きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS キヤノンの3月25日新モデル発表説が急浮上X2後継?

<<   作成日時 : 2009/03/13 23:36   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 先日、日刊工業新聞がキヤノンのEOS Kiss X2 の後継モデルに関する記事を掲載し、その登場時期を今年の秋から年末と報じていましたが、ここにきてキヤノンのうわさが複数浮上していて、3月25日に動きがあるとしていました。またカメラ情報サイトではPIEでの動きもあると断言していて3月末に向けては要注目かもしれません。

 キヤノンのうわさが複数のサイトで流れていました。ひとつは、キヤノンが、3月25日にプレス発表を予定しているというもので、そこでは、EOS Kiss X2 の後継モデルか、EOS-1D Mark V の後継(記事ではアップデートと記述。下記に資料)が発表されるのではないかとされていました。

 またもうひとつは、キヤノンが、3月25日に新型デジタル一眼レフの発表を予定しているというものでそれは、EOS Kiss X2 の後継モデルだとし、動画に最適化したレンズも発表するというはなしまであるようだが、このうわさを掲載したキヤノン専門のうわさサイトでもこのレンズに関してはまだ早いのではないかと信憑性をうたがっていました。

 さらに、新しいEF50mm F1.4 USM とともに、EOS Kiss X2 の後継モデルが発表になるといううわさもありました。ここ数日でキヤノンの新モデルに関するうわさがどっと流れた形ですが、2日前の、3月11日には日刊工業新聞がEOS Kiss X2 の後継モデルに関して報じ、その記事では秋から年末をめどに発表とありました。

 いったいなにを信じればいいのかという感じですが、今日のデジカメWatchの記事では、「キヤノンがPIE 2009に何らかの新製品を用意していることは間違いないところだろう。」と断言していて、今年のPIEでは、ニコンとともにキヤノンも目玉をPIEに集中させようとしているとしていました。

 デジカメWatchの、『本田雅一の業界トレンド予報 PMAを終えて 2強に垣間見た今後への自信』という記事によると、「ニコンやキヤノンは、どうやらPIE重視の製品発表を予定しているようだ。」とし、その背景として、カメラ映像機器工業会(CIPA)は、カメラメーカーが多く集まる日本から世界に向けてPIEで写真関連のニュースを発信し商談の場としても発展させていきたいという意図で、PIEの国際化に力を注いでいるという。

 その流れにそい、CIPA運営の中心メンバーであるキヤノンとニコンはPIEを重視し、国際展示会として成長させるための目玉をPMAではなくPIEに集中させようとしているとありました。

 いまのアメリカの消費不振を背景に考えると、アメリカで新製品を発表するメリットは低いと思われキヤノンもニコンもおひざ元の日本国内で新製品を発表して、国内消費をまずは喚起して足場をかためるというもの考えかたとしてはありかなと今年のPMAの内容をみていて感じていいました。

 CIPAの意図と流れとはことなりますが、ニコンの新モデルはPIEに期待という、このブログの読者のかたよりの情報を読んでいて、そんなことを考えていたので両社のPIEでの動きはあり得るのではないかと感じていました。

 このデジカメWatchの記事はニコンへの興味深いインタビューがメインとなっていて、その部分は別途記事として取りあげてみたいと思いますので、ここはキヤノンの3月25日のうわさ急浮上という内容でまとめておきたいと思いますが、キヤノンではEOS Kiss X2 のキャッシュバックキャンペーンを開始したばかりで、5月6日までこのキャンペーンは続きますが、X2は併売ということで後継モデルの登場には関係ないということなのかきになるところです。


【資料】
デジカメWatch
本田雅一の業界トレンド予報 PMAを終えて 2強に垣間見た今後への自信
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/trend/2009/03/13/10427.html

【資料】
Canon
ありがとうNo.1 EOS Kiss X2 キャッシュバックキャンペーン
http://cweb.canon.jp/camera/campaign/kissx2/cashback/index.html
EOS 50D キャッシュバックキャンペーン
http://cweb.canon.jp/camera/campaign/50d/cashback/index.html

【資料】
上記の、EOS-1D Mark V のアップデートとされる内容に関しては
以下のようなものがありました。

Canon 1D Mark IIIn or IV Rumors
Same form factor as current 1D series
Full Frame 16MP sensor (no more 1.3x crop cameras)
ISO 100 to 6400 (expandable to 50 and 12800)
Live View with contrast detection AF and HD Video capture
(It is rumored that this will revolutionize photo journalism
and meet growing requirement for web news video and cross media feeds).
Capable of capturing stills from HD Video (but only at 2MP resolution)
1.3x crop mode with viewfinder masking and reduced size RAW (10MP)
with significantly improved buffer for cropped RAW images 10 fps


【 注 意 】
 ここで取り上げたうわさは、あくまでも、うわさの域をでないはなしです。ここに書いた、うわさの内容は、まったく未確認のおはなしです。うわさとして書かれたものの内容の、ご判断につきましては読まれたかた、ご自身の判断に委ねております。こんなはなしもあるのかといった、娯楽程度に受け取りください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
キヤノンの3月25日新モデル発表説が急浮上X2後継? きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる