きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS ニコンのD3Xが高くなったわけを少しだけ公開?

<<   作成日時 : 2008/12/05 23:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

 ニコンからD3Xが発表され、最もきになるその画像なども少しずつネットにでだして実力のへんりんをかいまみせていますが、やはりよくもわるくも一番の話題は価格に集まるようです。そんな価格に対する疑問を持たれることを見越してか早速説明があったようです。

 アスキーのホームページに、『D3Xの秘密を少しだけ公開 30万円の価格差の理由は?』という記事が掲載されていました。ニコンユーザーの疑問に、正にタイムリーに答えるかのようなタイミングででてきた記事という感じです。

 12月1日のD3Xの発表から二日後の12月3日におこなわれたウェブ媒体向けの説明会で得られた情報をまとめた記事とありましたが、いまはメーカーもウェブ媒体向けの説明会というものを別途開催していることを初めて知りました。

 詳しくは、ASCII.jp の記事を読んでいただくとして、簡単に記事から30万円の価格差の秘密を紹介すると、「実売90万円という価格設定は、主に新規に開発した撮像素子のコストによるもの」だということで、ソニー製といわれるCMOSの価格がD3Xの価格差のコストにしめる大半ということのようでした。

 その、ソニー製のCMOSは、「α900採用のものとは異なり、ニコンがフルチューニングしたという。具体的な改善点に関しては未公開だが、品質基準に関してもフラッグシップ機に相応しい厳しいものになっている」とあり、α900で採用されているセンサーをベースに、ニコンが改良を加えて品質を高めたものということのようです。このあたりは、やはりうわさにでたようにソニー製にニコンチューンを加えたといわれていたことが事実だったようです。

 「ノイズ低減に関しては徹底的にこだわり、効率的に光を取り込み、なるべくピュアな状態でデジタル化するための仕組みを導入している。」ということで、ローパスフィルターの反射防止コートを最適化したり光の透過率を高めるために、CMOS上のカラーフィルターを薄い色に変更するなどの工夫がこらされているという。またD3Xの説明にもあるように、ソニーのCMOSで採用されているオンチップカラムAD変換の仕組みもD3XのCMOSでも採用されています。

 記事を読んでみて、30万円の価格差を納得できたかといわれると「秘密を少しだけ公開」というタイトルにもあるように秘密は少しだけ書かれていて、残念ながら納得するまでにはいたりませんでしたが、ニコン用に作り直したCMOSセンサーの価格が、その生産ロット数の少なさからか超割高にならざるを得なかった苦しい台所事情のようすが少しうかがわれた感じでしょうか。

 これから発売されるカメラ雑誌の技術者インタビューでは、そのあたりの事情はかなり突っ込んで聞かれるのではないかと思われますので、カメラ雑誌の発売を楽しみに待ちたいと思います。


【資料】
ASCII.jp
デジタル 2008年12月03日 23時44分更新
D3Xの秘密を少しだけ公開 30万円の価格差の理由は?
http://ascii.jp/elem/000/000/194/194431/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
家や車のショールームを見ていていつも感じることです。80%の物を100%まで上げようとすると、どうしても値段は20%の追加では済まなくて、割高になっちゃうんですよねえ。

決してベースが悪いということではなく、バランスが大切ということだと思いますが、100%が求められるプロ用の素子はどうしても割高になってしまうということでしょうか。。。
marusuke
2008/12/06 08:49
発表会に行って来ました!
その画質と価格に納得できるか?と、言われれば、私個人の場合納得でした。プロ向けの発表会でしか触れないのかと思いきや、銀座のサービスで誰でも触れます。展示会では撮影セットがあってCF入れれば誰でも撮り放題でしたが、銀座でも撮っていいような感じでした。(間違ってたらゴメンナサイ)セミナーで一番驚いたのは倍率色収差の処理とレンズの性能差でした。もはや誰にも止められない、Nikon復活!ってな印象でした。(ちょっと大袈裟かもしれませんが、時代はNikon!とも感じました)ただ、動きのあるもの(被写体)はD3がいいかもしれません。24MPではブレルと思います。一番気になってた細やかな描写力ですが、12MPではベチャっとしてしまうディティールがほんの少しビシっとしていました。このわずかな差を買うか買わないかの差なのではないかと思う次第でありました。
☆yamakei☆
2008/12/06 19:51
marusukeさんこんにちは!
そうですね。そのような感じの新車を今日銀座でみてきました!あれはいいですよ!新型スカイラインのシャーシーを活かして作られたZは別物という感じの仕上がりでした。
D3Xもみてきましたが、撮ってなんぼのカメラですからね。自分で使ってみたいなと思わせるものがありましたがそれで仕事でもしないとという感じですよね。(笑)
blog管理
2008/12/07 01:19
☆yamakei☆さんこんにちは!
☆yamakei☆さんの感動がものすごく伝わってくるこのコメントを、今日の記事で紹介させていただきました。D3Xいですね!実際に使ってその実力を自分でも試してみたくなる感じです。また、ニッコールの性能テストにはD3Xとなりそうですね。レンズの性能を上げた上で、さらに倍率色収差までカメラで補正できるというのはすごいですよね。高画素のD3Xでさらに倍率色収差補正の効果が効いてくるようですね。
発表会の速報をありがとうございました!またおはなしを楽しみにしています!
blog管理
2008/12/07 01:25
ニコンのD3Xが高くなったわけを少しだけ公開? きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる