きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS 裏面照射型CMOSのメリットとは

<<   作成日時 : 2008/12/21 23:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 6

 ソニーが今年の6月に試作開発に成功したと発表した、『裏面照射型CMOSイメージセンサー』ですが、その原理はソニーの報道資料で理解できたものの解説をして記事にするまでにはいたりませんでした。そのセンサーの解説記事をみつけましたのでご紹介します。

 「裏面照射型」と聞いてすぐにイメージが浮かぶかたはもうその原理やそれが実用化した際のメリットはご存知だと思いますが、なかなか一般のかたには理解しずらいものがあるのではないでしょうか。正直自分もこのブログで取り上げたいと思いつつも、ふれずじまいという感じになっていました。

 スタジオグラフィックス・オン・ザ・ウェブという写真情報サイトで『メーカーに聞く デジタルカメラのココが知りたい!』というコーナーでインタビューに答えていたのは、ソニー株式会社半導体事業本部イメージセンサ事業部事業推進部事業戦略担当部長野村秀雄氏。その野村氏の、なぜコンパクトデジタルカメラにはいまでもCCDが使われているのかというはなしから説き起こされる撮像素子の解説がとてもわかりやすくて勉強になりました。

http://aska-sg.net/maker_int/makers-005-20081029.html

表面照射型と裏面照射型の断面比較

画像


このセンサーは意外にもむかしからあるものだといい、その裏面照射型センサーに関する部分を一部抜粋すると、

「裏面照射の考え方は昔からあって、各社が開発して完成もしています。しかし、天文光学などの専門分野では実用化されていますが、これまではコンスーマ向けのレベルでの製品化は困難だったのです。」

そして、「裏面照射型」のセンサーの利点は2つあるという。

「ひとつは性能面で「感度が上がる」ことです。明るく撮れる…明るく撮れる分だけ、シャッタースピードを速くすることができ、手ぶれなどを抑える効果も期待できます。また、広角側にふったり、F値を上げたり、といった光学的なバリエーションが増えますよね。もうひとつは開発面で「自由度が増す」ことです。配線層がフォトダイオードの後ろにあるためです。」

 というこの2つの利点を理解するためにもインタビュー全文を一度お読みいただくと理解は深まると思います。まだソニーの報道資料をみる限り、コンパクトデジタルカメラのCCDにとって代わるサイズのものをまず開発していくようですがその際にも通常のCMOSよりも、裏面照射型CMOSセンサーにメリットがあるということもこのインタビューを読むとよくわかります。

 この技術が将来、APS-Cサイズからフルサイズまで発展していった場合、デジタル一眼レフがどのように発展していくのかとても楽しみな感です。


【資料】
スタジオグラフィックス・オン・ザ・ウェブ
メーカーに聞く デジタルカメラのココが知りたい!!
第5回 ソニーに聞く「裏面照射型CMOSイメージセンサー」2008/10/29
http://aska-sg.net/maker_int/makers-005-20081029.html
http://aska-sg.net/index.html

【資料】
SONY
報道資料
従来比約2倍(*1)の感度および低ノイズで高画質を実現した、
裏面照射型CMOSイメージセンサー 新開発
民生用のデジタルビデオカメラ・デジタルスチルカメラ向けに
SN比+8dBを実現
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/200806/08-069/index.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます!
裏面センサーで更に感度が4-5倍になると常用ISO感度が30000オーバーも可能になりそうですね。フラッグシップ機の価格維持にも役に立ちそうです(苦笑)
きゃのらー
2008/12/22 02:59
画期的な技術になりそうですね!
素人なりに不思議に思うのが、レンズとダイオードの間にどうしてわざわざ配線をはさむようなことをしていたのか、今までこの技術が実用できなかったのか。

ご紹介のサイトも見てきたのですが、久し振りに頭を使っています(笑)。

marusuke
2008/12/23 00:33
きゃのらーさんこんにちは!
この裏面センサーは、将来かなり期待できそうな技術という感じですね。感度の面からダイナミックレンジなどの改善も進むとうれしいと思います。フルサイズができれば価格の維持には最高ですね!
blog管理
2008/12/23 00:58
marusukeさんこんにちは!
そうですね!かなり画期的な感じです。
あたり前のことを書くようですが、いままではそれしか作れなかったということなのでしょうね。そして一般用にするのにはかなりむずかしいものがあったということなのでしょうね。お役にたててうれしいです!(笑)
blog管理
2008/12/23 01:01
こんばんは。久しぶりの二度目の書き込みです。
早く製品化して欲しいものです。このほかにも富士フィルムの新型素子などもありますし、ニコンには外部調達の利点を生かしてDXフォーマットでもFX並みの高感度を実現して欲しいです。
正直画質の違いは感じませんが、自然光だけでも手持ちで撮れる領域が広がるのは画期的ですから。
D3・D3Xは価格、重量とも無理です。
5700
2008/12/23 02:05
5700さんこんにちは!
この技術、ほんとうに早くDSLRにも普及して欲しいですね。ニコンの外部調達というおはなしはおっしゃる通りだと思います。一眼レフは取り回しの良さが持ち味ですから手持ちで撮影できるということは大切なポイントだと思います。
blog管理
2008/12/24 00:50
裏面照射型CMOSのメリットとは きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる