きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS D5000の発表翌日にもうD4000のうわさ?

<<   作成日時 : 2009/04/15 22:17   >>

面白い ブログ気持玉 8 / トラックバック 1 / コメント 6

 昨日は予想通り、D5000が発表され、その内容の充実ぶりにおどろかされましたが、今日は早くも、D5000の下位バージョンのうわさが流れてきました。これがD40の後継モデルとなるのかきになるところです。

 スウェーデン発とされるうわさによると、ニコンは今年も昨年と同じように3機種の新モデルをだすのではないかとし、D5000はその第1弾だとしていました。そして表現がおもしろかったのですがそのD5000のダイエットバージョンが用意されるかもしれないということで、その機種名をD4000としていました。

 発表に関する時期的なうわさはまだないような感じですが、D5000の登場から早い時期とされていました。まあ、D5000がすでに完成しているので、そこからダイエットされたバージョンを作ることはそれほど時間もかからないと思われますし、もしかすると同時進行で開発されているということもあるかもしれません。

 同時進行で開発されていると考えるほうが合理的とも思えるわけで、D5000をまずはしっかりと販売して、あとは下位モデルをだすタイミングをはかっているということなのかもしれません。

 ここでダイエットという表現がきになりますが、D4000という下位モデルが、小型・軽量がひとつの性能ともいわれた、D40の後継モデルという位置付けなら、そのよさを引き継ぐ意味でも、バリアングル液晶モニターは搭載せずにボディの背を低くして、さらに軽量化もはかってくるものと思われます。

 バリアングル液晶をなくして、D60と同じ10MPの撮像素子で価格をおさえ、そのため必然的に動画機能はなしという以外、そのほかの機能はほぼD5000とおなじということになると仮に仮定すると、これはこれで価格設定にもよりますが、超お買い得なエントリーモデルの誕生という予感もしてきます。

 バリアングル液晶も動画もいらないし、10MPあればもういいというニーズも十分あると思われ、D4000がこのようなカメラになっていれば、けっこう魅力的なデジタル一眼レフかもしれません。

 と、まだまだなにも判明していない、D5000の単なるダイエットバージョンがでるかもしれないという、うわさだけで、ちょっと暴走してしまいましたが、ニコンのことなので、仮にD40の後継モデルがあるとしても、その後継なりに想像を超えるような新たな魅力を持たせたモデルに仕上げてくるかもしれません。

 ここで書いたことは単なる想像で、D4000が上記のような内容ででるというものではまったくありませんのでよろしくお願いいたします。


【 注 意 】
 ここで取り上げたうわさは、あくまでも、うわさの域をでないはなしです。ここに書いた、うわさの内容は、まったく未確認のおはなしです。うわさとして書かれたものの内容の、ご判断につきましては読まれたかた、ご自身の判断に委ねております。こんなはなしもあるのかといった、娯楽程度に受け取りください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
D4000を予測する -D4000 Forecast
ニコンD5000は凄い話題になってますね… いつもお世話になっている価格.comさんの書込みのペースが凄いです(^^; ...続きを見る
Norisuke's Eye
2009/04/16 15:16

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は。手に怪我をなされたそうで、御加減如何ですか?お大事になさって下さい。
D5000発表の翌日にはD4000の噂ですか。ニコンの勢いは凄いですね。この勢いで不景気も吹き飛ばしてくれないですかね?D4000が噂どうりなら、こちらの方が好みですね。可動式の液晶も魅力ですが薄いカメラが好みなので。少々スペックを落としてもいいのでソニーの様に選択出来たら嬉しいですね。ついでにスナップ用の新レンズも出たら最高なんですが。これは、さすがに欲張りすぎですね。


カ〜ツ
2009/04/15 23:15
カ〜ツさんこんにちは!
お気使いをいただきお見舞いのお言葉をありがとうございます。なんとか痛みが引いてキーボードもたたけています。
D5000がでたばかりだというのにもうD4000のうわさで、ちょっとびっくりでした。おっしゃるようにどんどん魅力的な製品でニコンひいてはカメラ業界を活性化していってもらいたいですね!
D4000に関してはD5000をダイエットしたモデルということしかはなしがありませんので、ここで書いたことはまったくあてにしないでくださいませ。
でも書いていて個人的にいいなと思いました。(笑)
ボディの厚みは自分もきになるほうなのでD5000のボディは早くみたいです。スナップに向くレンズいいですね!ここは遠慮しないで、パンケーキレンズをだしてくださいと書いておきましょう!(笑)
blog管理
2009/04/15 23:24
昨日、会社帰りに梅田のニコンプラザでD5000、触ってきましたよ。予想通りといいますか、バリアングル液晶になった分、ボディは分厚くなっていました。でもエッジをラウンドさせたデザインなので持ちにくいということはありませんでした。手の小さい人だとやや持て余すかもしれませんが。あと、カタログ数値ほど重たくは感じませんでした。

D5000の機能を引き継ぎつつ、バリアングル液晶を外してD40シリーズ並のコンパクトさを実現した下位モデルも発売されたらニコンのラインナップは更に強固なものとなりますね!
yamataka
2009/04/16 08:46
先日は返信有難うございました
お怪我の具合は大丈夫でしょうか

D40後継機は近いうちに必ず出ると思います
D5000を見てエントリー機種展開において競争に勝つ戦略機種と思いました

これから一眼買う人は他社製品と解りやすい部分で比較すると思うのです。日経トレンディのような視点で選ぶのが初級消費者心理だと思うのでそう考えるとD60はEOSやαなんかと比べ貧弱に見えました

最近の人はカメラを手にしてもファインダーを覗く習慣がないのでライブビュー性能にフォーカスし他社との遅れを取戻し、その他性能は他社を凌駕する性能を乗っけてきた、がD5000の正体と思うのです。エントリーユーザーの主戦場を担ったD60の後継機D5000と考えるとスッキリしますね

メーカー視点で部品共有を考えてもバリアングル液晶を廃しシンプルなライトカメラは出しやすく利益率もあがるはず

今年オリからマイクロ4/3が出ますし実際パナG-1は売れています。不況の影響もありライトカメラが重要になると思いますので、必ずD4000と噂されるD40後継機は出てくると思います
ふくいのりすけ
URL
2009/04/16 15:35
yamatakaさんこんにちは!
早速ニコンプラザでみてきましたか!いいですね!
インプレッションをありがとうございました!
自分も手を怪我していなければ即いったところなのですがなにぶんにも、しっかりとカメラのホールドができない状況なもので少しおあずけです。
早速みてきた友人はぽっちゃりと表現していました。
おっしゃるようにD5000のダイエットモデルも登場ということになればニコンのラインアップはかなり強固なものになると思います。その際には最廉価のD60もラインアップに残して欲しいですね。
blog管理
2009/04/17 01:06
ふくいのりすけさんこんにちは!
いえいえどういたしまして!そしてお見舞いのお言葉をどうもありがとうございます。まだ傷口は悲惨な状況を呈していますが痛みがほとんどなくなりなんとかやっています。
D40とD40xのような、その後D60になりましたがそのような関係で、新世代エントリー2機種体制でいくことは予想できますね。エントリーの販売競争で勝ち抜く戦略的な機種というのもいえますよね。
D60はX2に比べるとひんじゃくにみえましたね。それでもよく健闘して戦ったとも思います。そこに今回のD5000が入れ替わればおのずと結果はみえてくるような感じですね。「最近の人はカメラを手にしても」のLVからD5000の考察に関してもおっしゃるとおりだと思います。そして、いまの経済状況をみるとますますメーカーにとってエントリー機の販売が重要度をますことになると思いますので、今回のうわさはあるとみていいでしょうね。そのD5000の下に位置すると思われるカメラも興味がわきますね。
blog管理
2009/04/17 01:18
D5000の発表翌日にもうD4000のうわさ? きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる