きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS 今月のカメラ雑誌からきになる記事は!【2月号前編】

<<   作成日時 : 2009/01/20 23:58   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 16

 今月号は個人的な趣味によりアサヒカメラからの紹介となります。朝刊の広告にでていたアサヒカメラの内容をみてすぐに読みたくなった記事があったためなのですがその特集をじっくり読んでいるだけで時間がなくなってしまいました。

 その広告の見出しをみて頭がいっぱいになった特集とは、『50mmレンズ大特集 フルサイズ・デジタル一眼レフ時代到来 魅惑の50mm標準レンズ』という巻頭特集で、Part 1とPart 2にわかれて前半では50mmレンズの由来から美味しく使う方法、今日国内でも発表されたカールツアイスのプラナー50mmF1.4の簡単な紹介や、ニッコールの新旧50mmの記事と設計者のインタビューなど盛りだくさんの内容。

 なかでも、AF-S NIKKOR 50mm F1.4G の設計者のかたのおはなしは一読の要ありという感じでインタビュー自体は短いもののこれはお勧めです。そして、Part 1 の盛りだくさんはまだまだ続きキヤノン、シグマ、ミノルタ、オリンパスと各社の特筆すべき50mmレンズの紹介が続きます。オリンパスは100mm相当になるという突っ込みはこの際なしのようです。

 このなかで、シグマの開発者のかたのインタビューもぜひお読みいただきたいと思うもので、なるほどという感じの内容でした。これも一読の要ありです。そして、Part 2 になるわけですが、後半はニッコールのおはなしで終始していますので、読みたいと思うかたとそうではないかたにはっきりとわかれるかと思いますが、戦後の日本の標準レンズの変遷史という読みものとしても楽しめるのではないかと思います。

 もちろん個人的にはとても楽しめる内容で、マニュアルフォーカスの50mmのおはなしが満載で、デジタル時代もフルサイズ機の充実でようやく50mmが本来の標準レンズとして、その個性を楽しめるいい時代がきたということで、早くフルサイズを入手しなくてはと改めて実感させられることとなる特集でもありました。

 『ニコンFで撮る MFニッコール50ミリ10本勝負』という特集では歴代のニッコールレンズの50mmを取りあげ解説をしています。『ニッコール千夜一夜物語』などですでに読んでいるような内容も多々ありましたがそれでも楽しくなってしまうのは、50mmというレンズの持つ普遍的な魅力のせいでしょか。そのむかしお金もなく最初に買ったボディとレンズ(50mm)だけで、うれしくて撮影していた時間が長かったので余計に思い入れがわいてくるのでしょうか。

 アサヒカメラではほかにも、写真の縦位置・横位置の徹底研究や前月号に続く、銀塩VSデジタル対決第2弾、キヤノンの新旧ということでF-1とEOS-1Ds Mark U との対決ほか、こんなに使えるママカメラ!といったエントリー機の魅力紹介特集などおもしろい特集が組まれています。今月号のニューフェース診断室はソニーのα900です。

 次は、デジタルカメラマガジン(DCM)です。今月はこのDCMでもレンズの特集をおこなっていて、それも単焦点レンズの特集となっています。その巻頭特集は『知りたい!買いたい!使いたい!!!デジタル時代の単焦点レンズノススメ』ということで、DCMとしては初めての単焦点レンズの特集なのだとか。

 特集は「プロ写真家の見せる語る単焦点レンズの魅力」ということで各登場プロのお気に入りレンズで撮影されたグラフから始まります。そしてDCMの読者層を意識してか単焦点レンズの疑問に答えるQ&A、使い方と続き、DCMで活躍するひとりのカメラマンが選ぶ「魅惑の単焦点カタログ」と続きます。

 アサヒカメラとちがいこの「魅惑の単焦点カタログ」はどちらかというとキヤノンユーザーのかた向けというラインアップという感じで、8本紹介されているレンズのうち、キヤノン用レンズが5本で、たまたまニコンマウントのシグマが1本ありそれも入れると6本もキヤノン向けの紹介記事となっていました。新しいところではEFの新しい24mmL U や、コシナから発表されたばかりのZEの2本などが魅惑のレンズとして紹介されています。終わりはペンタックスのパンケーキレンズを使ってのスナップの撮りかたという特集の内容でした。

 DCMでも始めに書いていますが、初めての単焦点レンズ特集なのでしょうがないのかもしれませんが少しものたりない感じで、内容をもっと単焦点レンズそのものに絞って各社から豊富にでているマクロレンズも取りあげてもよかったのではないかなと思いました。

 今月の技術者インタビューは、富士フイルムの、スーパー CCD ハニカム EXR の開発者インタビューで、「独自のカラーフィルター配列で「人の目」に挑戦する」という興味深い見出しがあり、これは時間のあるときにゆっくり読みたい感じです。


 今月号のアサヒカメラは、ニコンファンのかたには文句なくお勧めかなと思いますが、50mmレンズが好きというかたにもお勧めだと思いました。両誌ともほかにも、ここで紹介できないほど興味深い記事が満載なことはいうまでもありません。


【解説】
 このブログのレギュラー購入のカメラ雑誌は、アサヒカメラ、CAPA、月刊カメラマン、デジタルカメラマガジン(DCM)の4誌になります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
50mmレンズ、数えてみたら6本ありました。Tessar、Pancolor、Planar、Yashica・ML(2本)、Summicron、どれもそれぞれの持ち味があって他に代えがたいのですよね。フルサイズで標準として使用するのは、ああ、いつの日か・・・?
amselchen
URL
2009/01/21 00:22
こんばんは〜。
私も今日はケイさんが紹介しているアサカメの記事を会社帰りの電車の中で読見ながら帰りました。
本当に久々に読み応えのある内容が盛りだくさんです。
Toshi
URL
2009/01/21 00:23
おはようございます。私は日本カメラとカメラマンを買いました。デジタルカメラマガジンは読みたい記事がなかったので買いませんでした。日本カメラはα900のテスト記事で買いました。カメラマンはデジカメの比較記事が良かったので買いました。でも、各社とも冬休み明けかいまいち内容が乏しく感じました。アサヒカメラも買うつもりです。
Msumida
2009/01/21 07:53
現在は初心者キットからズームレンズ付ですが、かつては最初は標準レンズ一本きりというのが普通だったんですよね。
50mm特集ということですが、タクマーは採り上げられていないのでしょうか。同じ標準レンズでもF1.4は高嶺の花で、初めて使ったレンズはセミオート絞りのオートタクマー55mmF2。次が本当のオート絞りのスーパータクマー55mmF1.8で、50mmF1.4にたどり着いたのはずっと後になってからでした。
スーパータクマー55mmF1.8はポートレートに、夜景に、接写に、複写にと大活躍してくれました。
そういえば最近は皆さん、最初からマクロ・レンズを使うんですよね。かつては接写リングやリバースリングがお馴染みだったのですが。
ズームとマクロ。時代の変化を感じますね。
ダイダラボッチ
2009/01/21 08:53
こんにちは!
私もアサヒカメラは店頭で見かけて即買っちゃいました(笑)
MFニッコール50mmの特集、面白かったです。勉強になりました。

今月はデジタルカメラマガジンも巻頭で単焦点レンズの特集を取り上げていたり、CAPAのレンズ大賞はシグマ50mmF1.4だったりと、単焦点づいていますね。これは手の届く価格帯のフルサイズのモデルが増えてきたことや、デジタル一眼レフがある程度普及していて、当初キットレンズやズームレンズを使ってきたユーザーが新しい表現を求めて単焦点にも興味を持ち出したのかなあなんて想像してしまいました(笑)
yamataka
2009/01/21 09:48
おお〜、まだ今月号はチェックしていませんがアサカメは買い確定ですね!
APS-C全盛だった数年の間は忘れられていた?感がある単焦点50mmですが、フルサイズデジカメでは使い勝手良いので復活でしょうか。
私も最近気楽に散歩する時にはEOS5D+好みの標準単焦点一本というのが楽しいです。
ささ
2009/01/21 11:53
amselchenさんこんにちは!
50mmが6本といっても、いずれも手放せないものばかりで、5DMK2にアダプターで楽しみたいところですよね。ボディの価格はどんどん低価格化していますしレンズさえあればいずれ楽しめるわけですから!
blog管理
2009/01/22 23:14
Toshiさんこんにちは!
Toshiさんの購入までに記事が間に合わなかったかもしれませんね。すみません。今回のアサヒカメラの記事はこれだけで買ってもいいですよね。今回はほかにもどのカメラ雑誌を買われたのでしょうか。
blog管理
2009/01/22 23:20
Msumidaさんこんにちは!
今月のDCMはね〜。。同感です。
カメラマンの対決記事は楽しいですね!今月号のアサヒカメラはお勧めしておきます!
blog管理
2009/01/22 23:22
ダイダラボッチさんこんにちは!
アサヒカメラの記事で、ペンタックスは今回紹介されていませんでした。むかしは標準レンズをまずボディとともに購入というパターンでしたよね。そのころはマクロレンズは特殊レンズという感じで最初に買うということは一般的ではなかったですよね。ペンタックスはそのころカタログにSMC(マルチコーティング)を誇らしげにうたっていてあこがれました。
使われるレンズの変遷にも時代性を感じますね!
blog管理
2009/01/22 23:32
yamatakaさんこんにちは!
今月のアサヒカメラは、yamatakaさんなら購入しないわけがないと思っていました。ニッコールオートの時代のレンズを所有されているわけですからね!
最新の単焦点レンズで特集が組めるまでに各社からいいレンズがでてきだして、フルサイズ機はまだまだこれからが本番なんだなと改めて感じました。今年から来年にかけてどんなフルサイズがでてくるのか楽しみです。
フルサイズ機も普及してレンズの要望も一層高くなっていると思います。単焦点の楽しさが味わえるフルサイズの普及はレンズの開発といううれしい状況をうんでいますね!
blog管理
2009/01/22 23:41
ささサンこんにちは!
ささサンの購入に間に合ってよかったです!(笑)
アサヒカメラはお勧めです!やはり50mmで写真を楽しみたいと個人的にも思いますので復活はうれしい限りです。お散歩に5DMK2に好みの標準レンズ1本とは粋ですね!
blog管理
2009/01/22 23:45
今月はアサヒカメラだけ買いましたが、読み応え充分ですね。Fで撮る50mmの特集は、あらためて50mmを使ってみたくなる内容で、手持ちの「S Auto 50mm F1.4」を、なんとしてでも完全に整備したくなりました。
10本全部そろえたくなった人も多いのでは?
新しい50mmレンズでは、そのうちAF-s 50mm F1.4Gを買うつもりでしたが、シグマの50mmも魅力的ですね。シグマが本気で作ったなら、買うしかないのか?と、悩みが増えました。
それにしても今月のアサヒカメラは、危険な読み物ですね(笑)
58Caddy
2009/01/23 14:36
58Caddyさんこんにちは!
今月号のアサヒカメラですごい決意をかためられたようですね!ぜひ50mm装備してください!ニコンのGとシグマの50mmどちらも使ってみたいですね。
PIEでシグマの50mmはカメラにつけてみせていただきましたが、かなり大きかったですよ。85mmの大口径をつけたような感じでした。今月号のアサヒカメラに関しては同感です。(笑)
blog管理
2009/01/24 00:37
こんばんは。
私も遅ればせながらアサカメを読んでおりました。

シグマの50mmは結構良いみたいですね。
年末に神戸・元町のカメラ店でこれお奨めですと言われたのがシグマのレンズでした。
新しいニッコールよりも良いような言い方をされてましたが....
比べるにも元手が....(苦笑

新しいカメラを手にした後も、標準レンズは50mmという刷り込みをされていた為か、なんやかんやで50mmのレンズは購入していましたね。

手元には、スーパータクマー55mm/F1.8と、
S・C AutoのF1.4、AiのF1.4s、AiAFのF1.8D、
そして何故か最近戦列入りしてしまったnewFDのF1.4が有りますが....
撮り比べてみるのも楽しそうですね。

URL
2009/01/24 21:21
虎さんこんにちは!
アサヒカメラ読まれましたか!つい新しい50mmに思いをはせてしまいますよね。シグマの50mmをお勧めされましたか。これは話題のレンズなだけに興味深々な1本ですね。いろいろと50mmはお持ちのようでこれからデジタルで比較して楽しむことができますね。
自分もマクロを含めると3本あり、それでもニコンの新しいのとかシグマとか興味津々になっていて50mmの魅力には不思議なものがありますね。
blog管理
2009/01/24 23:55
今月のカメラ雑誌からきになる記事は!【2月号前編】 きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる