きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS 来年のカメラショーは横浜で開催?!

<<   作成日時 : 2009/04/17 23:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 11

 来年からカメラショーは横浜で開催されることになりそうです。名称もPIEから変わり、これからは日本のカメラショーも、フォトキナやPMAとならぶ世界レベルのフォトイベントに成長させていくようです。

 今年も開催された、フォトイメージングエキスポ(PIE)ですが、来年は名称を、『CP+ 』とし、主催を一般社団法人カメラ映像機器工業会(CIPA)がおこなうことになりました。

 いままでは、カメラ映像機器工業会、日本写真映像用品工業会、写真感光材料工業会、日本カラーラボ協会の、4団体がフォトイメージングエキスポ(PIE)の主催を持ち回りで共催していましたが、この共催からカメラ映像機器工業会(CIPA)がぬけ、単独で開催することになったという。

 CIPAの、PIE共催団体からの脱退に関しては、CIPA代表理事会長の内田恒二氏(キヤノン株式会 代表取締役社長)が、
「運営の主旨を定着するには、コンセプトの軸がぶれないことが重要。これまでもCIPAが継続的に主催できるよう話し合いを続けていたが、主催を持ち回る従来の枠組みを続けるとの意見が依然大勢を占めており、運営に支障をきたすことが懸念されたため、脱退に踏み切った。今後は飛躍できる体制を作っていきたい」と説明。(デジカメWatchの記事より。詳細は下記資料)

さらに内田氏は、
「これまでは国内メーカーであっても、市場の関係からフォトキナやPMAでの発表が先んじていて、国内のカメラショーでの発表は、どちらかといえば後追いという形となっていたが、今回発表するCP+では、新たな組織体系で中長期の目標を設定し、名実ともにフォトキナやPMAと並ぶ世界レベルのフォトイベントとして着実に成長させていきたい」と発表会の席で語ったという。

 いままで、世界で冠たるカメラ工業大国の日本が海外にも自慢できるフォトイベントがなかったことがなさけない状況だったともいえ、おそまきながらも、フォトキナやPMAと並ぶような世界レベルのフォトイベントを開催していくということは、いちカメラファンとしても納得できる動きという感じです。

 発表された新たなフォトイベントを改めて紹介すると、主催が、一般社団法人カメラ映像機器工業会(CIPA)で名称を、『CP+ 』(Camera & Photo Imaging Show シーピープラス)とし、会場は、パシフィコ横浜に移して、2010年3月11日から14日の予定で開催されるという。CIPAの発表した新イベント開催の趣旨は以下のとおり。

画像


新イベント開催の趣旨
1 写真映像産業活性化を促進するコンシューマー&ビジネスの「総合的カメラ映像ショー」の位置付けとする。
2 日本から世界に向けカメラ映像機器に関する最新の製品・技術情報を発信し、アジア・世界のカメラ映像ビジネスを牽引する役割を担う。
3 写真を核にした各種イベントを通じ写真の「撮る、見る、つながる」楽しさを提供する。
4 文化的施設との協力関係を強化し、写真映像文化の発信・発展に貢献する。


 現時点で、PIEの共催に参加していた、日本写真映像用品工業会が協賛団体に名を連ねているということで、用品関係の展示も継続されるようで、加えて、CP+ ではデジタル家電や通信といったメーカーの出展もつのっているということで、写真もデジタル化され楽しみ方のはばが広がったことで、家電や通信といったいままでにない分野も合流して総合的な展示が期待できそうです。

 CP+ 発の新製品発表が日本のカメラメーカー各社からおこなわれるようになる日も近いのかもしれません。


【資料】
2009 年4 月17 日
一般社団法人カメラ映像機器工業会
新フォトイベント「CP+」開催のお知らせ
http://www.cipa.jp/documents/release_20090417.pdf
カメラ映像機器工業会 CIPA
http://www.cipa.jp/

【資料】
デジカメWatch
CIPA、新フォトイベント「CP+」を2010年3月に開催
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/other/2009/04/17/10699.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『Camera & Photo Imaging Show (CP+)』の開催
Photo Imaging Expo (PIE) がなくなり、来年からはカメラ映像機器工業会(CIPA)単独主催のCamera & Photo Imaging Show (CP+) になるという。 会場もこれまでの有... ...続きを見る
hiroyaikedaの物欲の館2
2009/04/18 04:00

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
ラボ業界の私としては、フィルム時代はそれぞれの団体が 個別に開催していて、よく行ってましたが、デジタルの普及と共に、縮小して、今のPIEになった経緯があります。PIE会場も カメラの派手な展示と 写真用品のひっそりとした展示がひとつの会場にあり、PIEが盛り上がって いるのかどうなのかとギャップを感じていました。
数年の時がたって、ひとつの団体が単独で展示会が出来るようになったのは嬉しいですね!!PIEが無くなる事は無いと思いますが(名称は変わるかも?)展示会の場が増えるのは、楽しみですね。
せいちゃんです
2009/04/18 04:53
おはようございます。
日本製のカメラがアメリカやヨーロッパのストアでも中心的な存在となっているのにどうしてPIEっていまいちなんだと私も思っていました。今後は写真を撮る編集する印刷する転送するなど写真に携わるすべての業界に参加してもらいたいですね。もちろん携帯も。
きゃのらー
2009/04/18 09:18
いや〜、このニュース興味深く(リンク先資料もあわせて)読ませていただきました。具体的に日程まで発表されていますと、期待がより高まりますね♪
あまり敷居の高くないイベントだといいなァ、と田舎モンがボソッ(笑)
昇り龍
2009/04/18 09:44
今日は。以前、カメラショーと写真用品ショーと言われていた時代には、よく行ったものですが最近は全然行っていません。大阪だと確か難波高島屋と心斎橋そごうで開催されていたのではないかと記憶ます。どちらも無料でカタログが貰えました。この先、どのような形態になるのかは分かりませんが、初心者からプロまで楽しめかつカメラ大国日本らしいイベントになる事を期待してます。




カ〜ツ
2009/04/18 15:40
訂正
記憶ます。→記憶してます。
失礼致しました。
カ〜ツ
2009/04/18 15:46
世界に通用するカメラのイベントとして新たなイベントが始まるのですね。是非成功してほしいです。
ただちょっと遠くなるのが個人的には難点ですが(^^)
イメージ関連という枠組みでなくなっても、これまでと同じベンダーが協賛すれば、同じような出展社が参加するのでしょうが、一番重要なテーマなどがブレないほうが、カメラメーカーとして新製品発表の場にしたり、新しいコンセプトを発表する場としやすいのでしょう。
Toshi
URL
2009/04/18 21:07
せいちゃんですさんこんにちは!
自分が最初にいっていたカメラショーは高島屋で開催していた時代だった記憶があります。そのころは科学技術館で用品ショーだったかな。その後、おぼえてないのですがIPPFなんかもたまにみにいきました。
確かにPIEでもカメラのブースと用品のギャップがありましたよね。感材もラボの団体も単独で展示会という時代ではないと思うので、なんらかのかたちでCP+に参加するのではないでしょうか。世界に誇れる展示会に育って欲しいものですね。
blog管理
2009/04/19 23:22
きゃのらーさんこんにちは!
そうですね!フォトキナやPMAで盛大に日本の新製品のカメラが発表されるのもおもしろくなかったです。(笑)おっしゃるように、写真の楽しみかたも多様化している時代ですから、それにあった総合的な展示会にしていくのはPIEのままで時代に取り残されないためにも必要なことだと思います。
blog管理
2009/04/19 23:26
昇り龍さんこんにちは!
敷居は高くないと思いますよ!(笑)
でも横浜は遠い。。ビックサイトも交通の便がよくないので(乗り換え乗り換えでお金がかかる!)好きな場所ではなかったのですが、日本発の新製品の展示がいっぱいあれば横浜でもいきますよ!
blog管理
2009/04/19 23:31
カ〜ツさんこんにちは!
自分も高島屋のカメラショーにいってました。
その後、サンシャインになりビックサイトになって最初のころはいってませんでした。昔は無料のカタログをもらえましたよね。今年は用品年鑑と別にカメラのカタログ配布がありました。これって復活かな。
CP+が世界に誇れる、そして日本発の新製品発信の場になるといいなと思い期待しています。
blog管理
2009/04/19 23:36
Toshiさんこんにちは!
ほんとに、おっしゃる通りですね!世界に通用するこれは大切なことだと思います。なんといっても売れている大半のカメラの生産国なのですからね!
ただ遠くなるのは困りものですよね。(笑)
ショーのコンセプトが毎回統一されたもののうえで開催されることは大切なことですよね。日本発の新製品発表の場として世界のマスコミが横浜にいかないと、新製品の情報におくれるというぐらいに重要な場として定着して欲しいものです。
blog管理
2009/04/19 23:43
来年のカメラショーは横浜で開催?! きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる