きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS ペンタックスからレンズ価格改定のお知らせ

<<   作成日時 : 2008/11/26 23:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 ペンタックスは来年一部レンズの価格改定をおこなうことを発表しました。昨今の原材料費の高騰はレンズ生産の現場でも例外ではないようで生産コストの上昇は合理化や技術革新では吸収できないレベルになってしまったようです。

 ペンタックスが11月21日に発表したレンズの価格改定は、35mmフイルム一眼レフカメラ用レンズに関するもので、その価格改定の開始日は来年の2月2日月曜日からとなっています。ペンタックスの主力販売レンズは、いまではAPS-Cデジタル一眼レフ専用レンズにほとんど移行していると思われそれほど大きな影響はないと思われます。

 しかし、魅力のリミテッドレンズなどは意外と大きな価格の変更となるようで、いずれ購入をと考えていらっしゃるユーザーのかたは、2月までに入手しておいたほうがいいかもしれません。

 ペンタックスでは、すでに35mmフイルム一眼レフカメラの生産を中止していますがまだまだフイルム一眼レフカメラのユーザーはカメラを現役で使っているということなのかレンズはAPS-Cデジタル一眼レフでも使えるということで、フイルム一眼レフカメラ用レンズの生産を継続しているのか、あるいは、ペンタックスでも将来のフルサイズ機開発をにらんだ生産継続ということなのか、今回の価格改定までして生産を継続する真意がどのあたりにウエイトをおいたものなのか少しきになりました。

 ここにきてデジタル一眼レフの世界では、急速にフルサイズ機を取り巻く状況や環境も変化しつつある感じで、ペンタックスもフルサイズ機に関して、将来はとその開発に含みを残す発言に終始している取り組みが思いのほか早くなる可能性もあるのかもしれません。とはいえ、ペンタックスに期待されているのは、645D(デジタル)の開発再開であり、フルサイズ機はそのあとという見方もあるようなので、やはりペンタックスは、当面はAPS-Cサイズデジタル一眼レフに注力した展開でいくとみるのが正解なのかもしれません。


【資料】
PENTAX
ペンタックス アナウンス 2008年11月21日
HOYA株式会社
PENTAX イメージング・システム事業部
35mmフィルム一眼レフカメラ用レンズ 価格改定のお知らせ
http://www.pentax.jp/japan/news/announce/20081121.html
価格改定表
http://www.pentax.jp/japan/news/announce/20081121-01.pdf


HOYA株式会社
PENTAX イメージング・システム事業部 2008年11月21日
35mmフィルム一眼レフカメラ用レンズ 価格改定のお知らせ
平素はペンタックス製品に格別のご愛顧を賜り誠にありがとうございます。
さて、近年、原材料費等の値上がりにより、35mmフィルム一眼レフカメラ用レンズの生産コストは上昇をきたしており、弊社では生産の合理化・技術革新によってこれを吸収すべく努力して参りましたが、現行での生産・販売が困難な状況となってまいりました。
つきましては、平成21年 2月 2日(月)よりFAレンズ、Aレンズのメーカー希望小売価格を下記の通り改定させていただきたくご案内申し上げます。
これを機にさらに質の高い商品開発・サービスの向上に努めて参る所存でございますので、なにとぞご理解を賜りますようお願い申し上げます。
価格改定開始日 平成21年 2月 2日(月)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
値上がりするなら、DAレンズのようにマニュアルフォーカスに瞬時に切り替えれるようにしてくれれば、そういうワケでもないようですし。

ただ、プライスを上げてでも残すと言うことは、将来的にフルサイズ導入を睨んでいることは間違いないのでしょうね。
ペンタのフルサイズ発売を待ちきれずにD700を買ってしまったのもあり、個人的には中判デジタルよりもフルサイズ一眼デジタルの方を早くに販売して欲しいのですが、そうはならなそうですね。

beat
2008/11/27 08:08
こんばんは。

ペンタックスの苦しい台所事情から察するに、この価格改訂はやむを得ない、というところでしょうか。

これから景気も悪化していくことが予想され、これまでの様に高いデジイチがバカ売れする世の中では無くなるのではないかと思います。

そうなると、やたら高く、数が出ないフルサイズに走るのは得策ではなく、APSCに特化し、しっかり足固めをしてこの不況をやり過ごすのが、中小企業であるペンタックスの戦略としては妥当ではないか、と思います。
ペンタックン
2008/11/27 20:33
beatさんこんにちは!
お気持ちはわかりますが、そうなると設計変更ということにもなり価格が全然ちがったものになりそうです。
今回、価格アップをしてでもこれらのレンズを維持するという背景をつい考えてしまいますよね。やはり将来のフルサイズをにらんだものでしょうかね。
かなり高価なプライスが付きそうな645Dよりもペンタックスからもフルサイズを先にと思っているユーザーのかたも多いのではと個人的には想像しています。
今回の値上げの動きは今後になんらかの意味を持つものなのか注目してみたいと思います。
blog管理
2008/11/28 00:13
ペンタックンさんこんにちは!
そうですね。ペンタックスに限らないと思いますが各社ともコストダウンは至上命題となっていますよね。
今回のレンズはAPS-C専用に比べれば売り上げ的にも少ないと思われるだけに値上げもやむなしという感じだったのでしょうね。いまはまだ高価な部類に入るフルサイズ機もあと1年もすればどうなるかまったくわからないのがデジタルの世界なのでペンタックスからリーズナブルな価格でフルサイズがでればいいわけでその時のためにもレンズを維持しておくのは意味のあることだと思いました。当面はAPS-C一眼に特化していくものと思いますが、状況の変化があればそれもまた変化していくかもしれませんね。
blog管理
2008/11/28 00:21
ペンタックスからレンズ価格改定のお知らせ きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる