きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS EOS-1D Mark V 後継のセンサーサイズを示唆?

<<   作成日時 : 2008/12/24 23:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

 売れゆきもかなり好調な、EOS 5D Mark U ですが、ネットに開発者インタビューが掲載されていました。特にこれといった開発秘話という感じのはなしはない感じでしたがいくつかきになるポイントがありました。

 EOS 5D Mark Uの開発者インタビューが掲載されていたのは、ASCII.jp で、『キヤノン開発者インタビュー EOS 5D Mark II 画作りと動画搭載について聞く』というタイトルで掲載されていました。

 そのインタビューで、ピクチャースタイルについての説明が書かれていました。カメラメーカーでデジタル一眼レフの機種ごとの色の統一を最初におこなったのはキヤノンでしたがそのピクチャースタイルが導入される前まではキヤノンでもカメラごとにそのカメラの想定されるユーザーに向けた色のチューニングをおこなっていたそうです。

 そのクラスごとに違っていた色作りとして、たとえば、ピクチャースタイルを搭載した5D以前の1D系などは彩度をひかえめにしていたといい、10Dはニュートラル、Kissは彩度を高めにしていたという。

インタビューでは、前の機種のEOS 5Dに比べて画作りや色作りに関して聞かれ、

「ピクチャースタイルの「スタンダード」の色作りはKiss系がベースになっています。後処理をせず、いわゆる「撮って出し」する方を狙っています。後処理する方には、1D系の色作りをベースにした「ニュートラル」をご提供しています。「忠実」は別のバリエーションとして商品撮影などをされる方向けです。色温度約5200Kの光源での安定した色の再現が可能です。」ということで、スタンダード、ニュートラル、のベースとなった色作りの秘密がわかり興味深い感じでした。

また、5D Mark U とは別に、ハイアマチュア向けのフルサイズ高速連写系機種の計画を聞かれ、

「フィルム時代にプロ機ですが、連写の速い「EOS 1V」という機種がありました。このカメラはハイアマチュアの方にも数多く使っていただいておりました。そういったお客様のニーズがあることは認識しています。」と、語りハイアマチュアも多く使う、EOS-1D Mark V の後継のセンサーサイズについて、これはなにかしらの示唆をしているかなと深読みしたくなるようなはなしがありました。

キヤノンのデジタル一眼レフに今後、動画搭載モデルが増えるのかという質問には、

「これだけ反響を頂いているということはスチルカメラへの動画搭載についてはもっと考えていかないといけないなと考えています。」と、答え、5D Mark U に搭載した動画機能の思わぬ好反響にキヤノンでは今後ともより真剣に取り組んでいくという感じを受けました。

 最新のBCNランキングでは、4位という高い順位に位置して好調な販売を誇っていました。長らくその後継の登場が待たれていたカメラなだけに、完成度の高さやその評価がランキングの順位に表れているのだと思いました。


【資料】
ASCII.jp
キヤノン開発者インタビュー EOS 5D Mark II 画作りと動画搭載について聞く
http://ascii.jp/elem/000/000/197/197689/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
EOS-1D Mark V 後継のセンサーサイズを示唆? きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる