きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS ニコンのFマウントが誕生から50周年を迎えることに!

<<   作成日時 : 2009/03/08 23:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 14

 このニュースを取りあげるのが少しおそくなりましたが、ニコンは3月3日にニコンFマウントが今年6月に誕生50周年をむかえることを発表しました。ということはニコンF一桁機の初代ニコンFも今年で50周年ということになります。

 ここではニコンのFマウントが50周年というようなニュースを聞くと、すぐに今年はなにか記念になるような新モデルがでるのかなというようなことを考えてしまいますが、ニコンF7がこの時代にでるのかどうか。

 というはなしではなく、ほかのメーカーが新しい機能の搭載を追求する過程でマウント変更という禁断の果実に手をだすなか、ニコンは50年もFマウント一筋ということで、「独自設計のレンズマウントを現在まで50年間継続して製造するメーカーはほかになく世界最長となります。」とニコンがいうようにほかに例をみない長寿マウントということになります。

画像


 ニコンのFマウントに関しては、Gタイプレンズの登場で、その互換性は事実上失われたという声もあるのは事実ですが、古いレンズが制約はあるとはいえ、新しいカメラに装着できるということもまた事実なわけで、50年という長さを考えれば、Gタイプレンズに絞り環がなくて、絞りで環で露出を設定する古い一眼レフでは使えないというのはしょうがないと思っています。

 もちろん、D100がでたころに初めてGタイプレンズが登場したときは個人的にも違和感を感じましたが、それもいろいろな記事や技術者インタビューなどを読むうちに、最新のレンズにはいる各種デバイスの関係とのことを知ると、絞り環がなくなるトレードオフということはしかたがないのだと徐々に理解できてきました。

 D40シリーズやD60では、なんの問題もなく古いニッコールオートレンズも装着できて、特にD40の登場時にこのことを知ったベテランのかたが、この組みあわせで密かに楽しまれるようになりそれが広く一般に知られることとなって、やっぱりマウントが変わらないことは楽しいねということになりました。

 ニコンからの注意、「ニコンFマウント」は、さまざまな機能を実現し進化を続けてきたことから、ニコンの一眼レフカメラと交換レンズのすべてを組み合わせて装着できるものではありません。また、装着可能な場合も機能が制限されることがあります。」ので、D40シリーズとD60に古いニッコールを組みあわせる際には十分ご注意をいただき個人の責任でお使いください。

 ニコンではFマウントの50周年を記念するロゴマークを作成しました。
「50年間、機械的な形状を変えていないニコンFマウント。ニコンFマウントは、ニコン一眼レフカメラとニッコールレンズをつなぐだけでなく、使うひとびとの世代と世代をつないできました。無限に拡がる光をとらえて、時を超えて世代と世代をつないでいくことを表現しています。」ということで、個人的にもニコンが好きなかたとの交流もできて、友人もD40Wキットで写真に目覚めるなど深いつながりができたことには、ほんとうに感謝したいと思います。

 記念すべき、ニコンFマウント50周年の年に最初に買ったニッコールレンズは、GタイプのそれもDXレンズの単焦点レンズ、AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8G ということになりました。50年の歴史の変化を感じさせるレンズです。

ニコンの家系図!

画像



【資料】
ニコン
PRESS RELEASE/報道資料 2009年3月3日
35ミリ判一眼レフカメラ用、独自設計の交換レンズマウントとして世界最長
ニコンFマウント誕生50周年
http://www.nikon.co.jp/main/jpn/whatsnew/2009/0303_f-mount_01.htm

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
記事を読んでいて、じわ〜っと幸せ感が広がっていきましたよ^^

私もニコン好きのはしくれとして「ニコン使ってよかった」と言い切りたいです。
昇り龍
2009/03/09 00:26
昇り龍さんこんにちは!
いや〜、現在D3愛に浸られている昇り龍さんには感慨深いものがありそうですね!自分もニコンを使ってきてなんだかんだでよかったなと思っています。その過程にはいろいろとありましたが。(笑)
blog管理
2009/03/09 00:55
50年といえば昔の人の一生分ですから、ニコンの開発に関わった人の歴史もかなり長いことになりますね。
企業として一貫した方針を、これだけ長い間貫いたことはすばらしいと思います(^^)
私も既に20本以上のニコンマウントのレンズを持つにいたりました。
Toshi
URL
2009/03/09 00:56
50万円のD3x発売・・・なんてことないですよね(笑)

デジタル時代にあわせた根本的なボディ構造の変化でもない限り、Fマウントはずっと続くのかな、と思います。

追伸:新レンズ購入おめでとうございます!
最近マクロレンズの調査をしていますが、すればするほどケイさんお求めのズームマクロの偉大さがわかってきました。
marusuke
2009/03/09 05:47
こんにちは!
私がニコンを使うようになったきっかけはたまたま親父から譲り受けたカメラが古いニコンだったからなのですが、そのカメラが今でも現役で、しかもレンズは最新のニコンDSLRにもそのまま装着できて使えるというのはすごいことだと思います。
これからもニコンにはずっとFマウントを続けていって欲しいものです。

遅ればせながら新レンズご購入おめでとうございます!
私もこのレンズは是非導入したいと思っています。
yamataka
2009/03/09 10:31
Fマウント50周年。この私も単層コートの50mmF1.4から始まって、32年目の付き合いになりました。
実はこの前の価格改定の知らせに、Fマウント究極の大口径だけは買い求めねばと、大慌てで50mmF1.2を注文したのです。1週間は待つつもりでしたが、なんと木曜日に注文して土曜日の昼に届くというスピーディな心くばり!休日にたっぷりとこのレンズで写真を撮ってくださいね、という気持ちを肌で感じました。こんなところにも、写真好きの心を本当によく理解するニコンの良心を垣間見た気がしました。
たぶん、このような積み重ねの上に50年があったのだと思います。大口径化には制約があるとさんざん言われながらも、全絞りで毎秒11コマの連写を達成できるのも、Fマウントの先見性だと思います。こんなニコンのハートの結晶と、これからも長い付き合いをしていきたいと思っています。
ちなみに、「二度美味しい」とよく言われるこのF1.2、今どっぷりです!32年目にして、再び50mmに舞い戻った感じです。これを「50mmに始まり、50mmに終わる」と言って良いのかはわかりませんが・・・。
ayuo
2009/03/09 19:03
私のMIXI D40コミで取り上げました。
すごいですね! 10年前、40周年の
時 記念マウントクロックが当たって
今でも箱にしまっています。
50年前のレンズがD40で使えるのが
凄いですね!
せいちゃんです
2009/03/09 21:22
Toshiさんこんにちは!
50年というのはほんとうにすごいと思います。工業製品の規格を変えないという選択はなかなかできることではないと思いますしユーザーの利便性を考えるという企業としての一貫性もありますよね。
それにしても、Toshiさんのニッコールもいつの間にかすごく増えましたね!20本以上とはすごすぎる。
blog管理
2009/03/09 23:11
marusukeさんこんにちは!
ありがとうございます!
マクロレンズの調査ですか!とても楽しそうなテーマですね!個人的にはもうじき価格の上がる60mmマイクロDが欲しいと思いますが。。
ニコンのFマウントはほかのフォーマットを開発するとかでないかぎりこれからも変わらないと思います。
D90サイズのフルサイズなんてどうですか!
blog管理
2009/03/09 23:16
yamatakaさんこんにちは!
ありがとうございます!yamatakaさんの購入候補にもなっていますか!楽しみですね!
ニコンの一眼レフカメラやレンズは親子、親戚、知りあいなどから引き継がれて使われる例をよく聞きます。
マウントが変わらないのでもらったひともまたそれに加えて新規にレンズやボディを買いまして、もらった古いカメラやレンズも改めて楽しめるという楽しさがありますよね。Fマウントは不滅でいて欲しいですね。
blog管理
2009/03/09 23:22
ayuoさんこんにちは!
50mmF1.2のご購入おめでとうございます!
自分も50mmF1.4から始まりましたが、Ai化以前のその後のAiレンズのデザインだけを先に採用しているゴムの角目ローレットタイプのレンズからでした。
Fマウントの絞りの連動はほんとうに感心してしまいますね。バネの威力を思い知る感じです。
写真は50mmにはじまり50mmに終わるといってもいいのではないでしょうか!フルサイズが登場したことで新しい50mmもでて、その奥深さが改めて新鮮に語られている時代です。50mmも楽しめる環境も整いつつありますので、50mmに原点回帰するのも楽しいことと思います。いいですね、F1.2!
blog管理
2009/03/09 23:35
せいちゃんですさんこんにちは!
40周年に記念品が作られたのですか!
おっしゃるようにオートニッコールがD40シリーズやD60でもアダプターなしで使えるというのはほんとうにすごいと思います。フルサイズ機にも付けられるようになると楽しいですね。
blog管理
2009/03/09 23:40
Fマウント50周年おめでとうございます!
50周年を前に、いつのまにかNIKKOR Autoが9本(すべて非AI)になってしまいました(笑)
非AIがNikon Fでしか使えなかったら、こんなに増えなかったかもしれません。Autoのおかげで、D40xの稼働率が異常に高くなってます。
Fマウントの楽しみは、まだまだ続きそうです。
今後発売されるカメラには、露出計連動しなくてもいいので、非AIを物理的に装着可能にして欲しいですね(笑)
58Caddy
2009/03/10 15:11
58Caddyさんこんにちは!
おめでとうございます!
そうですね!きがつくといつの間にかオートレンズがふえていますね!D40xでも使えるということがふえた原因でしたか。(笑)58CaddyさんはほんとうにFマウントを存分に楽しまれていますよね!D40で採用した方式は特に問題なくほかにカメラでも採用できそうですけどね。そのあたりはどうなのでしょうね。
blog管理
2009/03/11 00:29
ニコンのFマウントが誕生から50周年を迎えることに! きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる