きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS ペンタックスは2009年にDSLRを3機種投入?

<<   作成日時 : 2008/12/10 23:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 今日のおはなしは、ペンタックスのうわさというより、HOYAの決算報告の概要説明に掲載されていた内容なので、しっかりとしたロードマップにのっとってはなされたものなので、予定通りに進めば概要説明にある通りの新モデルがでることになりそうです。

 まったく見落としていましたが、HOYAの「平成21年3月期 第2四半期連結決算説明会概要」に2009年度にペンタックスが発売を予定しているデジタル一眼レフに関する情報が掲載されていました。

 その決算説明会の概要によると、「来年はこの一眼レフカメラについて、マイナーバージョンも含め3種類くらい出していきたいと考えています。」と、説明では3機種の新モデルの発売予定があることが語られていました。

 また、「来年度向けのロードマップについては一から作り直しました。」ともあり、これまでとは違う領域で特徴あるカメラをだしていくとし、交換レンズも新しいカメラとシンクロさせて、カメラと同時に発売してマーケティングしていくということで、ロードマップを全部作り直したという。

 ペンタックス部門の業績は赤字となっていましたが、ペンタックス事業部では計画を新たに作り特徴あるデジタル一眼レフの開発と、その発表にあわせた新しい交換レンズの発表もおこなっていくこともわかり、2009年度は戦略を立て直してがんばっていこうという意気込みのようです。

 先日は、K200Dがいつの間にか生産中止となっていたことを書きましたが、発売されたばかりのK-mがすぐに生産終了とは考えられないことから、来年はペンタックスのデジタル一眼レフは3機種の新モデルと、K-mを含めて、4機種体制になるのかもしれません。

 とはいえ経済状況も関係してくることも考えられますし、「3種類くらい」という3機種と断定していないということもありますので、まだまだ流動的な要素はあるのかもしれませんが、ペンタックスには特徴のあるデジタル一眼レフの開発でがんばっていってもらいたいと思います。


【資料】
HOYA
IR情報 決算報告 平成20 年11 月10
平成21年3月期 第2四半期連結決算説明会概要
http://www.hoya.co.jp/japanese/investor/fs20081110_4.pdf


【COO 浜田より業績概況の説明】(より一部抜粋)

<ペンタックス:デジタルカメラ>
・ 前年同期比で非常に苦戦しています。2Q までは為替の影響はそれほど大きくありませんでしたが、国によっても異なりますが、需要がPOS レベルで、フランスでは8 月から急激に落ちたり、ドイツはもう少し前からでしょうか、アメリカも7、8 月に落ちました。CIPA が出荷統計を毎月出していますが、それを見ていると9 月中まで好調で作ったら作った分だけ出荷して、という感じで勢いに乗っていたのですが、店頭では夏頃から明らかに減速し始めていて、それまでの前年比プラス15%や20%といったモメンタムが失われています。

当社も在庫が溜まったり、市況を見定めて作って販売したりしており、前年比では大きく落ちてしまいました。もう一つは価格で、単価が大きく下がりました。特にコンパクトデジタルカメラの単価下落が大きく、ついにローエンドの新製品で79 ドルという時代が来るような状況で、この単価下落により、売上も収益もやられてしまいました。

・ 本質的に、今作って売っている製品は昨年の夏秋に開発していたもので、あまり戦略的なロードマップではなかったと思っています。前回もお話ししましたが、来年度向けのロードマップについては一から作り直しました。スクラップ&ビルドで、これまでとは違う領域で特徴あるカメラを出していく、交換レンズも新しいカメラとシンクロさせて、カメラと同時に発売してマーケティングしていくということで全部作り直しました。

今年については、新製品は、一眼レフは2 週間ほど前にk-m、(エントリーレベルの上位機種)を出し、コンパクトデジタルカメラも3 ヶ月に1 度のペースで出していますが、来年はこの一眼レフカメラについて、マイナーバージョンも含め3 種類くらい出していきたいと考えています。当社の強みを打ち出したカメラを出していきたいと考えていまして、ドイツで開催したフォトキナでも発表しましたが、アウトドアに強い、防水、防滴、防塵性能が高く、小型・軽量であり、携帯性に優れており、かつタフな(耐久性のある)、全天候型のカメラのメーカーとして来年は再出発しようと考えています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。K20Dの価格が夏のころと比較して300ユーロ、発売当初からみると500ユーロはダウンしているので食指が咽からもう出ているのですが、<アウトドアに強い、防水、防滴、防塵性能が高く、小型・軽量であり、携帯性に優れており、かつタフな(耐久性のある)、全天候型のカメラ>という部分を読んで、ぐっと奥の方に引っ込んでしまいました。
つまりもうちょっと待ってみようかな、と思います。でも価格がE-30のようではこまりものですが・・・
amselchen
URL
2008/12/11 06:23
amselchenさんこんにちは!
そうですね。K20D下がってますよね。
あるカメラ販売店のネットサイトでは在庫処分と書かれて価格が表示されていました。これはどういう意味なのかなと考えてしまいました。ペンタックスの特徴としてアウトドアに強いカメラということをこれからは前面に押しだして売りにしていくようですね。
もしお急ぎでなければ、来春にも発表されるといわれるDSLRをみてからでもいいかもしれませんね。
blog管理
2008/12/12 01:47
ペンタックスは2009年にDSLRを3機種投入? きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる