きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS D40は市場に残す価値がある後継機も開発の真意は?

<<   作成日時 : 2009/03/14 23:34   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 14

 昨日は、「キヤノンがPIE 2009に何らかの新製品を用意していることは間違いない」と書いている記事を、Kiss X2 のうわさとともに紹介しましたが、その記事では、ニコンへのインタビューがかなりの割合をしめていて、そこにはけっこう興味深い内容がふくまれていました。今日はその内容を取りあげてみたいと思います。

 前日の記事でふれた、デジカメWatchの、『本田雅一の業界トレンド予報 PMAを終えて 2強に垣間見た今後への自信』という記事では、ニコンに関しても、カメラ映像機器工業会(CIPA)の意向も受けた形で、「PIE重視の製品発表を予定しているようだ。」とあり、ニコンからの新モデルの発表を期待させるような内容となっていました。

 この記事でインタビューに答えているのは、ニコン映像カンパニーマーケティング本部ジェネラルマネージャの中山正氏。中山氏はマーケティング部門ということで開発現場のかたではないためか、意外なほど興味深いおはなしをされていました。インタビューの冒頭先日終了したD40について聞かれ、

「D40は市場に残す価値がある。ああいうカメラがあることで明らかに市場の裾野は広がっているし、一眼レフ市場は活性化しました。もちろん後継機に関しても開発しています」と興味深いはなしから語られています。

 この場合の、「後継機」とは、600万画素のモデルを新たに開発しているという意味とはとらえにくいので、D40のような市場のすそのを広げ活性化させるような新モデルを開発しているという意味にとらえるのがだとうかなと思いますが、それがうわさになっている、D5000なのか楽しみな感じです。

 中山氏はインタビューで、ニコンは、「例年並みのペースで新製品を出していきます」また、「製品計画の変更はない」とも語り、ニコンは新製品を計画通りだしていくことを明言していました。

 また、ニコンの今後のデジタル一眼レフに関しては、「カムコーダと同レベルの機能性を持たせようという意思はない」、「電動ズームや可変速AF、絞りメカの変更といったことはない」が、「動画撮影という楽しみは提供していく」とも語っていて、動画機能の搭載はこれから広く採用されそうな印象を持ちました。

 フォーサーズ陣営のマイクロフォーサーズやPMAで突如発表されたサムスンのNXのようなミラーレスのデジタル一眼というジャンルのカメラに関しては、「(興味を)持っていないと言えば嘘になる」、「いつかやらなければならないなとは感じている」、「今すぐに必要とは考えていないし具体的な計画もない」、「やるならニコンの技術を生かせる形で」と語り、ニコンとしても興味を持ってみてはいるものの具体的な計画はいまのところないということがはっきりしました。

 そして、「一眼レフの可能性は大きい」と語り、いまの経済状況でもそれほど将来について心配していないようすでした。

 今日は紀伊国屋書店が同社のWebサイトで、洋書のD400の本の予約を開始したというはなしがありましたが、その本の出版予定は8月ということで、仮にD400というモデルがでるとしてもまだ少し先ということになりそうです。

 世界的な不況のなかで、ニコンは、在庫レベルはそれほど異常な数字にまではならなかったといい、さらにここに来て在庫レベルは正常に戻っているということで、製品計画の変更はなく、為替変動の問題は大きかったもののそれほど悪い状況にはないようで少なくとも過去最悪ではないと語っていて、新製品の開発に悪影響がおよんでいないようすが伝わりました。

 PIEでニコンは新モデルの発表をおこなうのでしょうか。うわさや今回のインタビュー、そしてこの記事の内容などを考えると、ニコンからはD40のような、デジタル一眼レフの市場のすそのを広げて活性化させるといった、D40のになった役目を引き継ぐような次世代機の登場が待っているのかもしれません。それが、CIPAの意向にそう形でPIEでお披露目されるのか興味はつきない感じです。


【資料】
デジカメWatch
本田雅一の業界トレンド予報 PMAを終えて 2強に垣間見た今後への自信
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/trend/2009/03/13/10427.html

【資料】
紀伊国屋書店 BookWeb
Nikon D400 (2009)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htmy/382724482X.html


【 注 意 】
 ここで取り上げたうわさは、あくまでも、うわさの域をでないはなしです。ここに書いた、うわさの内容は、まったく未確認のおはなしです。うわさとして書かれたものの内容の、ご判断につきましては読まれたかた、ご自身の判断に委ねております。こんなはなしもあるのかといった、娯楽程度に受け取りください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
PIEで新しいローエンド向けのカメラが出てくると、また面白いかもしれませんね。
個人的にはPanasonicなどが出している、EVF方式のファインダーを装備したコンパクトで軽量な一眼レフを出してくれると嬉しいです。
それと組み合わせるパンケーキレンズも出ると最高なんですが(^^)
Toshi
URL
2009/03/15 00:41
ケイさん、こんにちは。
ズバリ、D40の後継機はD5000ではありません。
その名はD30。名前が示すようにD40よりもさらに機能が簡素化されシンプルになります。
具体的には、撮影モードダイヤルはAとPだけが残されあとはシャッター速度ダイヤルになります。絞りはレンズの絞りリングですべて調整可能、Gレンズのみコマンドダイヤルで操作します。ファンクションボタンは3つに増設され、ISO、WB、測光ボタンとなり瞬時に変更が可能となります。画素数は600のまま、またはせいぜい800万画素にとどめ、ISO100〜51,200が実用となります。すると内蔵ストロボも要らなくなるので廃止、ついでにAFもなしで金属ボディ、初期価格は49,800円でいかがでしょうか。
・・・単なる願望でした・・・。

yasu-be
URL
2009/03/15 10:07
ローエンドでの活性化とD60との差別化なら 以前のインタビューでNikonの方が話していたD40よりも機能を絞ってスタイリッシュなボディー 願望は プロネアSのような基準ならいいなぁ〜と思います。

これ 以前もいいましたね(^o^;)
せいちゃんです
2009/03/15 18:02
今晩は。私はD40の位置にD60がスライドして売れるところまで、ひっぱると思うですけどねぇ。量産効果で値段も下げれるでしょうし。新機種は全く新しいシリーズでは?打倒キスX2という感じの。ニコン版E420というような薄型軽量小型を希望です。やっとDX35ミリ買ってD40やD60につけて軽いセットを楽しんでますので。E420にパンケーキの25ミリの組み合わせも使ってますが、軽いのは最高ですよ。
カ〜ツ
2009/03/15 23:56
普及機を真剣に考えているのが嬉しく期待できますね。
高機能にするよりカメラ本来の機能を追及した小型機なら、なお嬉しいですが、それはマニア層だけに受ける機種になってしまうかも・・・
せめてD40や60よりも向上したファインダを載せて欲しい・・・というのは、無理な願いでしょうかねぇw
sharlytemple@会社
2009/03/16 08:41
こんにちは!
ニコンの普及機には興味がありますねー
低価格でシンプルで取り回しのよいもの。とここまでは予想できるのですが、期待を越えて期待にこたえる為には動画と顔認識と後は何を載せればよいのでしょうね。個人的にはシャッターボタンをもう少し前に出してほしいです。
きゃのらー
2009/03/16 10:41
Toshiさんこんにちは!
PIEで新モデルの発表に期待したいですね!
EVFのカメラはコスト削減効果もあると思うのでこれからエントリー機に採用されそうですね。一眼レフとの住みわけを各メーカーがどうするのかそれぞれの今後の戦略が楽しみです。個人的にはとりあえずニッコールのパンケーキがでて欲しいなと思います。
blog管理
2009/03/16 21:33
yasu-beさんこんにちは!
D40の後継の推理楽しく読ませていただきました!
ありがとうございます。以前、ニコンの後藤さんが確かアサヒカメラだったと思うのですが、D40の下位モデルもありといった内容のおはなしをされていていずれでるのかなと思っていましたがまだそういうグレードのカメラは登場していません。
Fマウントの低画素で簡素化されたモデルというのは受けるかもしれませんよね。前も書いたのですが、D3のセンサーをAPS-Cにして高感度で勝負みたいなDSLRもありだと思います。でも需要がないかな。
blog管理
2009/03/16 21:41
せいちゃんですさんこんにちは!
プロネア、なつかしいですね!このインタビューではなされているD40の後継というおはなしはどういうカメラのことをいっているのかきになりますよね。これからだすとすればトレンドの機能はひと通りそろっていてなおかつ安いということではないのかなと個人的に想像していますがはたしてどうういものになるのか。
ともかくPIEでぜひ発表してもらいたいですね!
blog管理
2009/03/16 21:46
カ〜ツさんこんにちは!
DX35mmF1.8のご購入おめでとうございます!
D40・D60と軽い単焦点との組み合わせはいいですよね。気軽に持ちだせるということは大切ですね。
インタビューで語られるD40の後継とはどういうものになるのでしょうね。それがでても、D60は併売されると思うので、D40の価格的な位置付けはD60がにないそうですね。そして、D40の後継とはこれからの時代にD40的にエントリーの裾野を広げられるようなモデルという意味かなと想像しています。どのようなカメラになるのか早く知りたいですね!PIEではぜひみることができるといいのですが。
blog管理
2009/03/16 21:54
sharlytemple@会社さんこんにちは!
そうですね!おっしゃる通りだと思います。
エントリー機とはいえ、ある程度の画素数がないと受け入れられないので、画素アップはするでしょうし機能もそれなりにトレンドのものは入れないといけないでしょうし、それでなおかつD40の売りだし当時の価格ぐらいにおさえて値ごろ感も必要という感じかなと想像していますが、D40でがんばったファインダーをさらに新モデルでもまたがんばっていいものを搭載してくれるとさらにうれしいですね!あとはPIEでぜひみせて欲しいなということでしょうか!
blog管理
2009/03/16 21:59
きゃのらーさんこんにちは!
そうですね!その合言葉を忘れていました。(笑)
期待を超えて期待に応える。D40の後継モデルはこのニコンの意思にそって考えるとどのように期待に応えたものとなるのでしょうね。顔認識はD90ですでに搭載しているので、D40後継でも期待できると思いますし、ほかにはやはり動画機能でしょうかね。それも、フルHDということでD90に対して下克上とか!あとはD3なみの高感度性能かな!(笑)
blog管理
2009/03/16 22:07
みなさんの考えと同じでD40は機能追加で十分魅力的とおもいます。それとニコンの方も見てると思いますので、あのままのD40サイズで600万画素でD40FXなんてほしい!!
i
2009/03/16 23:44
iさんこんにちは!
インタビューで開発しているという、D40の後継機はどのような方向に向かうのでしょうね。早く内容を知りたくなりますね!D40のボディサイズでフルサイズが実現したら楽しいでしょうね。それなら機能は求めませんのでシンプルなモデルでかまわないです。
blog管理
2009/03/17 00:34
D40は市場に残す価値がある後継機も開発の真意は? きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる