きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS ニコン D40の終了が正式にアナウンスされました

<<   作成日時 : 2009/02/28 23:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 22

 『小さい・軽い、やさしい、かしこい、ニコンクオリティをあなたにも』というキャッチフレーズのD40がとうとう、『本製品のメーカー在庫は終了しました。』ということでその役割を終えたようです。小型・軽量な一眼レフは苦手といわれたニコンとしては異例なほどうまくまとめられ、モデルサイクルの早いデジタル時代にあってD40は異例なほどのロングセラーモデルとなりました。

 2月にはいり、D40の生産終了のうわさが流れ、カナダでディスコンになったといううわさに始まり、国内でも流通在庫のみになっているというはなしや、ヨドバシのネット販売のリストから消えたりといよいよD40も終了かと思っていたのですが、ニコンからメーカー在庫終了との正式な発表がありました。

 発売当時のカメラ雑誌を再度みてみると、小型・軽量、低価格というコンセプトのもと、D40はキットレンズとの購入ということを想定して思い切ってAF用のボディ内モーター(AF駆動ユニット)を廃したという記述がありました。(デジタルカメラマガジン2007年1月号ニコンD40開発者インタビューより)

 D40ではボディにAF駆動ユニットがなくなったことで、マウントの下側をすっきり丸くデザインできたという。このAF駆動ユニットをなくすということについては社内でもかなり議論されたとインタビュー記事にはありましたが、意外なことにAF駆動ユニットをなくすということに関してはD40が初めての検討ではなかったという。前に検討されたときは、まだAF-Sレンズが少なく見送られた経緯があったという。

 ボディの厚み方向に置かれるAF駆動ユニットを廃したD40のボディは、それまでのニコンのデジタル一眼レフと比べてもボディの厚さがかなり薄くなり、小型・軽量やコストダウンにも寄与する結果となったようです。

 インタビューでは画素数に関しては、女性ユーザーやファミリー層をターゲットにしたのでハンドリングもよく、D70やD50で定評のある600万画素にしたという。この画素数は結果的に、低ノイズという素晴らしい性能をD40にあたえることとなり、その後の各カメラ雑誌のカメラテストのノイズの項目ではかなりのあいだ素晴らしい結果を残すこととなりました。

 このことに関しては、D40では画像処理エンジンで上位機種のものをエントリー機に投入した感じで高感度性能をかなり向上させたとありました。インタビューではひかえめに語られていましたが、D40をかわきりにその後登場する、D3やD300での高感度性能のすごさを目の当たりにさせられたことはもう語るまでもないでしょう。

 このときインタビューで語られていた上位機種というのはそのとき正に開発まっただなかだったD3などで先行していた技術をD40にもいれたということなのか、当時のうわさには、D40で先行して開発中の画像処理エンジンの技術を一部実験的にいれたというものもありました。このあたりの真相はニコンの開発のかたのみぞ知るという感じですがD40の高感度性能のよさにそのようなうわさもでてきたのかなと思いました。

 D40という名称に関しては、D50よりもライトなカメラということでひとつ数字をさげてD40にしたという。また、U digital という意見もあったといい、このはなしは今回改めてインタビュー記事を読んで知りました。

 小さくて、安くても、デジタル一眼レフとしての基本性能はしっかり作ったというD40は、『ニコンクオリティをあなたにも』というキャッチフレーズの通り多くのデジタル一眼レフユーザーを生むこととなりました。2007年のデジタル一眼レフ販売シェア1位という、ニコン躍進の大役も終えD40はその生産を終わりますが、ニコンのカメラを語る上で、はずすことのできない1台となったことはまちがいなくニコンの歴史に残ることでしょう。


【資料】
ニコン
製品情報 一眼レフカメラ
D40
http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/slr/digital/d40/index.htm

【関連記事】
『D40がカナダでディスコンに?』(2009/02/14)
http://f2f4d1x.at.webry.info/200902/article_14.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい
面白い

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
3月の季節前、この時期は出会いと別れがこうさくする時期、D40にはお疲れさまでしたといいます。デジタルカメラは生産中止になると、過去のカメラで忘れられるような感じですが、名機として、歴史に語られるでしょう。
せいちゃんです
2009/03/01 01:18
私は手放してしまいましたが、良いカメラでしたね。人にあげてしまいましたが、今でも喜んで使ってもらっています。次の機種は、1200万画素になってしまうのでしょうね。
Msuimda
2009/03/01 04:27
ケイさん、こんにちは。
この季節にサヨナラなんて、別れの季節を知ってます。なんてイキなヤツでしょう。
でも、自分のD40にはまだまだ働いてもらいますよ、もうすぐ4万カット突入ですが、容赦はしません・・・。
yasu-be
URL
2009/03/01 10:12
自分が買ったのはD40xでしたけど、でかくて重いカメラを有難がってる私が初めて持った時の好感触。そして持ち歩きスナップの楽しさ面白さ。
・・・たくさん楽しい撮影を教えられました♪

名機の中の名機、ですよね(^^)/
昇り龍
2009/03/01 14:10
こんにちは、はじめまして。私、一応カメラマンの末席に位置する者です。恥ずかしながら、というか仕事でこのD40を大いに使っています。屋外でのスナップとか逆光での集合写真などはD40でないと仕事できません。汎用品のストロボを使うと1/4000秒までフルシンクロできますし(当然発行時間との兼ね合いがありますが…)外光オートならTTLオートにある「プレ発行」が無いので目つぶりやタイムラグも気にならず、なにより軽量小型なので出張で複数台数を持っていく場合などは肩こりも出ず、大変有難い機材でした。今でも使っていますがD40製造中止の話に新品在庫か上程度の中古があればもう1台買おうかどうしようか悩んでいます。D80もD300も使っていますが、もっとも「つぶしの利く」機材はD40です。重ね重ねD40製造中止は残念です。
う〜さん
2009/03/01 20:03
今週末に、良く行くショッピングセンターのチラシにD40のレンズキットが載っていました。
おそらく最後の在庫処分だと思いますが、39,800円でしたので、思わず買おうかと思ってしまいました(^^)
Toshi
URL
2009/03/01 22:00
D40は発売日に購入して愛用していた思い出深いカメラです!
このカメラではいろいろと楽しませてもらいました。
私のブログの2007年11月12日の記事(SWH遊び編)は私のブログ記事の中でもトップクラスのアクセス数です。さすが人気のカメラですね。
私は大抵デジタル一眼レフカメラは数年使用すると手放しいるのですが、このD40は手元に置いておこうと思っています(^^
ささ
URL
2009/03/01 22:51
遂に正式発表されましたか。残念ですねぇ。最近、私は記念にシルバーのレンズキットを買っちゃいました。在庫処分29800円なら買うしかなかったです。ただ18〜55ミリが3本になったのは困りものですが。VR有り無しと色違いという事で、無理矢理、納得してます。

カ〜ツ
2009/03/01 23:18
せいちゃんですさんこんにちは!
3月の別れの季節に、D40ともお別れですね。
カメラなのに、ほんとうにお疲れさまという感じになるのがD40の楽しいところで生産は終了しても変わらず皆さんに愛用されていく名機だと思います。
blog管理
2009/03/01 23:49
Msuimdaさんこんにちは!
以前おはなしされていましたね。そのD40はその後も愛用されているようでよかったですね。D60の後継は12MPクラスになりそうですね。
blog管理
2009/03/01 23:51
yasu-beさんこんにちは!
粋なD40の引き際の美学というやつですかね。
D40は生産終了でも部品は約8年は保有されますからまだまだ使っていけますね。4万カット!シャッターを交換したら教えてください!(笑)
blog管理
2009/03/01 23:54
昇り龍さんこんにちは!
同じD40でもXは短命に終わりましたがD40のいいところを引き継ぎD40を側面から支える役割をしっかりと果たしましたね。一時期盛んに持ち歩かれていましたよね。また時々外に連れだして新鮮な気持ちを味わうのもいいと思います。D40もD40xもいいカメラでしたね!
blog管理
2009/03/01 23:59
う〜さんさんはじめまして!
プロのかたのD40の使いかたや撮影シーンのおはなしはとてもためになります。D40のシンクロの特徴をうまく使いこなして日中シンクロで活用されているのはなるほどなと思いました。プロのかたですと撮影機材の重量も重要な問題になりますからその意味でもD40は活躍の余地があるのですね。いつかは来ることなのでしょうがD40の終了は残念な感じになりますね。
D40の価格ですがご存知かとは思いますが参考までにblog管理とある下のURLにリンクしておきます。安いところはかなり安い価格になっているようです。
blog管理
URL
2009/03/02 00:07
Toshiさんこんにちは!
D40のレンズキット格安ですね!ボディだけならもっと安いので上記コメントのお返事にリンクしたURLのところをクリックしてみてください。買ってしまうかもしれませんね!(笑)
blog管理
2009/03/02 00:11
ささサンこんにちは!
自分も思いで深いです。というか、いまもD40は現役なのでまだ思いで深いというのはちがうかもしれませんけど。ささサンはD40を使い込んでましたからね。
あの記事は話題騒然だったのではないでしょうか。
実物をみせてもらったときの感動は、いまでも昨日のことのようにおぼえています。素晴らしくかっこいい仕上がりでしたよね。ファインダーのチョイスがD40スペシャルのきもでしたね。手元に置かれて末永く楽しまれてください。またみせてもらいたいと思いますし!
blog管理
2009/03/02 00:16
カ〜ツさんこんにちは!
D40シルバーモデルご購入おめでとうございます!
298ですか!それは買うしかないですね。
キットレンズ3本は、それぞれちがいがあるので十分納得ですね!特にシルバーはもう入手困難になると思いますし。ボディと合わせてシルバーのD40はかっこいいと思います。いいお買いものでしたね!
blog管理
2009/03/02 00:22
ケイさん、有り難うございます。考えてみればVR有る無しで随分、描写が違うらしいですね。最近のレンズはどれも良く写るので、あまり撮り比べはしてませんでした。今度、試してみます。でもD40が2台にD60の3台体制は街中ではマヌケです。しかも3台とも18〜55ミリ。友人には呆れられました。55〜200もVR有り無しで二本あるし。我ながら馬鹿ですね。でも懲りずにDX35ミリを待ってます。でも薄型のDX20ミリとかDX24ミリが出たら最高なんですが。
カ〜ツ
2009/03/02 00:51
そろそろ新機種の足音が聞こえてきてますので、仕方ないとはいえ、やはり一抹の寂しさが出ますね。
私がNikonというブランドを再認識し、若干毛嫌いしてた面を一新した、自分にとってもかけがえの無い一台です。
D300との2台体制で出番は少なめですが、レストランなどでチョットスナップ等には、小型で威圧感がないので重宝してます。
sharlytemple@会社
2009/03/02 09:53
いずれはこの日が来ることは分かっていましたが、やはり来てしまうと寂しいですね。それでもデジタルカメラとしては異例の長寿命モデルとなったのは、ある意味現行モデルではライバルのいない孤高の存在だったからかもしれません。
ロースペック(あくまで他のデジタル一眼レフと比較して、という話であってD40が性能的に劣っているということではありません)ゆえにかえって陳腐化しなかったというのも一因かなあって思ったりもします。

歴代ニコンデジタル一眼レフでも屈指の優れたデザインでもありましたね!夜間スナップもどんと来いの小さくて頼れる相棒、これからも大切に使っていきます♪
yamataka
2009/03/02 15:19
カ〜ツさんこんにちは!
いえいえ、どういたしまして!
そうなのです。VRありなしとかEDかどうかで少しずつちがいがあってそのちがいを楽しむというのも十分にありだと思います。あまりそのちがいを楽しめるかたもいないと思いますし。同様に55〜200もちがいがあり楽しめると思います。D40とD60の3台体制にそれぞれにWキットのレンズを1本ずつプラス今度でる新しいDX35mmをつけての3台なら今度は理想の体制になりそうですね。ということでDX35mmを皆さんで買って次につなげていきましょう!(笑)
blog管理
2009/03/03 00:56
sharlytemple@会社さんこんにちは!
D40というカメラはなぜか愛着のわくモデルでいなくなるさびしさを感じるモデルですね。sharlytemple@会社さんにとっては、かけがえのない1台ということですからなおさらですね。これからもお互いに愛用していきましょう!
blog管理
2009/03/03 01:01
yamatakaさんこんにちは!
そうですね。いつかは終了になると思っていてもいざそうなるとなぜかD40はさびしい感じになりますね。
DSLRも例外なく画素数がどんどんアップしていくなかで600万画素のD40がここまで長寿でいたことやいまでもランク上位にいるのは痛快でもありますね。
おっしゃるようにD40のデザインのよさも特筆にあたいするものと思います。それはD40x・D60と引き継がれたことでも証明されましたね。D5000のデザインにD40のDNA生きているのかきになりますね。
blog管理
2009/03/03 01:08
ニコン D40の終了が正式にアナウンスされました きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる