きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS オリンパスの今後のモデル展開はすごいことに!?

<<   作成日時 : 2009/03/06 23:58   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 10

 先日、オリンパスからE-620が発表され、その際にこのブログではいずれE-420とE-520は最新のE-620に統合という形で終了して、E-620の下にマイクロフォーサーズ機を2機種を展開するのではと想像しましたがそれはまったくちがったようです。

 オリンパスでレンズ交換式カメラの開発部門を指揮されている商品戦略部部長の渡辺章氏がかなり突っ込んで、オリンパスの今後の戦略を語られている記事を読みびっくりしました。PMAの会場で、デジカメWatchのインタビューに答えたもので、オリンパスは想像以上にこれから多機種展開をおこなっていくようです。

 オリンパスからE-620が発表されたときにこのブログでは、いずれE-420とE-520はE-620に統合される形で終了して、E-620の下にマイクロフォーサーズ機を2機種展開して、5ラインのすっきりとしたモデル構成になるのではと想像しましたが、そんなことではなかったようです。

 オリンパスのモデル構成は現在E-420(海外では継続販売しているという)E-520、E-620、E-30、E-3、となっていますが、これにいま開発中のマイクロフォーサーズ機をたすと6機種もの展開となります。仮にうわさのようにマイクロフォーサーズ機が2機種でるとすると合計7機種ものモデル構成となりそうです。

 インタビューで渡辺氏は、E-620は新たについかされたモデルであることを強調していて、E-420はまだ一部地域では継続販売され、またE-420の後継機やE-520の後継機もE-620とは別のシリーズとして今後も開発していくと語りました。これに開発中のマイクロ機を加えると6機種もの展開となり仮にうわさのようにマイクロフォーサーズ機が2機種でるとすると将来は合計7機種ものモデル構成となる可能性もありそうです。

 PMAでは期待されたマイクロフォーサーズの新モデルの発表やモックアップの展示もなく昨年のフォトキナで展示されたものと同じオレンジ色のモックアップが展示されただけでした。これについては、開発段階でどんどんブラッシュアップしていくので途中のモックアップを展示しても最終製品のデザインとはことなってしまうということで、展示しなかったといい、そのかわりデザインに関してはほんとうにいいものに仕上がると明言し自信をのぞかせていました。

 オリンパス初のマイクロフォーサーズ機には手ブレ補正機能もはいることが今回のインタビューでは判明し、手ブレ補正機能を搭載しても、E-420なみのボディの薄さを実現できるとしていました。ということは後継モデルの開発を明言した、E-420の後継モデルにも手ブレ補正機能の搭載は期待できるわけで、アートフィルターもいれたコンパクトなオリンパスのエントリー機が誕生しそうです。

 オリンパスではアートフィルターを4つ目の柱と位置付けていて、専用設計のレンズ、ダストリダクションシステム、ライブビューに続くアートフィルターというこで今後はこれの完成度を高めていくという。

 それにしても、事実は小説より奇なりという感じで、まさか、オリンパスがこのように多機種のモデル展開を考えているとは想像もしませんでした。これから登場のE-420の後継や、E-520、E-620、E-30、E-3に加えマイクロフォーサーズ機も登場することで、オリンパスのデジタル一眼レフ(と一眼)の選択肢はぐっと広がりをみせそうです。


【資料】
デジカメWatch
「マイクロフォーサーズ機は本当にいいものに仕上がります」
オリンパス商品戦略部の渡辺章部長に聞く
会期 2009年3月3日〜3月5日(現地時間)
会場 米国ラスベガスコンベンションセンター
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/other/2009/03/05/10355.html


【 注 意 】
 ここで取り上げたうわさは、あくまでも、うわさの域をでないはなしです。ここに書いた、うわさの内容は、まったく未確認のおはなしです。うわさとして書かれたものの内容の、ご判断につきましては読まれたかた、ご自身の判断に委ねております。こんなはなしもあるのかといった、娯楽程度に受け取りください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
いつも楽しく拝見しています。
オリンパス製マイクロフォーサーズ機は夏ですか。手ぶれ補正もついていて、とても欲しいです。
今年の夏はこの不況の中、ボーナスはぜんぜん期待できそうにもありませんけれど・・・・。
小さなバッグから取り出して写真を撮り「あ、コレ?レンズも交換できるんですよ・・・・買っちゃった」などと想像するだけで、楽しいです。
ねぷちゅーん
URL
2009/03/07 08:09
CNETの渡辺さんのインタビューも興味深く、今後は画素数増よりも画質改善に軸足を移すことや、コントラストAFの可能性について触れています。競合上こうしたコメントがいいのかわかりませんが、ユーザー目線で敢えて本音を語っており大変興味深かったです。
 せっかくのマイクロフォーサーズ、できれば工業製品としての美しさも追及してほしいです。
 それからこの際、ミラーレスのフルサイズ機を出してほしいです。EVFとLVを完璧にしてMFオンリーでいいので、オールドレンズを使い倒してみたいですね。
gengen
URL
2009/03/07 09:49
えっ!E-420とE-520のラインがE-620に統合されたのかと思っていました。
たしかにE-420のサイズで手振れ補正が搭載されていたら魅力ありますね!
そして今年のオリンパスの本命?マイクロフォーサーズ機は登場が楽しみです。これ以上マウント増やしたくないんだけど...我慢できるかな?(笑)
ささ
2009/03/08 00:15
私もE-420とE-520を統合したモデルがE-620だと思っていたのでインタビューを読んでびっくりしました。
E-420の実質的後継機はマイクロフォーサーズになると予測していたのですがそれも違うようですね(笑)
期待のマイクロフォーサーズも含め、今年のオリンパスのラインナップは充実していきそうですね!
私もマイクロフォーサーズ機は我慢できる自信がありません(笑)!
yamataka
2009/03/08 02:03
オリンパスの本命はマイクロフオーサーズなんでしょうね。一眼の場合明るいレンズでは極端に大きくなってコンパクトなボディーに合いませんよね。オリンパスのフリーアングルの液晶は良いですね。
Msumida
2009/03/08 10:32
ねぷちゅーんさんこんにちは!
いつもありがとうございます!
夏前ごろでしょうかね。手ブレ補正ユニットも組み込めるようになるとはすごいですよね。オリンパスのようなコンパクトデジカメルックでレンズ交換可能というのもいいですよね。それにパナの7-14mmなんかも付くわけですしパナからはパンケーキもでますしね。
オリンパスのレンズ展開も含めて楽しみですね!
blog管理
2009/03/08 22:38
gengenさんこんにちは!
その記事のことも書こうと思っていました。12MPで一応の打ち止めということですかね。オリンパスのマイクロフォーサーズ機はモックアップよりだいぶデザインが変わりそうな語りぶりですよね。
ミラーレスのフルサイズ機ですか!それの実現に近いところというとライカでしょうかね。M8の次にフルサイズにするということはないかな。レンジファインダーはやめてEVFでいいとなるとほかのメーカーでも可能性はでてくるのかな。このあたりのことは想像していませんでした。可能性のあるメーカーは。。
blog管理
2009/03/08 22:44
ささサンこんにちは!
自分もすっかりそう思って5ラインかなんて書いてしまいました。オリンパスがこんなに多機種展開を模索していたとは!おどろきました。マイクロフォーサーズはフォーサーズの拡張規格ですからE-3オーナーのささサンなら延長ということで楽しめますよね。いいな!
blog管理
2009/03/08 22:49
yamatakaさんこんにちは!
自分もインタビューを読んでびっくりしました!
これからいっぱいだすのですね。オリンパスのマイクロ機はどのようなものとなるのか楽しみですね!
そしてパナともあわせるとレンズの選択肢も多くなりそうですし結構魅力的なシステムになりそうですね。
blog管理
2009/03/08 22:52
Msumidaさんこんにちは!
オリンパスの本命はなにになるのでしょうね!(笑)
E-3の後継機だったりして!ここ当面はマイクロの開発に専念しそうな感じもありますよね。レンズとともに楽しみですね。フリーアングルはウエストレベルでの撮影などをやってみたいと思います。
blog管理
2009/03/08 22:55
オリンパスの今後のモデル展開はすごいことに!? きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる