きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS オリンパスのマイクロフォーサーズのうわさが続々と!

<<   作成日時 : 2009/04/25 23:58   >>

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

 オリンパスのマイクロフォーサーズ機のうわさが断続的に流れています。少しまとまったところで整理してみると、かなり具体的な感じになってきて、その推移には興味深いものがあります。いろいろと流れるうわさを時系列で今回もまとめてみました。

 4月3日にも、いろいろと流れているオリンパスのうわさをまとめて紹介しましたが、そこでは、オリンパスのマイクロフォーサーズ機、第1号は、6月16日に発表され、7月の最終週には発売されるとされ、EVFはなく3型液晶を搭載し、レンズキットで、900ドルから950ドルになりそうだというものでした。一部別のうわさでは、6月15日発表というはなしもありました。

 今回はその記事の直後の、4月4日から4月23日にかけて流れたもので、オリンパスのマイクロフォーサーズ機は、パナソニックのGH1と同じ、Live MOSセンサーを搭載し、それはGH1に近いもので、12MPのものといううわさからはじまり、つぎのような内容が流れました。

 12MP、2.7インチ可動式液晶、EVFはなし、外付けビューファインダー使用可、動画機能搭載、720、24fps、AVCHD lite、ISO 100-3200、アートフィルター、内蔵フラッシュ、キットレンズ14-45mm、というようなオリンパスマイクロフォーサーズ1号機の内容がありました。

 その後、オリンパスはマイクロフォーサーズ機の発表と同時に2本のレンズを発表するというものがあり、 1本はキットレンズで、もう1本は非常にコンパクトな単焦点レンズとされていました。

 上の2本のレンズがでるとされたうわさのあとには、オリンパスは新たにもう1本レンズの発表を追加したようだというものがあり、45-200mmといったレンズが、マイクロフォーサーズ機の発表があったのち、近日中に登場するのではないかというものがありました。またこのうわさでは、上記のコンパクトなレンズ(オリンパスがPMAやPIEで展示したモックアップにつけていたレンズ?)として、17mmF2.8という焦点距離と明るさが取りあげられていました。

 このレンズに関するうわさとともに、つぎのような内容に関するものもありました。上記の簡単なスペックに加えて、液晶は3インチとし可動液晶はなしで、動画は720、24fpsのみの搭載、ボディはモックアップのオレンジではなくシルバーとし、ライカMマウント用のマウントアダプターが用意され、6月中旬に発表7月か8月の発売としていました。

 その後に流れたレンズのうわさでは、45-200mmではなく、40-150mmというものがあり、そこでも、発表は6月16日で12.3MPのLive MOSセンサーを搭載とありました。GH1は、12.1MPなので、GH1に近いもので、12MPのセンサーという上記のはなしにつながるオリンパス仕様ということなのか微妙なちがいです。

 オリンパスでは、パナソニックのようなマルチアスペクト機能を採用するのかしないのかが、このあたりの微妙な数字のちがいとなっているのか、きになるポイントです。

 そして、GH1を発売したばかりの、パナソニックのマイクロフォーサーズ機にもまだ動きがあるようです。パナソニックでは、コンパクトデジタルカメラ型のマイクロフォーサーズ機の開発にも時間をかけているようだといううわさがあり、このうわさは、このモデルがいままでのパナソニックのコンパクトデジカメのようにライカにも供給され、(デザインはライカオリジナルとして)ライカもマイクロフォーサーズに参加するのではないかというはなしになっています。

 パナソニックのコンパクトデジタルカメラ型のマイクロフォーサーズ機の発表時期としては今年の11月か12月とされまだ確定的なことははっきりしないようですが、12MP、720、30fpsの動画、有機ELの3インチモニターといったことがでていました。

 それにしても、オリンパスとパナソニックもふくめマイクロフォーサーズに関するうわさの多いことにおどろかされます。12MPのLive MOSセンサーを搭載したオリンパスのマイクロフォーサーズ1号機は、6月16日に発表され、7月から8月には発売ということになるのでしょうか。

 また、パナソニックのマイクロフォーサーズ機で、ライカも巻き込むかのような急速な展開も興味深々で、仮にライカも参入するようなことでもあれば、ライカオリジナルのマイクロフォーサーズ用レンズといったものも登場するのか、マイクロフォーサーズの展開には興味がつきない感じです。


【関連記事】
『オリンパスのバラエティにとんだうわさをまとめて紹介!』(2009/04/03)
http://f2f4d1x.at.webry.info/200904/article_3.html


【 注 意 】
 ここで取り上げたうわさは、あくまでも、うわさの域をでないはなしです。ここに書いた、うわさの内容は、まったく未確認のおはなしです。うわさとして書かれたものの内容の、ご判断につきましては読まれたかた、ご自身の判断に委ねております。こんなはなしもあるのかといった、娯楽程度に受け取りください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。Rシリーズがディスコンになり、Dシリーズの先行き不明なおりから、もうひたすらライカ参入を祈る毎日です。
M4/3参入となりそれ用のレンズもリリースされればMマウント、Rマウント、さらにDシリーズとすべてのライカ・レンズ(未発売のSマウントは除く)がM4/3で使用可能になるのでこんなうれしいことはありません。
てへへV
アムゼル
URL
2009/04/26 02:40
アムゼルさんこんにちは!
ライカではOEMとはいえフォーサーズから撤退したというはなしはないですよね。パナソニックがライカのMとRのマウントアダプターを計画していますのでライカとしてもマイクロフォーサーズのカメラを(OEMで)だしても不思議ではないですよね。パナソニックにおまかせで、ライカは味付けをするだけでラインアップをそろえられるのですから。ただレンズまではどうなるのかですよね。
blog管理
2009/04/27 00:02
オリンパスのマイクロフォーサーズのうわさが続々と! きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる