きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS ペンタックスからK-7発表!素晴らしい内容に感嘆!

<<   作成日時 : 2009/05/21 23:29   >>

ナイス ブログ気持玉 60 / トラックバック 2 / コメント 26

 ペンタックスユーザーにとっては待ちにまった新モデルのペンタックスK-7が今日発表されました。画素数こそK20Dと同じながら、K-7はK20Dの後継モデルということではなく、ペンタックスのデジタル一眼レフの最上位モデルともいえる位置付けのようです。

 新発表のK-7について、なにか書こうと思うのですが、なにから書いていいのかこまるほどの多機能ぶりで、前々日に流れた最終スペックとされた内容にもでていなかった新機能も新たにわかり、オープンプライスながら予想店頭価格で、ボディが13万円前後とされ、内容からして競合機種と思われる他社の中級機と比べても、相当コストパフォーマンスの高いモデルになっていると感じました。

画像


 K-7の特徴として、ボディ内手ブレ補正機構を応用した、新機軸の機能がデジタル一眼レフとして初めて搭載されたことが特筆されるのではないかと思います。ニュースリリースよりその部分を抜粋すると、


さらに進化した独自の手ぶれ補正機構“SR(Shake Reduction)”
フィルム一眼レフ時代からの各種ペンタックス交換レンズ注1を活用でき、シャッタースピード換算で約2.5〜4段分に相当する高い補正効果で、ぶれを抑えたシャープな画像が得られる当社独自の手ぶれ補正機構“SR”を搭載しています。
さらに、イメージセンサー部を自在に動かせる“SR”機構を利用することで、撮影者を手助けし、イメージ通りの構図で撮影できる“自動水平補正” “構図微調整(上下左右および回転方向)”などの機能を新たに採用しています。
注1:装着可能レンズは、K、KA、KAF、KAF2、KAF3マウントレンズ、およびアダプター使用によりスクリューマウントレンズ、645用・ 67用レンズです。レンズにより一部使用できない機能があります。


 ペンタックスのボディ内手ブレ補正はレンズを選ばないものでしたが、その機構を利用することで実現した『自動水平補正』と『構図微調整』機能は、風景撮影を重視するペンタックスならではの発想という感じで、SR機能ですごいことをするものだなと思わされました。

画像


 この、自動水平補正は内蔵センサーがカメラの傾きを検知すると、SRユニットを回転方向に動作させて、水平を保つ機能で、K-7では電子水準器も新たに搭載しています。

 そして、構図微調整は撮像素子の位置を上下左右および回転方向に微調整できる機能で、三脚に固定してライブビューで撮影するケースでの使用を想定していて、上下左右方向には最大±1mm、回転方向には最大±2度までの調整が可能という。手ブレ補正をONにしている場合は回転方向の調整幅は最大±1度になるという。

画像


 K-7の内容に関しては、19日の記事でふれたことがほぼ実現されている形で、すでに発表された内容もご覧になられていると思いますので、ここでは他社に先駆けてK-7で採用された新機能で、個人的に興味のある機能について書いてみたいと思います。

 K-7で採用された、HDR機能はいままではパソコンでソフトを使い後処理で画像を合成して作っていましたが、これをペンタックスではカメラにいれてしまったのがすごいと思いました。K-mのフィルターにもHDRという項目がはいっていますが、K-mのものは簡易的なもので、K-7のように3枚の写真を合成する本格的なHDRを搭載してきたことにペンタックスの意気込みを感じました。

 また、ホワイトバランスに関する新しい考えかたを形にした、CTEモードもおもしろいこころみだなと思いました。また撮影画像に著作権情報の添付を可能としていることもなかなか心憎い機能と感じました。

 そして、これはK-7初ではありませんが、DA、D FAレンズで可能な、歪曲収差ならびに倍率色収差の自動補正機能の搭載も特筆に価すると思いました。いままで倍率色収差の補正機能をカメラ内に搭載していたのはニコンだけで、これはニコンの専売特許と思われていた機能でした。これを2番目に採用してきたのがペンタックスだったことが意外な感じでした。ペンタックスもなかなかやるなという感じです。

画像


 あまりにも多機能なK-7なので、特徴的な部分できになるところをピックアップして書いてみましたが、ここで取りあげたこと以外にも、多くの素晴らしい機能が満載なことはいうまでもありません。すでに23日の発表会に知人と行くことになっていますので、また実機をみた印象も別途書いてみたいと思います。

 「少なくとも世の中のトレンドになっている要素はすべて入れておきたい。」と、HOYAのペンタックスイメージングシステム事業部商品企画グループマネジャーの川内拓氏が、今年のPMAの会場で語っていたように、トレンドの機能は全部はいり、それ以上に想像をこえた機能を満載してコストパフォーマンス的にも素晴らしいものに仕上げてきたK-7には、ペンタックスの存在感をいま一度みせつけるものがあるようです。


【資料】
PENTAX
ニュースリリース 2009年5月21日
高画質撮影を快適に楽しめるデジタル一眼レフカメラ
「PENTAX K-7」新発売
一眼レフの本質にこだわったシリーズ上位機種
http://www.pentax.jp/japan/news/2009/200910.html
プレミアム・スモール K-7
匠 Developer 開発ストーリー
K-7から始まるPENTAXの新たなストーリー
http://www.camera-pentax.jp/story/
K-7製品ページ
http://www.pentax.jp/japan/imaging/digital/slr/k-7/feature.html
NEW K 体感&トークライブ開催!!
http://www.camera-pentax.jp/event/
PENTAX ホーム
http://www.pentax.jp/japan/index.php


【関連記事】
『ペンタックス夏の新モデルでペンタックスらしさの原点回帰』(2009/03/09)
http://f2f4d1x.at.webry.info/200903/article_9.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 60
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
行間から職人気質(クラフトマンシップ)がにじみ出る「PENTAX K-7」の発表資料
PENTAXのK-7がついに発表されました! 当初、今までの一眼のパラダイムを変 ...続きを見る
てんデジ探検隊
2009/05/21 23:39
プレミアム・スモール PENTAX K-7 発表!
先日の予告通り、本日5月21日にペンタックスのデジタル一眼レフカメラ「K-7」が発表になりました。2009年6月末の発売予定で、PentaxOnlineShopでは、129,800円(ボディのみ)となっています。 PENTAX K-7 早速、製品Webサイトを見てみましたがなかなかこだわった造りに.. ...続きを見る
PENTAX K10D 思案ブログ
2009/05/24 16:07

コメント(26件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは!
K-7、開発者たちの思いやこだわりのつまったカメラですごく好感が持てますね。
コンパクトなボディに、機能を出し惜しみせずにうまくパッケージングしたなという気がします。直線を基調としたしたシャープなデザインも好みです。長く飽きずに使えそう。
Limitedレンズと組み合わせて使ってみたくなるボディですね!
yamataka
2009/05/21 23:54
こんにちは。K20Dの後継にあたるわけですが実質的にはK200Dの大きさにK20Dを詰め込んでさらにその上に他社中級機なみ機能+α先進機能そしてリミテッド・レンズに似合うよう新設計されたデザインということですね。しかも(日本国内では)低価格。もう何もいうことはありません。買うしかない、と。

しかし、こちらでは約1300ユーロの販売スタート価格です。で、秋以降まで待とうと思います。
アムゼル
URL
2009/05/21 23:55
こんばんは〜。
本当に凄いスペックや機能ですね!
AFの実際の動作、高感度や暗所のノイズの向上も
気になりますね。
恐らくですが、DAレンズも徐々に防滴構造タイプに
マイナーチェンジして行く感じですね〜♪
リミテッドレンズは恥ずかしながら、
1本も所有してませんが、防滴タイプになったら、
購入して行きたいですね。
個人的には所有している、FA☆24mmや300mmの組み合わせでの描写を楽しみにしております♪
きょろちゃん
2009/05/22 00:22
実機を触る、実際の画像を見るまで、何とも言えないこともありますが・・・・。

ペンタックス!いい仕事した!!
実にペンタックスらしいモデルに仕上がっているように感じました。

ボディ内手ぶれ補正機能をファインダーや微調節機能とかに有効活用していますね。特にファインダーの視野率との兼ね合いですが、この発想は思いつかなかったです。
今回は、回転方向は撮影時の微調整のみで、手ぶれ補正は無い?ようですが、これからが楽しみです。

ですが・・・・現在3マウント保持するのは、経済的に自殺行為(大汗)。売れる事を願ってます・・・・。
一時期勢いが下がり気味(に感じた)なペンタックスだけに、このモデルで勢いがつき、645デジタルへ繋いでほしいですね。

FXフォーマットは、倍率色収差補正等の機能が備わっていても、やはりレンズに求める性能はかなり高いように感じる事が多いです。
しろうさぎ
2009/05/22 00:50
ボディの基本性能の高さだけでも感心したのですが、自動水平補正、HDR処理機能の内蔵など、新しい試みが盛り沢山で驚きました。

率先してこういった新しい取り組みをするメーカーには拍手を送りたいです(^O^)/
Toshi
URL
2009/05/22 00:54
他のメーカーの新機種発表に比べても、とても反響が大きいですね。
このカメラがPENTAXの売上向上に繋がりますように!
いのっち
2009/05/22 07:40
最近ROMってばかりで、大変ご無沙汰してます。

K-7、いいですねぇ!
何処がいいってすべてが良さそうで、滅多矢鱈なコストパフォーマンスの高さ!ニュースを読み進むうち、ノンベの細い目がどんどん輝いてゆくのがわかりました。手元にわずかに残るペンタのレンズや67用の長玉に装着した撮影を思わずイメージしてしまいました。
後に控える645も凄そうですし、流石はペンタックスですね!久しぶりにワクワクしました♪
純米吟醸
2009/05/22 07:51
もはや言うことなし、です。
私も明日はアキハバラに繰り出す予定です。
いやー楽しみですね!
ペンタックン
URL
2009/05/22 08:14
お久しぶりです<m(__)m>

キャノンから他社への乗り換えを決意して金貯めてるところですが、これはインパクトありましたねー。今まで本命D300だったけど、こちらにふらふら〜っと行ってしまいそうです。
こばやし みちとも
2009/05/22 08:53
いや〜スゴいカメラが発売になりますね。-10度の写真はドキッとしちゃいました。また使いこなすのには苦労しそうな程の多機能ぶり。ちょいと気になるカメラです…底なし沼へ足を踏み入れてしまいそうです。
凧tako
URL
2009/05/22 18:19
「全機能凝縮・マイクロ一眼」
MX発売時のキャッチコピーを思い出します。

構図微調整&100%ファインダー。
ときどきするブツ撮りに役立ちそうです。
桜坂マヤー
URL
2009/05/22 18:21
yamatakaさんこんにちは!
ほんとうに、おっしゃるようなこだわりのつまったカメラに仕上がっていると思いました。そしてコンパクトなボディによくもここまで機能を盛り込んだものだと思うほど内容豊富ですよね。デザインもLXを思いださせるものでリミテッドレンズとのマッチングもかなりよさそうですね!趣味のカメラとして大成功しそうです。
ひさしぶりに、yamatakaさんの機材記事を楽しませていただきました!
blog管理
2009/05/22 23:00
アムゼルさんこんにちは!
おっしゃるように、コンパクトにまとめたボディに内容はもうすごい盛りだくさんで、びっくりしました!
リミテッドレンズとのマッチングを意識したデザインもなかなかいい感じで、多くのひとに受け入れられるものと思いました。日本ではかなりリーズナブルな印象でしたがドイツではちょっと事情がちがうわけですね。
素直によろこべないところが残念ですね。。
blog管理
2009/05/22 23:05
きょろちゃんさんこんにちは!
うわさ以上の内容にほんとうにおどろかされました!
実機をみるのがとても楽しみです!DAレンズもWR仕様になるのでしょうかね!このK-7にはいろいろなレンズをつけて楽しみたくなりそうですね!
blog管理
2009/05/22 23:08
しろうさぎさんこんにちは!
そうですね!ここは冷静に!(笑)でも内容は事前に流れたもの以上のものがあり、ものすごくおどろかされました。ボディ内手ブレ補正機構をここまで効果的に使うとは想像していませんでした。
3マウント体制はすごいですね!実際にマウントを持つといろいろと欲しくなりますからね。
おっしゃるように、ペンタックスにはK-7で弾みをつけて645Dにその勢いをつないでもらいたいですね。
倍率色収差補正機能もやはり元になるレンズがよくないと限度はありますからね。でもペンタックスが搭載してきたことはすごいと思いました!
blog管理
2009/05/22 23:15
Toshiさんこんにちは!
ほんとうですよね!おっしゃるように基本もすごくてさらに付加された機能も大盤振る舞いでびっくりです。
ペンタックスの底力をみせつけるようなカメラに仕上げてきてここまでとは、正直想像していませんでした。
DSLRも、まだまだ進化の余地は十分にあるということですね!
blog管理
2009/05/22 23:19
いのっちさんこんにちは!
そうですね!ペンタックスの新モデルでこれほどコメントがきたことはなかったと思います。皆さんの期待の表れの大きさを物語っている感じです。このK-7はかなり売れると思います。その勢いをぜひ645Dにつなげてほしいですね!
blog管理
2009/05/22 23:23
純米吟醸さんこんにちは!
いえいえい、いつもお読みいただいているだけでもうれしいです!お久しぶりです!お元気でしたか!
自分も内容をみるにつけ、すごさがじわじわと伝わってきました。ペンタックスのレンズをお持ちでしたらもうこれは時間の問題ですね!(笑)645Dもいいものに仕上がってでてきそうですし、これからまた購入候補がいろいろとでてきそうですね!
blog管理
2009/05/22 23:28
ペンタックンさんこんにちは!
マイフォトリスト拝見させていただきました!
印象深い写真の数々ですね!ゆっくりみさせていただきます。さっそく展示会に繰りだされるのですね!
実機、楽しみですね!
blog管理
2009/05/22 23:32
こばやし みちともさんこんにちは!
お久しぶりです!
キヤノンから乗り換え検討中ですか!いろいろと今後も新機種がでてくると思うので、悩ましい選択になりそうですね!でもK-7は有力候補ですね!
blog管理
2009/05/22 23:34
凧takoさんこんにちは!
ほんとうに、おっしゃる通りですごいカメラがでてきますよね!この価格で耐寒性能を持ったDSLRというのはほかにありまりないですよね。凧takoさんにもってこいのカメラかもしれませんね!K-7の機能を使いこなすのは時間がかかりそうですね。そのぶん長く楽しめることになりさらにお得?!底なし沼!もう購入にかたむいている感じですね!
blog管理
2009/05/22 23:39
桜坂マヤーさんこんにちは!
お久しぶりです!
MXの発売当時のキャッチコピーは正に今回のK-7にもあてはまりますね!おっしゃるように風景だけでなく物撮りでも便利そうですね!そうなるとシフトレンズの要望もでてくるのでしょうかね。
blog管理
2009/05/22 23:43
こんにちは。
K-7はまさに驚きのスペックですね!
この価格帯で100%視野率ファインダーが個人的に一番うれしい進化です。
他のたくさんの昨日は以前開発担当の方のインタビューで
「他のメーカーにあるのに、ペンタには無い負い目を感じないように」
という言葉どおりに盛り込んでくれましたし、
ホントにこの値段で出るの?と疑ってしまう程ですね。
回転方向も補正できる手ぶれ補正も気になります。
僕はK20D買って間もないのですが、既に発売が待ち遠しいです(^^;
anomalocaris
2009/05/23 15:03
こんにちは〜!
とうとう出ましたね!驚きのスペックで、おらワクワクが止まらねぇ(笑)

一番感動したのは「自動水平補正」です。
風景をとる機会が多いのでこれは超便利!というのが正直なところ。何でNikonじゃないんだよ・・・(笑)
ボディ内手ブレ補正には、この様なことが出来るメリットが存在したんですね。

取り敢えず来月の福岡トークショーに参加して、早く実物を触ってきます!!┗(・ω・)┓=3
むーちょ
2009/05/23 15:58
anomalocarisさんこんにちは!
そうですね!昨日秋葉原にいきK-7をみてきました。
スペック的にも盛りだくさんで、おどろかされましたが実機をさわってシャッターを切るとカメラとしての基本性能の高さがすぐに実感され、カメラ機能そのものがかなりよいものになっていました!価格からするともうほんとうにCPの高さがなんともうれしいモデルです。
回転方向は手ブレではなく構図の微調整に手ブレ補正の機能を応用しているということもわかりました。
これは、ペンタックス独自のSR(手ブレ補正)だから実現したものとのことです。ぜひ実機を早くさわってみてください。K-7のよさがすぐにわかります!
blog管理
2009/05/24 15:50
むーちょさんこんにちは!
とうとうでましたね!おどろきのスペックで自分もほんとうにびっくりさせられました。さらに昨日展示会で実機をさわってさらにびっくり!カメラそのものの基本性能がものすごくいいものになっていました。こんなことをいうと怒られるかもしれませんがペンタックスのDSLRで個人的に一番いい感じでした。
おっしゃるように手ブレ補正機能でこんなことができるのかという感じですよね。インジケーターが2種類表示されて補正できる範囲とずれの大きさを表示するものの2種類でてこれもなるほどという感じでした。K-7は展示会でみないと発売までとうぶん手にするチャンスはないそうなのでぜひ展示会で実機をご覧になってください!びっくりされると思います!
blog管理
2009/05/24 15:58
ペンタックスからK-7発表!素晴らしい内容に感嘆! きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる