きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS 今月のカメラ雑誌からきになる記事は!【12月号後編】

<<   作成日時 : 2008/11/21 23:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

 まずいまずい、どれを買おうかこれを読んでからと思い、待たれているかたもいらっしゃいました。おそくなってしまいほんとうにすみません。今日はアサヒカメラとCAPAについて紹介してみます。

 まずは、アサヒカメラから。どうしてこんなに記事のアップがおそくなったのかというと、ついアサヒカメラの記事をしっかりと読んでしまったからでした。このあと書く、CAPAの記事もしっかりと読んでしまいおそくなりました。すみません。

 というような事情でいつもですと、ざっと見で書くのですが、アサヒカメラはつい読みたくなるような記事があったということで、今月のアサヒカメラはお勧めです。

 巻頭特集の、『 [年末大特集] 25のキーワードでひもとくカメラ業界2008 いま、われわれのカメラはどうなっているのか?』という特集は、ざっと見ですまなくなりいきなり読みだしてしまった特集記事でした。

 オープニングは、「北京五輪で報道のニコンが復活 キヤノン VS ニコン」ですから読まないわけにはいきません。というのはじょうだんですが、これはもう今年、新聞記事にもなるほどオリンピックのサイドニュースとしてもあちらこちらで報じられるほどのニュースとなりました。

 このような感じで、巻頭特集は25のキーワードで読み解く2008年のカメラ界のおはなしを豊富な事例で楽しく読み物にしていて、ついつい夢中で読まされてしまいました。特に今年はデジタルカメラの業界では例年にないほど話題の豊富な年だったことがこの特集を読むとよくわかり、こういう特集記事こそカメラ雑誌の真骨頂だと思わせるものがありました。

 この特集にひとつだけクレームをつけるなら、「キーワード4」の「旗艦機にもイケメンカメラCMアイドル」という記事でしょうか。オリンパスのCMのことが全くふれられることなくすっぽりと抜け落ちていて、宮アあおいさんのCMでの活躍で、オリンパスのE-410が立ち上り好調だったことは今年のカメラのCMのなかでも特筆に価する出来事だったと思うだけにこのことにふれていないのは残念なことでした。できれば、ソニーのα350の立ち上がりに貢献した香椎由宇さん主演のTVCMについても言及があってもよいほどです。

 あと興味深い記事としては、『ライカカメラ社の製品マネージャー来日インタビューから掘り出すライカS2&M8.2に見るライカカメラ社の「本気度」』という特集でした。ライカが今年のフォトキナで開発を発表したS2システムの計画の経緯などに関しては、わからないことだらけで謎とさえ思えるいきなりの新フォーマットの開発にご乱心かとさえ思ったのですがこれを読むとなんとなくライカのいいたいことはわかって、そうなんだ。という理解はできました。

 この記事を読むと、M8も将来はフルサイズになりそうですし、R10にも期待が持てそうな感じがしてきます。そして、記事を読んだあとにはS2の開発や販売にもプロダクトとして成功してもらいたいな思えてきました。

 『クリスマス、忘年会で楽しむ銀塩・デジタル対決 ライカM3 VS ニコンD3』という特集は、ばかばかしくも作例写真をみていると、自分たちの飲み会をほうふつとさせるものがあったりのイメージ写真で、いつもD3や1DsVを持ってきて、酒の肴を本物以上にきれいに撮影して後にブログにアップされる仲間のことなども頭に浮かび、そのブログをみるたびに楽しいひとときにひたれることを思いだしてしまいました。

 次は、CAPAです。こちらも巻頭特集には力が入っていて、『まるごと1冊総力特集08年末CAPAおすすめもの図鑑』ということで、カメラ関係のCAPAの今年のおすすめ品を一堂に紹介しています。始めはデジタル一眼レフのおすすめの記事からで、各クラス別に特集でおすすめを紹介していて、次に各メーカー別におすすめレンズの紹介もしています。

 こういう特集をみていると、あれも欲しかったと思いだしたりで、2008年のまとめ的おすすめ記事というだけなのですが、つい時間がたってしまいます。

 最近いろいろなかたのブログをみていると、時節柄かイルミネーションを撮影された写真が多いことにきがつきます。CAPAではそんなイルミネーションを一眼レフの絞りを考えながら撮影しようということで、『美しいイルミネーションを極める 絞りの美学』というタイムリーな特集が組まれていました。

 口径食や絞りの形、レンズ固有のぼけのことなどいろいろな要素をおさえて撮影する楽しさを紹介していますが、銀塩時代から写真を撮っているかたにはなにをいまさら的な記事かもしれませんが、デジタル時代のとりあえずシャッターを切ればそれなりの写真が撮れる時代のユーザーのかたにとってはかなり目からうろこの特集なのかなと思いました。

 昨日の、2008年にフルサイズデジタル一眼レフは買いなのか、という特集から今日の、2008年のカメラ業界を25のキーワードで読み解いたり、2008年のカメラ関連商品のおすすめを、雑誌1冊丸ごとで特集したりと、各誌各様の2008年の総まくりという感じの今月の特集でした。

 もうしわけありません。カメラマンまで目を通すことができなく終わってしまいました。こちらは年末恒例企画の座談会特集で、『カメラ業界に喝!』ということで勇ましいタイトルがついていて、期待がたかまる感じの特集のようです。この特集、33ページもあり読み応え満点のようで、まだ読んでいませんが例年の内容からこれも、もうお勧めしておきます。


 紹介した各誌には、ほかにもここで紹介できないほどの、ゆっくりと読みたい記事があり、まだまだ興味深い記事が満載なことはいうまでもありません。


【解説】
 このブログでいう、レギュラー購入の4誌とは、アサヒカメラ、CAPA、月刊カメラマン、デジタルカメラマガジン(DCM)のカメラ雑誌4誌になります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。ケイさんが以前紹介くださった、New Leica Rシリーズですが、どうもS2をベースにしたものになる、という記事がありました。
「Based on the S2 developments and technology」
http://leicarumors.com/2008/11/20/leica-r10-will-be-all-this.aspx/

とするとかなり大きなものになりそうですね。しかし、
「Smaller size than Leica R9, Leica S2 and Canon 1ds Mark III」とありますが、さてどれくらいの大きさ重さ、そして価格ででてくるのやら。気になります。下位モデルについては該当記事には触れていないようです。そちらのほうに期待がどうもいってしまいます。何かご存知ならまたご紹介くださいまし。
amselchen
URL
2008/11/22 05:31
たった今、デジタルフォトを買って帰宅したところです。

実は、気になっていたDCMを買いに行ったのですが、特集記事は立ち読みで読み切ってしまい、代わりにデジタルフォトを買ってしまったという次第です(笑)。
特集の「フルサイズ完全読本」は、なかなか読み応えがありそうなので楽しみです。

私のレギュラーのCAPAには、久々に竹内敏信先生が登場し、撮ったことが殆どないという八ヶ岳の風景を魅せてくれています。
竹内先生は、一年前程に写真展で元気なお姿をお見かけしましたが、その後ご病気になられたようですね。CAPAの記事で初めて知りました。
rich
2008/11/22 12:12
年末の締めくくりとしての12月号は、各社いろいろと力が入った記事のようですね。
まだぐずぐずして何時も買うアサカメとカメラマン、そしてCAPAを買っていません。
でもケイさんのレポートのおかげで、どこから読めばいいか判りましたので助かります(^^)
いつもありがとうございます。
Toshi
URL
2008/11/22 17:00
amselchenさんこんにちは!
情報をありがとうございました!
あそこのうわさですね!これはみていました。
Sシステムと共通のAFということになると中央1点だけのものになりそうですね。ボディはやはり大型化してしまうのでしょうかね。R10はきになりますね!
下位モデルに関してもなにかありましたら引き続き紹介していきたいと思います。パナソニックとの関係でなにかしらの新機軸があるのかもきになる感じですね。
blog管理
2008/11/23 00:31
richさんこんにちは!
デジタルフォトはどうしようか悩んで見送りました。
でもフルサイズ機はレンズを選びますね。自分の持っているAF-S17-35mmF2.8の写りなどはトイカメラと書かれていました。ショック!(笑)
それでもニコン純正のトイカメラ描写のできるレンズということで、カルト的人気がでる!、なんてことはないでしょうね。(苦笑)竹内先生のご体調のことは知りませんでした。撮影フィールドはアウトドアオンリーですからね。悪くならないといいのですが。当該の記事は読んでおきます。
blog管理
2008/11/23 00:39
Toshiさんこんにちは!
そうですね!今年のカメラ雑誌各誌はうまく年末の特集で個性をだしあっていて、それぞれおもしろいと思いました。2008年は例年以上に話題の豊富な年だったことも改めてわかり、そうだったんだ〜と振り返ることができました。今月はさらに追加でフォトテクニックデジタルも今日買ってきました!これからゆっくり読みたいと思います!カメラ雑誌、楽しいな!(笑)
blog管理
2008/11/23 00:44
今月のカメラ雑誌からきになる記事は!【12月号後編】 きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる