きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS ニコン塾がニコンカレッジとなり1万人の受講を待つ!

<<   作成日時 : 2009/01/16 23:58   >>

面白い ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

 ニコンは1月13日に、いままで開講してきた「ニコン塾」のリニューアルを発表しました。2000年の5月から開講されてきた「ニコン塾」をさらに受講希望者の要望を取り入れて大幅にリニューアルすることにしたもので、2009年4月から「Nikon College(ニコンカレッジ)」として新たにスタートさせるという。

 ニコンの説明によると、受講者の増加と多様化に対応するため「ニコン塾」では順次講座の種類や実施回数を増やしてきたが、デジタル一眼レフカメラの普及にともない受講希望者が増加するとともに受講希望者の目的や習熟度が多様化していたという。このような変化に対応するために「ニコン塾」を「Nikon College(ニコンカレッジ)」として今年からリニューアルすることにしたという。

 リニューアルされる「ニコンカレッジ」の詳しい内容は資料のプレスリリースをご一読いただきたいと思いますが、リリースを読むとかなり気合の入ったリニューアルとなっていて、このニュースを取りあげることにしました。

 すごいなと思ったのは講座数の増加でした。講座数を年間で合計約500回という回数で大幅に増やして最大で延べ1万人の受講者を受け入れるという気合の入りようです。クールピクスの講座も新たに開設して、大阪で「ニコンカレッジ」を常設化するとともに地方会場での講座数も増やして東京近郊以外のかたも受講しやすくするという。

 ほかにも、カリキュラムの体系化やプロ写真家による講座も強化するほか、講座修了者向け撮影ツアーを海外を含めて、年間20回以上と倍増し、写真展なども展開していくという。

 「ニコンカレッジ」の開講時期は、2009年4月を予定しているといい3月上旬にニコンイメージング・ホームページ(www.nikon-image.com)、および全国のショールームとサービスセンターでカリキュラムを発表して受付を開始する予定だという。

 昨年の年末には景気の影響を受けだして、コンパクトデジタルカメラの販売が減少しだしているようで、それはいまのところ好調に推移してきたデジタル一眼レフにもいつ影響してくるか予断をゆるさない状況のようで、今回のニコンが発表したようなユーザーに対する手厚いサポートは、そのマイナスを少しでも緩和する手段としてとてもいいことなのではないかと思いました。

 ソニーでも方法はちがいますが、「春の“α”体験会」を6都市で開催してユーザー層の獲得に乗りだすようです。ニコンのリリースをみていて、すぐに販売に結びつくことにはならないのかもしれませんが、ニコンカレッジとは別にホールを借りて、ニコンの技術紹介や新製品のすごさをアピールするなどのニコンミーティングのようなものを開催してもいいのではないかと思いました。

 ニコンの技術者のかたが実際に演壇に登場して、たとえばD3のノイズを少なくするための、ブレークスルーとなった技術の開発秘話とか、D3Xのセンサーがなぜ高価なのかや、新生NIKKORレンズの開発に秘められた技術のおはなしなど、きっと会場は盛り上がることと思います。

 いままでニコンは自社の技術を公の場で自慢するというようなことはしてきませんでしたが、この100年に一度ともいわれる非常事態にはそんなこともきにしないで、抜けぬけと自社の優れた技術をおしみなく紹介してニコン製品の購入意欲の後押しをしてもいいと思います。

 そういう会に来るようなオピニオンとなるようなかたは、きっとブログなどで内容を紹介してニコンにとって格好の口コミ宣伝につながるのではないかと思いました。少なくとも自分はそういう会でいろいろなおはなしを聞きたいと思いますし、参加したらここで内容について書くと思います。


【資料】
PRESS RELEASE/報道資料 2009年1月13日
写真教室「ニコン塾」をリニューアルし「Nikon College(ニコンカレッジ)」に
Nikon College 開講のお知らせ
http://www.nikon.co.jp/main/jpn/whatsnew/2009/0113_college_01.htm

【資料】
春の“α”体験会
札幌・仙台・東京・大阪・広島・福岡
期間 2/14(土)〜 3/8(日)
http://www.sony.jp/products/Consumer/dslr/community/event/09seminar/

【資料】
ASCII.jp
デジカメ市場、厳しい冬の実態
極寒!2ケタ減のデジカメ市場、底冷え続く
http://ascii.jp/elem/000/000/206/206191/index-2.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ぼくも、いろいろな話の聞ける、ニコンカレッジに参加したいと思います。

ぼくは、Nikonに限らず、いろいろなメーカーのセミナーに顔を出してますが、直接プロの写真家の方から話を聞けたり、技術者の説明が聞けたり、得られるものは大きいですね。

梅田のNikonPlazaに行った時も、プロの写真家のセミナーの開催をお願いしていたんですが、これで実現しそうですので楽しみです。

>すぐに販売に結びつくことにはならないのかもしれませんが
以前でも、購入を考えている人を対象としたセミナーがありましたので、その成果がわかっているんだと思います。ぼくもD200のセミナー出て、迷ってたD200買ってしまいましたから。D300のセミナーの時は、購入しませんでしたが.....。

余談ですが、「春の“α”体験会」の紹介もされていたので、“α900”体験セミナーを思わず申し込んでしまいました。Nikonのカメラと比べて、メカ的にα900は中級機以下だと思うのですが、もともと銀塩はα使いでしたので....。
Hiroyuki
URL
2009/01/18 02:02
Hiroyukiさんこんにちは!
そうですね!今年のニコンカレッジにはさらに期待できそうですね。プロのおはなしは自分も聞きたいです。
購入対象者向けセミナーがあったのですか。以前D2Hがでたときに少人数のセミナーがありあれは購入を考えているかたにはいいなと思いました。D2Hは買いませんでしたが。(苦笑)αのイベントの件、お役に立てたようで紹介してよかったです!イベントでα900のことをよくわかっている、Hiroyukiさんからさらなる強化を提言してきてください!
blog管理
2009/01/18 22:57
ニコン塾がニコンカレッジとなり1万人の受講を待つ! きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる