きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS 今月のカメラ雑誌からきになる記事は!【5月号後編】

<<   作成日時 : 2009/04/21 23:58   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 8

 春の行楽シーズンやゴールデンウィークということで旅行など、でかけるチャンスも多くなるシーズンだと思いますが、そんなおでかけにもってこいなカメラはなにかという切り口で特集を組んでいるカメラ雑誌も今月はありました。後編はそのカメラ雑誌から。

 『09春の大特集 カメラを持って外に出よう!旅と撮影が楽しくなるデジタル一眼レフ・レンズ・写真用品を総力取材 旅楽機材 コレがいい!!』という行楽シーズンにマッチした巻頭特集を組んでいるのはCAPA。

 この特集では旅機材にもなるということで発表されたばかりのキヤノンの、EOS Kiss X3 や、ニコンのD5000、パナソニックのLUMIX DMC-GH1 も新製品紹介をかねて特集に組み入れられています。なかでも今月のカメラ雑誌では一番ページを割いて紹介しているのではないかと思うのが、CAPAのKiss X3 のページでした。合計14ページも使ってX3を紹介していました。

 ページを進んでいくと、カメラとレンズのおはなしばかりで特集が終わってしまい。タイトルにある、「写真用品」はどうなったのかなと思っていると、本誌の後半に別れて特集は続いていました。この特集、全部で73ページの一大特集になっていました。旅に持っていく機材ということではいろいろな組みあわせがあるもので、この企画はおでかけやご旅行の参考になるかもしれません。

 連載の、『交換レンズ完全ガイド』では、今月はフルサイズ対応のニコンとソニーの超広角ズームを取りあげています。前編で紹介したデジタルカメラマガジン(DCM)でも超広角ズームの特集を組んでいて、フルサイズ用あるいはデジタル専用でなにか検討中のかたは、CAPAとDCMの両誌を参考にという手もあるかもしれません。

 今月号のCAPAは、ほかにもシリーズ連載などもありますが、『09春の大特集 カメラを持って外に出よう!』に価値をみいだすかどうかが購入の判断となりそうで、ちょっと博打のような特集の組みかたかなと感じました。

 次は、月刊カメラマンです。新製品の紹介記事は一般的なもので、今月は紹介という感じであっさりとしています。特集では、『あなたの撮りかた、再点検!へたな写真にゃ ワケがある!!即効・完結編』ということで、タイトルだけみるとちょっとよけいなお世話的な突っ込みもいれたくなる感じですが、特集としては楽しいものでした。

 今月号のカメラマンで注目したのは、『身近な花を綺麗に撮る!種類別 花 写真専科』という特集で、マクロ(マイクロ)レンズ好きで、花の写真も好きなので興味のある特集でした。4名の写真家のかたの美しい花の写真と解説は今後参考になりそうです。

 レタッチの特集もありましたが、ポートレートとはいえ、83ページの完成は印刷ミスかなと思うほどでこれはどうなのでしょうという感じでした。興味のあるかたはご覧下さい。

 『どっちのレンズショー』は、ここでも超広角ズームの特集で、偶然とはいえ今月は自分の買った3誌でなんらかの超広角ズームを取りあげて記事にしていました。今月はキヤノンのEFマウント用のレンズでの特集ですので、キヤノンユーザーのかたは参考になると思います。

 サードパーティ製のレンズも比較のために取りあげているのですが、色の部分で50Dのせいなのかどうなのかよくわかりませんが、レンズによってずいぶん色味が変化していて、ある意味これはこれで参考になるのかもしれませんが、この結果をそのまま、そのレンズの傾向ととらえられないのではないのかなという部分もありました。

 今月のカメラ雑誌で目についたのは、実は広告で各誌に掲載された、パナソニックのLUMIX DMC-GH1 の「ムービーあそばせ」の広告でした。たぶんこの広告は女性誌などにも共通で掲載されるのではないかと思いますが、カメラ雑誌には異色な印象を持ちました。個人的な感じかもしれませんが、とうとうカメラの世界にも家電の雰囲気がはいってきたなと感じさせるものがありました。

 以上、ざっと紹介してみましたが両誌ともに、ここで紹介していない興味深い記事が、ほかにも満載なことはいうまでもありません。


【解説】
 このブログのレギュラー購入のカメラ雑誌は、アサヒカメラ、CAPA、月刊カメラマン、デジタルカメラマガジン(DCM)の4誌になります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『CAPA』2009年5月号
さて、次は『CAPA』。 ...続きを見る
hiroyaikedaの物欲の館2
2009/04/22 02:01
『月刊カメラマン』2009年5月号
最後は『月刊カメラマン』。 ...続きを見る
hiroyaikedaの物欲の館2
2009/04/22 02:02

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。

私も『月刊カメラマン』のレタッチ特集の仕上がりには目を疑いました。私には83ページだけでなく、85ページも87ページも完成画像はいずれも失敗作のように思えます。

ただ、1人目、3人目のレタッチ例については、作業中のスクリーンショット画像のカラーバランスは狂っていないようなので、完成画像だけ編集上または印刷上の何らかのミスがあったのかもしれません。2人目の方の場合は作業中のスクリーンショットからして彩度が上がり過ぎのようですが。プロ本人がモニターキャリブレーションをしっかりしないといけないかもしれませんね(笑)。

とは言うものの、ひょっとしたらレタッチしたプロ3人は本誌を手に取ったとたん「自分のレタッチとは違う!」と怒りだすような気がします。

企画自体は良かったと思うんですが、まったく「お助け」になっていないレタッチ講座でしたね。
竹千代55
URL
2009/04/22 02:51
私は、アサヒカメラとCAPAを買いました。この両紙は読み応えがあり良いと思います。デジタルカメラマガジンは?ですね。カメラマンは評価の箇所で、xマークの記事が、エントリー機=初心者用・・・コンパクトで軽くないとダメと決めつけているような記事が書かれていました。何時もテスターの決めつけたような評価記事になっているので、買いませんでした。
Msumida
2009/04/22 11:17
レタッチ記事が気になってカメラマン買ってきちゃいました!
こりゃやりすぎでは....昔のエロ本の表紙みたいですよ....

ささ
2009/04/22 14:22
竹千代55さんはじめまして!
トラックバックだけでなくコメントもいただけるとありがたいです。さて月刊カメラマンのレタッチ講座の写真はどうしたのかなという感じですよね。同じくほかの写真もなんとなくこれはどうなのかなと感じましたが印刷上の問題があったのかもしれないなと思いました。やりたいことはまあつたわるというかなのですが来月号でお断りでも掲載されそうですね。
blog管理
2009/04/22 23:53
Msumidaさんこんにちは!
今月号はアサヒカメラとCAPAあたりが順当な感じですね。一般的にも筆者の思い込みや決めつけの記事は読む気にならないですよね。記事にもバランス感覚があって欲しいものですね。
blog管理
2009/04/22 23:56
ささサンこんにちは!
買ってしまったのですか!(笑)
そして、また、評価が辛辣!(笑)
なにか印刷上の問題でもあったのでしょうかね。
こういうミス(?)もめずらしいですよね。
blog管理
2009/04/22 23:59
昨日、書店へ行くチャンスがあり、カメラマンを立ち読みしてきました!
レタッチの完成画像は、「期待を超えて期待にこたえる」感じで、ひっくり返りそうになりました♪
アサヒカメラは、読み応えありですね。仕事の合間に読んでます。
58Caddy
2009/04/24 18:35
58Caddyさんこんにちは!
カメラマンご覧になりましたか。(笑)あれはなにかのミスでしょうね。じゃないと、あの写真はちょっとひどすぎますよね。アサヒカメラは楽しいと思います!
仕事の息抜きにはもってこいですね!
blog管理
2009/04/25 01:31
今月のカメラ雑誌からきになる記事は!【5月号後編】 きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる