きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS D3Xを見学にニコンプラザ銀座までついでに寄り道も!

<<   作成日時 : 2008/12/06 23:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 10

 今日は天気もよく午後になり銀座までお散歩にいってきました。銀座までいった理由はもちろんD3Xをみてくることともうひとつ、この経済状況の逆風のなか国産ピュアスポーツとしてD3Xの発表と同じ12月1日に発表されたクルマをみることでした。

 ニコンプラザ銀座に早速いってD3Xをみてきました。このブログの読者のかたですでにみてこられたかたのコメントで、テスト撮影をしてみて、解像感が凄くてかなり遠くの文字がカメラのモニターで拡大してもきちんと読め、さすが24MPだと思った。AF-S 50mm F1.4Gとの組み合わせはとても相性が良さそうでした。という報告をいただいていましたが、正にその通りという感じでした。

画像


 また今日はD3Xのプロ写真家向けの発表会がおこなわれたようで、早速そのようすもコメントでいただきました。それによると、D3Xの画質と価格に納得できるかと言われれば納得でした。ということで、セミナーで一番驚いたのは倍率色収差の処理とレンズの性能差で、これをみて、ニコン復活という印象を持たれたとのことでした。なんだか感動がコメントからあふれれだしている感じを受けました。

 もう多くのブログや写真情報サイトで画質やISO感度別の画像が多くアップされているので、それをみていただけばいいかということで、順番待ちのかたも複数いたことから、テスト撮影は今日はしてきませんでした。自分の前にD3Xを試されていたかたがとてもスタイリッシュな服装の美人だったことが印象的でした。

 個人的な感想は、カメラ部分はとなりに置いてあるD3とも比較しましたが、全く同じと感じたことでした。そして、上にも書きましたように、撮影した画像を一番大きく拡大しても画像がシャープにみえて、拡大率が低いのかなと錯覚を覚えるほどでした。D3XにはAF-Sマイクロの60mmがつけられていて、別に係りのかたに新50mmをみせてもらいました。

 D700につけられた、AF-S NIKKOR 50mm F1.4Gは、ほんの少しだけSWM(超音波モーター)の動きがおそいのかなという印象もありましたが、これは計測したというわけではないので単なる印象ですが少しだけきになりました。係りのかたの説明によるとコマ収差なども良好に補正してあり、ネオンなどの撮影でもノクトニッコールほどとはいわないもののかなりいい写りをしますと、その解説にも自信を持っているようすがよく伝わってきました。開放から使えるレンズになっているとして、絞りもF2に一段絞るだけで十分とのことでした。これは入手する必要がありそうです。

 距離を変えて開放で試写させていただいた感じは、カメラのモニター上の印象ですが、アウトフォーカス部分の感じもいいように思いました。これは入手してじっくり試す楽しみがありそうな感じです。ニコンプラザ銀座にはD3Xで撮影された大型のパネル写真も展示され(D3Xのパンフレットの1ページ目と2ページ目の写真を引き伸ばしたもの)見入っているかたが何人もいました。

 さてここからはカメラからはなれてクルマのおはなしを書きたいと思います。12月1日はニコンからD3Xが発表されましたが、日産からはフェアレディZが発表された日でもありました。ネットではその姿が先行して公開されていましたが、クルマは実物をみなければということで早速銀座にある日産本社にいってきました。

画像


 銀座には日産のショールームもあるのですが、本社にいったのは屋外に展示してあるZをみたいと思ったからで自然光下でクルマはみたいと思ったからでした。屋外には2台のZが展示してあり、本社1階のショールームには確か5台ぐらいのZのが展示されていました。実際に車内をみることができるのはショールームに展示してあるZだけなのですが、そのどれも順番待ち状態でお客さんの多さに少しびっくりするほどでした。

画像


 室内のインテリアの質感もとてもよかったのが印象的で、また一番みたかったエクステリアデザインのよさも実車をみると写真でみるのとは大違いで、そのボリューム感やクルマの存在感にすごいものがあるなと思わされました。日本のクルマのデザインもここまできたかという感じでした。

画像


モーターショーに行かれるようなクルマに興味のあるかたは、そのエクステリアデザインをみるだけでも価値はあると思う1台なのでお時間のあるときにでもご覧になることをお勧めしておきます。

画像


 D3XもフェアレディZもその評価軸は立場によって大きくことなることが共通点かなと思いますが、どちらも存在する価値は絶対にある日本の素晴らしい工業製品であることは間違いないと思いました。休日のお散歩で感じたとりとめのないおはなしでしたが、日本の最新の工業製品をみる社会科見学ということではいい体験となりました。


【資料】
ニコン
PRESS RELEASE/報道資料 2008年12月1日
ニコンFXフォーマット採用、有効画素数24.5メガピクセルの高精細・高画質
「D3」の機動性・操作性を継承デジタル一眼レフカメラ「ニコン D3X」の発売について
http://www.nikon.co.jp/main/jpn/whatsnew/2008/1201_d3x_01.htm
製品情報一眼 デジタルレフカメラ D3X
http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/slr/digital/d3x/index.htm
AF-S NIKKOR 50mm F1.4G
http://www.nikon-image.com/jpn/products/lens/af/singlefocal/normal/af-s_50mmf14g.htm
THE WORLD IS YOUR STUDIO D3X
http://chsvimg.nikon.com/products/imaging/lineup/d3/d3x-sp/jp/

【資料】
NISSAN
FAIRLADY Z
http://www2.nissan.co.jp/Z/Z34/0812/index.html?page=w10
日産本社ギャラリーでは、Zの全色を展示中とのこと!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
D3xの実力はニコンサイトのサンプル画像で脱帽です(本当にまいった)。。。

ケイさんの記事で車ネタ、本当に久しぶりですね!
私も昨日外食したとき、ちょうどお店の前が日産のディーラーで飾ってあったZをずっと見ていました。

BMWやフェラーリのデザインまでやれる日本人が出ている昨今、あとは裁量権のある人(年配のボーディングメンバー?)の判断力ではないでしょうか。その点、Zのような車は挑戦しやすかったように思います。

国産車のレベルは言うに及ばず、あとはデザインだと思っているのですが、部品を共用することで生じる物理的な制約もあるようですが、今後に期待です。
marusuke
2008/12/07 06:52
おはようございます。D3xは良いカメラに仕上がっていますね。買う気にさせるカメラですが、もう少し考えます。カメラ以外の記事もたまには良いですね。Zは良い車ですものね。
Msumida
2008/12/07 09:03
D3Xのサンプル写真のまつげには参りました。でも値段にも参りました(笑)
スポーツタイプの車は売れないのでトヨタも新しいモデルを出していないなか、フェアレディZをリニューアルした日産には敬意を表したいですね。
もっとも一般庶民には手の届かない車になってしまいましたが(^^);
Toshi
URL
2008/12/07 18:59
いい週末をお過ごしになられましたね♪
そういえばZは子供のころ、憧れのクルマのひとつでした。高嶺の花ふたつ・・・憧れるだけとはいえ、シアワセになりますねぇ(^^)
昇り龍
2008/12/07 22:11
marusukeさんこんにちは!
そうですね。ニコンプラザに飾ってあったパネルも目を見張るものがありました。
クルマねたほんとに久しぶりですね!(笑)もしかしてベンツのF700以来かな。言われて考えてみると海外の自動車メーカーではすでに多くの日本人デザイナーが活躍しているのですよね。フェラーリのエンッツオのデザインもそうですよね。ZのHPの動画をみているだけでもわくわくしてきますよ!こういう感じにさせてくれる国産のクルマは久しぶりですね!実は先日開催された東京モーターウィークにも行ってきました。そのときはスズキのスプラッシュにいたく感心して帰ってきました。あのクルマもデザインがいいですよね。
blog管理
2008/12/08 00:00
Msumidaさんこんにちは!
D3Xも候補に上がっていらっしゃるのですか。
何分高価なお買い物になりますので十分なご検討をされますよう。たまにクルマのはなしもよかったですか!
とてもうれしいです!ありがとうございます。
blog管理
2008/12/08 00:04
Toshiさんこんにちは!
D3Xの値段にまいるToshiさんではないと思ったりする今日この頃です!(笑)1DsMK3をポンとお買い上げになられるToshiさんですから!D3を愛用されている状況で、システムということではD3Xに変えるというのは自然な流れかなと。。すみません勝手なことを書いてしまって。
blog管理
2008/12/08 00:07
昇り龍さんこんにちは!
楽しかったです!(笑)クルマは実際にみないとわからないことがあるもので、先日開催された東京モーターウィークにも放水銃の友人と嬉々として行ってしまいました!その帰りに加賀屋に行ってスタミナ焼きでした。(笑)Zはほんとに素晴らしいと思いました。
いまどうすればZのある生活ができるのかなとつい考えてしまってました。37Lの自動車税とかハイオクの燃費を考えているようでは無理ですね!(苦笑)
それに比べればD3Xなんて安いか!うそですよ。
blog管理
2008/12/08 00:13
Zはキープコンセプトながら細部を詰めてきて良い車に仕上がっているようですね。
ケイさんはZ購入をご予定ですか!?
日本はある意味世界一スポーツカーが手軽に乗れる国ですし、ガソリンも急速に安くなりましたので、乗りたい車があるなら今のうちだと思います。
欧米並みの税&保険料になったらとてもとても....
ささ
2008/12/08 17:44
ささサンこんにちは!
ほんとうにいいクルマに進化しましたね!
マニュアルシフトでクルマが回転数を合わせてくれるという世界初の機能もすごいですよね。
購入など。(笑)でも余裕があればオーナーになってみたいクルマですね!そうそうアメリカなどではスポーツカーの保険がものすごく高いようですね。RX-8はその対策で4ドア4シーターにしたというはなしもありますよね。ポルシェもアストンも4人乗りを開発していますしね。日本はその点まだ恵まれていますね。
blog管理
2008/12/09 01:34
D3Xを見学にニコンプラザ銀座までついでに寄り道も! きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる