 ここで取り上げたうわさは、あくまでも、うわさの域をでないはなしです。ここに書いた、うわさの内容は、まったく未確認のおはなしです。うわさとして書かれたものの内容の、ご判断につきましては読まれたかた、ご自身の判断に委ねております。こんなはなしもあるのかといった、娯楽程度に受け取りください。


【資料】
Canon
ニュースリリース 2009年7月22日
キヤノンが世界で初めて2種類の手ブレを光学的に補正する
“ハイブリッドIS”を開発
http://web.canon.jp/pressrelease/2009/p2009jul22j.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
キヤノン、「ハイブリッドIS」と新レンズの開発について
本日、キヤノンはニュースリリースをアップした。 「キヤノンが世界で初めて2種類の手ブレを光学的に補正する “ハイブリッドIS”を開発」 ...続きを見る
hiroyaikedaの物欲の館2
2009/07/25 03:46

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
EF70-200mm F2.8L IS USMがハイブリッドIS搭載でリニューアルされるとしたら、楽しみですね。
でも、名称は「EF70-200mm F2.8L II IS USM」になるのか、ハイブリッドの頭文字を取って「EF70-200mm F2.8L HIS USM」とするのか、どうでしょう?
「HIS」だとどこかの旅行会社のようですが(笑)。
竹千代55
URL
2009/07/25 03:51
ハイブリッドてな名称には省エネ的な印象がありましたが、異質のものを組み合わせ一つの目的を為すってことなんですね。
ボディ内補正の方もペンタックスのK-7で自動水平出しやマクロ撮影でのシフトなど進化ありましたよね。
どちらも一長一短あるので自分的にはボディとレンズの手振れ補正が融合することを期待してます!
しかしキヤノンのレンズに勢いを最近感じております。ニコンにも後追いでなく頑張って欲しい…手は届かないでしょうが。
凧tako
URL
2009/07/25 10:01
ケイさん、こんにちわ
お休みですのでいつもの時間では無く、今日はお家から失礼します(^^;
この記事をキャノンのサイトで見ましたが・・・馬鹿ですみません、私には「何がハイブリットなの?」としかわかりませんでした(何でもかんでもハイブリットと言うのは、正直駄目かと・・この程度ならハイパーISの方が判り易いかと・・すみません・・愚痴です)
コレ見て私を含めた一般の方は「ついにボディとレンズの手振れ補正が両方が使えるのか!?」と思うと思います(私がそうでしたから・・後でサイトを見てガッカリ・・じゃあ何がハイブリット?なんて事に・・コーティング技術も合わせてですが、技術を小出しにしてセコさ満点だと思います)
それにコレ「世界初」だそうですが・・ニコンのVR105マクロを使う身から申しまして、この様な動作をニコンは既にしている様な気がします(ニコンはこの辺を何も言わないので・・)
すみません・・かなり批判的でした・・かなり疲れてますね(+_+)
あーる@HOME
2009/07/25 13:25
ハイブリットと聞いて、被写体深度方向のぶれ補正かと思ったマクロ好きです(汗)
マクロレンズに有効なら、100mmマクロのIS化がうたい文句にピッタリな気がしますが、ISが強化されたと考えれば、70-200というのは妥当な選択だと思います。
いままでのレンズ側補正がシフトぶれにまったく対応できていないとは思えないので・・・・。

Nikonでレンズ補正、OLYMPUSでボディ補正を使っていますが、どちらが良いと言うよりは、両方欲しい!です!!

回転方向のぶれ、被写体深度(前後)のぶれetc.を考えると、レンズ+ボディの「ハイブリット手ぶれ補正」が素人考えでは当分の間、有利に思えるのですが。
今後に注目!ですね。


しろうさぎ
2009/07/25 18:18
最後に残る大きなブレ要素=回転ブレ。
これはレンズシフト式では絶対に出来ないだけに、
最終的にはレンズ&ボディの合わせ技か、
ボディ側補正が優勢となるような気がします。
現時点では、リニア式のペンタックスが
回転ブレ補正にいちばん近いですが、
すでに完成しているとの話も・・・・
XSI
2009/07/25 23:14
シフトブレ軽減が有効なのは近距離撮影ですので、おそらくはマクロレンズ、次に広角系の単焦点かズームに搭載されるのではないでしょうか。
隠居
2009/07/26 18:26
竹千代55さんこんにちは!
キヤノンを代表するレンズに搭載してくることは時期的にもありそうな感じがしています。名称はどうなるのでしょうね。なにかしらハイブリットを示す表示はつくのではないかと思いますが。
blog管理
2009/07/27 15:25
凧takoさんこんにちは!
ハイブリッドといえばプリウスというイメージが定着してしまいましたね。25万台も注文がきていていま注文しても来年3月以降の納車でエコ減税が受けられないとかなんとか。ペンタックスの手ブレ補正を活かした機能はすごいですよね。ゆくゆくは融合していくのかなと想像しますがまだだいぶ先なのかな。
レンズに関しては切磋琢磨になるので各メーカーから魅力的なレンズが登場するのはよろこばしいことだと思います!ニコンもまだこれからでは!
blog管理
2009/07/27 15:31
あーる@HOMEさんこんにちは!
この名称については、いろいろと見方があるかもしれませんね。技術のこだしということでは携帯電話にそれを感じていました。ちょっとずつ新機能を載せて売るという感じで。いまはそれも通用しない感じですね。
カメラの場合も似たようなことはあるのかもしれませんがこだしというより搭載できるようになってようやく載せるというのがほとんどのようにも聞きます。
ニコンのVRではすでにしている?そのうち調べてみますね!(笑)かなり暑いのでお体にはお気をつけてお過ごしください!
blog管理
2009/07/27 15:38
しろうさぎさんこんにちは!
これから順次各レンズのISをこれに変えていくようですのでいずれマクロにも採用されるのでしょうね。
手ブレ補正はいずれ融合していくのかなと思いますがまだかなり先になるのでしょうかね。それぞれに役割を分散してシステムを完成させると理想的な補正機能になりそうですね。おっしゃるように今後に期待ですね!
blog管理
2009/07/27 15:42
XSIさんはじめまして!
すでに完成しているのですか!
おっしゃるような手ブレ補正に関してはO社が特許をだしていたような記憶があります。それとは別にペンタックスが完成に一番近いのですか。もしだしてくると存在感がぐっとアップしますね!手ブレ補正もまだまだ進化の余地があるようで今後が楽しみですね。
blog管理
2009/07/27 15:46
隠居さんこんにちは!
なるほど。最初はマクロに搭載とみますか。
キヤノンの説明でもそんな印象をもちますね。そして広角系のズームにも採用されれば他社との差別化ができますね。
blog管理
2009/07/27 15:49
キヤノンのハイブリッドIS搭載レンズ第一号はあれ? きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる