きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS Mマウントのスーパーワイドヘリアーが登場!

<<   作成日時 : 2009/04/09 00:09   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

 コシナから販売されているレンズで、超広角の短焦点レンズのスーパーワイドヘリアー15mmが、現行のLマウントのモデルに加え、Mマウントにリニューアルされたレンズが海外で発表され一部で話題になっています。

 海外のフォクトレンダーのホームページに、『15 mm / F 4,5 Super Wide Heliar - NEW!』という表記で、現行のスーパーワイドヘリアーとは別にカタログリストに掲載されていました。いまのところまだ国内のコシナのホームページには掲載がなく、これから国内でも発表があるのではないかと思われます。

画像


 スーパーワイドヘリアーとウルトラワイドヘリアーといえば、ニコンFマウント用のSLレンズとして生産されていたものが在庫で販売されていて、ミラーアップ機構を搭載したカメラでないと装着できない特殊なレンズにもかかわらず、それをニコンのデジタル一眼レフにミラーを指で持ち上げてつけてしまうということが、一時密かに流行ました。

 ある店舗ではいまでも、Fマウント用のスーパーワイドヘリアーは販売されているようですが、今回登場したのは、Mマウント用にリニューアルされたもので、現在販売されているスーパーワイドヘリアーをマウントアダプターなしでそのままライカのMシリーズカメラに装着できるようにしたものです。

 デザインも現行のLマウント用のレンズから、かなり変更されていて、ライカのレンズを意識したデザインになっている感じです。スペック的には、最短撮影距離が 0.3m から 0.5 m に、最大径は 49.6mm から 59,4mm に、全長は 30.7mm から 38,2mm に、重量は 105g から 156 g と、最短撮影距離が20cm伸びて、重量も約50gほど重くなっていてデザインはいいものの、特に寄ることができなくなっていることが残念な感じです。

 コシナでは、ULTRON 40mm F2 SLU Aspherical など人気のあるレンズのリニューアルをしてくれた実績もあり、今回のスーパーワイドヘリアーもそんなコシナの、魅力のあるレンズのリニューアルの一環なのかもしれませんが、この動きはライカのMデジタルの動向やパナソニックのマイクロフォーサーズ機でマウントアダプター遊びが流行っていることと無縁ではないのかどうかちょっときになるリニューアルのおはなしでした。


【資料】
Voigtlander
Classic Collection Lenses
15 mm / F 4,5 Super Wide Heliar - NEW!
http://www.voigtlaender.de/cms/voigtlaender/voigtlaender_cms.nsf/id/pa_fdih7pykbx.html

コシナ
SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical
http://www.cosina.co.jp/seihin/voigt/v-lens/v-l-m/l-15/index.html
ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6 Aspherical
http://www.cosina.co.jp/seihin/voigt/v-lens/v-l-m/12/index.html
Voigtlander Archives
SL Mount LENS
http://www.cosina.com/archive/a-sl/index.html
COSINA
http://www.cosina.co.jp/


【関連記事】
『レンズをめぐる明るい悩み!』(2008/02/19)
http://f2f4d1x.at.webry.info/200802/article_19.html
『レンズをめぐる明るい悩み! その結論は!』(2008/02/27)
http://f2f4d1x.at.webry.info/200802/article_27.html
『レンズをめぐる明るい悩み! 結論までの経緯』(2008/02/28)
http://f2f4d1x.at.webry.info/200802/article_28.html
『レンズをめぐる明るい悩み! UWHを選んだわけ』(2008/03/03)
http://f2f4d1x.at.webry.info/200803/article_3.html
『ウルトラワイドヘリアーをF4Sにつけて花見散歩』(2008/04/06)
http://f2f4d1x.at.webry.info/200804/article_6.html
『F4Sとウルトラワイドヘリアー【ファーストショット編】』(2008/05/08)
http://f2f4d1x.at.webry.info/200805/article_8.html
『F4Sとウルトラワイドヘリアー【枝垂桜編】』(2008/05/09)
http://f2f4d1x.at.webry.info/200805/article_9.html

『Nikonエントリー残酷物語!』(2007/08/23)
http://f2f4d1x.at.webry.info/200708/article_24.html
『Nikonエントリー残酷物語を軽く凌駕する実話!』(2007/09/01)
http://f2f4d1x.at.webry.info/200709/article_1.html
『Nikonエントリー残酷物語!D40受難編』(2007/11/14)
http://f2f4d1x.at.webry.info/200711/article_15.html
『D3 と1Ds Mark V の究極のインプレッション!』(2007/12/01)
http://f2f4d1x.at.webry.info/200712/article_1.html

『病のきっかけはHN-2、そしてとうとう病を克服!』(2007/07/10)
http://f2f4d1x.at.webry.info/200707/article_10.html

【資料】
D40にスパーワイドヘリアーを使われている、『新宿徒然日記』 ささサンのブログ。
Nikon D40が軽快なスナップカメラに変身!?【禁断ネタ】
http://eos.at.webry.info/200711/article_5.html
スナップカメラと化したD40で日常を撮ってみた【SUPER-WIDE HELIAR】
http://eos.at.webry.info/200711/article_6.html
お気に入りの組み合わせで撮影された撮りおろし!

【お断り】
ここで紹介した内容はこのブログでお勧めするものではないことをお断りしておきます。無理な使用において故障した場合は、メーカーの保障も受けられなくなりますし、ミラーボックス内の加工も伴う作業は、レンズやカメラに問題が発生することも考えられます。メーカーでの修理自体受け付けてもらえなくなる可能性もあることですので、実際に試してみようとお考えのかたがいらしゃいましたら、自己の責任において試してください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは!
カッコイイレンズですねー。
ライカM8がフルサイズになって且つお金がたくさんあったらぜひ欲しいですね。しかし、このタイプのカメラは稼がないからなー。
きゃのらー
2009/04/10 14:20
きゃのらーさんこんにちは!
これは、なかなかいい感じですよね。
ライカにも似合いそうですね。M8がフルサイズになると楽しいですよね。このレンズと組み合わせたくなりますね。稼がないカメラという見方はなるほどと思わせるものがありますね。
blog管理
2009/04/10 20:43
Mマウントのスーパーワイドヘリアーが登場! きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる