きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS ニコン11月のシェア1位もDSLRのシェアは混戦模様

<<   作成日時 : 2008/12/22 23:58   >>

かわいい ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 14

 11月のニコンのデジタル一眼レフのシェアがわかりました。それによると、うれしいことにニコンは1位をキープ。しかし2位との差はわずかで今年は最後まで予断を許さない展開は続いているようです。そして年後半から急にシェアを伸ばしているあのメーカーが3位にランクイン。

 BCNランキングの記事によると、11月の月次データーのシェアで、ニコンは、38.1%で第1位を守り、キヤノンは、36.6%で2位という結果に。その差はわずか1.5%と今年はシェア争いでデットヒートの様相となっています。

 今年のニコンとキヤノンのシェアをみると、1月から8月までは、ニコンが全ての月で、シェアトップを獲得してきましたが、1月から9月の集計では、とうとう両社はタイにもつれ込んでいました。ここできになるのが10月はどうだったのかということなのですが、調べたのですがデーターが公表されていないのか申し訳ないのですが探しだすことができませんでした。

 さらに興味深いのは、パナソニックの動向で11月はシェアは、9.4%で3位につけていました。ソニーは7.1%で4位と少し勢いが落ちているのかなという感じです。パナソニックのすごいところは、10月31日から発売された、LUMIX DMC-G1、1機種だけでほぼシェアを獲得していると思われるところです。

 今回のシェアは、BCNランキングの、『撮る楽しさが倍増するかも!? デジ一眼用交換レンズランキング』という記事のなかで公表されていたものなのですが、その「交換レンズランキング」の記事自体もおもしろいものがありました。

 マウント別のレンズ販売台数シェアというものも記事には掲載されていて、そこでは、キヤノンが圧倒的なシェアを誇っていました。キヤノンのEFマウントが、42.4%で1位、ニコンのFマウントが、29.9%で2位、ペンタックスのKAF2マウントが、18.4%で3位、ソニーのαマウントが、8.9%で4位、フォーサーズマウントが、7.8%で5位という結果に。これはあくまでも11月単月のシェア。

 記事ではキヤノンとニコンの売れてるレンズトップ10を一覧表で掲載してありそのトップ10はけっこう興味深いものがありました。キヤノンの一番売れているレンズは意外にもEF 50mm F1.8 Uという標準レンズで、その価格のわりにとても性能のいいレンズということで定評のあるレンズです。

 ニコンではこれも意外なことに、AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF)で、望遠ズームが一番売れていることがわかりました。ニコンもキヤノンも、シグマの30mm F1.4がランクインし健闘していることが印象的でした。

 ニコンでもキヤノンでも、それぞれキットレンズやWキットの次に買うレンズとして望遠ズームを買うということなのか、望遠ズームや高倍率のズームが上位にランクしていることとデジタル専用レンズがやはり売れているという結果になっていました。

 フルサイズ元年とはいえまだまだ交換レンズのシェアに動きがでてくるほどではないようですがキヤノンでは、EF24-105mm F4L IS USM やニコンでは、AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED がランクインしていてフルサイズ機の普及を物語っている感じでした。


【資料】
BCNランキング
撮る楽しさが倍増するかも!? デジ一眼用交換レンズランキング
http://bcnranking.jp/news/0812/081222_12787p1.html

【関連記事】
『ニコン 2008年上半期シェアを制してDSLR販売1位獲得!』(2008/07/04)
http://f2f4d1x.at.webry.info/200807/article_4.html
『ニコン8月もシェア1位獲得!D90も好調なスタート』(2008/09/26)
http://f2f4d1x.at.webry.info/200809/article_26.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス
面白い

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。ニコンとキヤノンだけでなく他社ものびてきて良い傾向ですね。マウントの比率はおもしろいですね。納得することがあるのですが、キヤノン党の方はボディーを2台と高価なレンズを付けて持ち歩く方が多いですね。だから、マウントの比率が高いのでしょうね。
Msumida
2008/12/23 09:36
おはようございます。
カメラ本体のシェアだけでなく、交換レンズマウントのシェアなんてのも出るのですね。
考えてみれば当然か....

電車を撮りに行ったときでも、キヤノンの方はレンズも大口径の長玉という方多いですね。
ニコンは持ってる方は持ってるけどちょっと地味な感じです。
レンズの色がそう見せるのかも知れませんが....(笑

ずーっとニコンだった私も、何を思ったか今は無きFDマウント機材である中古のF-1を買ってしまいました。
火遊びも程ほどにとは思いますが....(苦笑

URL
2008/12/23 10:06
なんと70-300mmがニコンで一番売れ筋のレンズなのですか。
私もこのレンズを使っていますが、非常にコストパフォーマンスに優れた銘玉だと思いますよ。
なにしろFX, DX両方に使えてEDレンズ使用、VR付きで写りも素直でクリアです。これで値段が安いのですから買わない手はありません(^O^)
Toshi
URL
2008/12/23 11:15
1~11月の累計データによると、キヤノンが単独トップに立った

http://bcnranking.jp/award/sokuhou/p2.html

デジタルカメラ(レンズ交換型)
順位 ベンダー
1 キヤノン
2 ニコン
3 ソニー

ちなみに、bcn先月の累計データ公表もキヤノンが一歩リードの結果
nickwolfe
2008/12/23 11:23
EOSKissDがママをターゲットにして成功しましたが、G1はママだけに限らず広く女性うけを狙った感じです。ニコンの木村拓哉氏起用とは違い、モノ自体の魅力で女性が抱く一眼に対する無骨な印象を払拭したのは素晴らしいと思います。女性にだけ魅力かというと、男性にも訴求力は高く、いいモノ作ったなぁという感が大きいです。私だって欲しいなと感じていますもの^^
どりさま
URL
2008/12/23 13:53
こんばんは
以前、キヤノンのコンデジはあまり売れてないとコメントしたのですが、この年末に値段がこなれてきたIXY920ISがどこのお店でも一番売れています。
反面、ニコンは売れなくなってきています。

一眼に関してはキヤノンのヘルパーさんがどこの店にもいるのに対し、ニコンのヘルパーさんはあまり見かけないこともあって、営業力でキヤノンが売れている感じがします。

パナソニックのG1はどのメーカーの営業さんも予想外のEVFの見やすさにビックリしており、売れ行きにも反映されている感じです。
beat
2008/12/23 22:37
Msumidaさんこんにちは!
そうですね。ニコンとキヤノンがそれぞれ40%ということがなくなりつつあるようですね。このようなマウント別の売り上げ比較があるのは知りませんでした。
まあちょっと考えればPOSの普及でどんな売り上げでも簡単に集計できてしまうのですよね。
blog管理
2008/12/24 00:54
虎さんこんにちは!
そうなんですよね。考えてみればPOSの普及でどんな集計でもできるわけですね。キヤノンは白レンズが目立ちますね。でもニコンはライトグレーをやめて正解だったかも。F-1にFDレンズのご入手、おめでとうございます。たまにちがうカメラを使うと新鮮でいいと思います。むかし興味のあったカメラもいまでは入手しやすい感じですから、安いといってどんどん買うと危ないかもしれませんね。
blog管理
2008/12/24 01:00
Toshiさんこんにちは!
そうなんですよ!このことを、Toshiさんにお知らせしたくてこれを書いたようなものです!(笑)
Toshiさんのお気に入りの1本ですからね。Toshiさんのブログでこのレンズを認識した感じで、Toshiさんの有益な記事にはいつも感謝しています!
blog管理
2008/12/24 01:04
nickwolfeさんこんにちは!
情報をお寄せいただきありがとうございました。
ということはいよいよシェアの行方が混沌というかわからなくなっている感じですね。ニコンもキャンペーンの期間を延長するわけですね。来年始めの結果が楽しみになりましたね。
blog管理
2008/12/24 01:07
どりさまさんこんにちは!
G1ですが、記事にしようかなと資料を集めていましたがいまひとつ乗らなくて書かずじまいでした。
でも海外ではカメラオブザイヤーに選ばれたり、国内の情報サイトではG1の解像力がすごいと絶賛されていますよね。だけどいろいろな紹介記事の画像をみるとどれもどこにピントがきているのかなと思う写真を平気で掲載していたりで、その性能と作例写真のギャップがありすぎな印象です。あくまでも個人的な印象ですが。
パナソニックもそのあたりをチェックしないとG1の印象を左右しかねない感じなので注意したほうがいいでしょうね。おっしゃるように、カメラにしてもほかの製品にしても、特にクルマなどはその製品の魅力ということがこれからはより一層大切な時代になるでしょうね。
blog管理
2008/12/24 01:17
beatさんこんにちは!
コンパクトはキヤノンの巻き返しがありましたか。
DSLRでもそのような感じですね。やはり営業力の差は大きいようですね。G1は営業のかたのお墨付きとあれば一般に売れないわけがないですね。なるほど。
貴重な情報をありがとうございました!
blog管理
2008/12/24 01:21
管理人さんのコメントにコメント
古い価値観かもしれませんがやはりG1の人気はカメラ本体になく、パナソニックのマーケティング戦術による一過性のものと見ています。コンデジのつもりで購入した方は早晩もてあますでしょうし、一眼"レフ"のつもりで購入した人は何かとっても誤解をしてしまうような。
マイクロフォーサーズの魅力はオリンパスタイプの登場を待って判断したいです。ライツミノルタみたいのが・・・・。
ダイダラボッチ
2008/12/24 09:20
ダイダラボッチさんこんにちは!
いえいえ、いろいろな見方があっていいと思います。
自分もパナソニックのG1に賭けるマーケティングのすごさは認めるところです。ただ一過性のものなのかはもう少し様子をみてからの判断でもいいとも思います。
自分が使うかといわれると、ちょっと考え込んでしまうという部分もあり、いまひとつ記事に乗りきで書けないという自分がいます。おっしゃるようにマイクロフォーサーズはオリンパスやG1の次のHDタイプの登場を待って評価してもいいと思っています。
blog管理
2008/12/25 01:33
ニコン11月のシェア1位もDSLRのシェアは混戦模様 きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる