きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS キヤノンフレックスから50周年と思ったら!

<<   作成日時 : 2009/01/06 23:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 8

 キヤノンは1月6日に、同社が一眼レフカメラを発売してから今年で50周年になることを発表しました。実はといってはなんですが、キヤノンの一眼レフの歴史も長いものがあります。キヤノンの一眼レフで自分が意識した最初のカメラはキヤノンFTbでした。

 実はと書いたのは自分が知らなかっただけのことで、キヤノンフレックスというカメラの名称は、知識としては知っていましたが、いまから50年も前の1959年の5月に発売されたということは知りませんでした。

画像


画像


 では、ニコン初の一眼レフ、ニコンFはいつだったかなと改めて調べてみると、(調べるまでもないのですがと一応書いておきますが)キヤノンフレックスの発売と同じ、1959年の5月に「発表」されていました。なんという偶然なのでしょう。50年前にすでにライバル関係の宿命は運命付けられていたのでした。

画像


 キヤノンでは昨年、2008年の12月末で、5.368万台もの一眼レフの累計生産台数を記録しています。対するニコンはといきたいところでしたが残念ながら調べた範囲で資料がみあたりませんでした。

 そのニコンとしては、一眼レフの生産開始50周年という記念もあるでしょうが、やはりFの誕生50周年という意味合いのほうが大きいのかもしれません。2009年は、ニコンFの誕生50周年というほうがなんだかしっくりきます。

 1959年(昭和34年)5月に発表された、ニコンFの当時の日本光学工業が掲げた設計のポイントは以下のようなものだったという。1、最良の品質、2、使いよさと多能性、3、自動化。

 しかし多くのユーザーの使用実績から見た評価は、A、高性能で豊富なF用ニッコールレンズ群、B、抜群の耐久性、C、一眼レフの欠点を最小にした使いやすさ、D、モータードライブなど広い撮影領域をカバーする高性能で広範なアクセサリー、というものだった。(ニコン物語 第5回 遡るニコン史 Nikon F より)

 どうしてもはなしがキヤノンから脱線してしまいますが、両社ともに一眼レフの生産開始50周年ということではその歴史的な記念となるような一眼レフ、もちろんデジタルだとは思いますが記念碑的な位置付けになるような新モデルをだしてくれるのではないかとの期待も高まります。うわさではキヤノンからEOSのフラッグシップとなる、EOS-1Ds Mark W が早い時期に発表されるのではないかとされ期待が高まっています。

 D3Xをだしたばかりのニコンからは、50周年にふさわしいカメラの登場はあるのかきになりますがぜひ期待に応えてライバルに負けないようなモデルの発表をおこなってもらいたいと思います。


【資料】
Canon
ニュースリリース 2009年1月6日
キヤノンの一眼レフカメラが発売50周年
1959年の発売以来、累計生産台数5,000万台を突破
http://cweb.canon.jp/newsrelease/2009-01/pr-slr.html

CANON CAMERA MUSEUM
キヤノンカメラミュージアム
カメラ館 フレックス
http://web.canon.jp/Camera-muse/camera/film/data/1956-1965/1959_flex.html?categ=crn&page=1956-1965&p=1
カメラ館
http://web.canon.jp/Camera-muse/camera/index.html
キヤノンカメラミュージアム
http://web.canon.jp/Camera-muse/index.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい
ナイス

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
キャノンフレックスについては私も2年前まで知りませんでした。
ジャンク品の中から見つけたのですが、今でもちゃんとシャタッターは切れます。
私の大切なコレクションの一つです。
tardy
URL
2009/01/07 08:22
こん○○わ&あけましておめでとうございます。
なるほど〜ニコン/キャノンは創生のころから運命的なライバルなんですね。

ちなみに僕が始めて触った一眼レフは↓です。
http://www.canon.co.jp/Camera-muse/camera/film/data/1966-1975/1969_exee.html?categ=crn&page=1966-1975
親父が持ってたものを使わせてもらってました。今でも実家の押入れを探したら出てくるかもしれません。交換レンズ(前玉ですが)も50mmと35mmと125mmがあったはず・・・。まぁ一生懸命探して仮に発掘できても、あまり意味ないかもしれませんけど(笑)
るび夫
2009/01/07 15:22
tardyさんこんにちは!
tardyさんも知らなかったのですから自分が知らなくてもセーフですね!(笑)それにしても写真のフレックスかっこいいですよね。それで、これを入手されていたのですか。貴重なコレクションになりましたね!
ブログでカメラのお写真をぜひお見せください!
blog管理
2009/01/07 16:21
るび夫さんこんにちは!
新年明けましておめでとうございます!
そうなんですね!こうして整理してみて初めてしる事実という感じでした。同じ59年の5月に一眼レフを発売と発表ということでした。この時永遠のライバル誕生。EXEEは自分もみたことがあります。またこの時期ぺリックスもあったと思うのですがそのファインダーものぞいたこともありますよ。一眼レフの黎明期のカメラにはおもしろいものがありますよね!発掘できたらそれは宝物になると思いますよ!
blog管理
2009/01/07 16:26
ケイさん、またまたおはようございます。
るび夫さんのカメラも有りますよ。
(EXEEではなくEXAUTOですが)
コレクションはこのあたりを探してみてください。
http://jizi.no-blog.jp/blog/2008/03/index.html
tardy
URL
2009/01/08 08:21
tardyさんこんにちは!
すみませんでした。みたことを忘れてました。
今回改めてみると、なつかしいカメラがいくつもありました。トリップ35は子供のころの愛用カメラでしたし、OMシリーズのペンタ部にネジでつけるホットシューもなつかしいです。K2はいいなとあこがれのカメラでしたし富士の一眼は当時レンズに興味深々でした。
カメラは楽しいですね!
blog管理
2009/01/08 22:17
こんばんは。
私にとってのキヤノンと言えば....
某鉄道雑誌の裏表紙を飾っていたAE-1やA-1に憧れたものです。
F-1はその良さが若造には判らなくて....
ニコンに憧れつつもFAに憧れてもF3が何故良いのかが判らなかった....のと同じかも知れません。顔から火が出る思いですが....(笑

キヤノンフレックスは昔雑誌で読んで存在を知りました。
その時は既に頭の中も持ってる装備群もナイコンと化していた為気に留めていなかったのですが....

まさか難しいと思っていたF-1を持つことになるとは思っていませんでした。


URL
2009/01/09 23:38
虎さんこんにちは!
AE-1やA-1は当時の若いひとには憧れのカメラだったと思います。ニコンのFEとかはものたりないものがありましたからね。F-1はごっつい印象でした。
特にモータードライブをつけるとすごい感じで。
むかしは持つことを想像もしなかったカメラをいま持つというのも楽しいことですよね。そいう楽しみがカメラにはありますよね。特にいまは中古カメラも選べていい状況かもしれませんね。
blog管理
2009/01/10 00:15
キヤノンフレックスから50周年と思ったら! きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる