きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS シグマがフォビオン社を買収しカメラメーカーとして飛躍

<<   作成日時 : 2008/11/11 23:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 シグマが自前の撮像素子開発会社を持つこととなりました。シグマは独自の方式の撮像素子を採用していましたが、そのアメリカの開発会社を完全子会社化すると発表がありました。

 シグマが完全子会社化するのは、FOVEON社で同社が開発するFOVEON X3センサーをシグマではデジタル一眼レフに当初より採用し、独自のデジタル画質を提供し続けてきました。熱狂的なファンまでいるとされるフォビオンセンサーを採用したシグマのSDシリーズはそのセンサーを採用したコンパクトデジタルカメラのDP1へと発展し、今年のフォトキナではその系列モデルとなるDP2も公表され、シグマは孤高の独自方式のセンサー採用メーカーとなっていました。

 ところが11月7日に、海外のImage Sensors Worldというセンサー関連のサイトで、スタッフの半数が一時解雇されたといったうわさが流れ、携帯電話向けのフォビオンセンサーの開発からも撤退といううわさがでました。また製造を委託されているメーカーからのサポートにも懸念があるというはなしもでて、シグマではこの問題をどうするのかきになるうわさという感じのものがありました。

 そんなうわさが国内のうわさサイトに流れた翌日の今日、シグマはフォビオン社の完全子会社化を発表しました。

 Image Sensors World によれば、携帯電話向けのフォビオンセンサーは現状で携帯に採用するにはいろいろなハードルがあったようで、その撤退が即、業績が悪化してのものということではないようで、社員の一時解雇といううわさも、シグマの子会社化に向けた動きと考えれば、いまにしてなるほどとという感じです。

 シグマの新着情報によると、「シグマは、今回、Foveon社をグループの100%子会社とすることで、高性能デジタルカメラ用の新型イメージセンサーの開発を強化し、その独創的な三層構造イメージセンサーをさらに発展・進化させることにより、当社カメラ・レンズ事業との相乗効果を発揮させる計画です。」ということで、今後の展開が加速されることとなりそうです。

 開発者インタビューなどを読むといままでも、シグマはかなりフォビオン社と共同でセンサーの開発にあたってきたようですが、今後はシグマの完全なコントロールのもとで、いまのところデジタルカメラでは唯一の方式のイメージセンサーを強力に開発していく体制を整えることが可能になったようです。

 SDシリーズのフォビオンセンサーのサイズの大型化の可能性や、ほかのサイズでの提供があるのかなど、フォビオンX3センサーの今後の展開が楽しみなシグマの子会社化のニュースでした。


【資料】
SIGMA
新着情報 2008.11.11
三層構造イメージセンサー開発企業Foveon社の買収について
http://www.sigma-photo.co.jp/news/info_081111.htm


【資料】
Image Sensors World
Friday, November 07, 2008
Rumor: Foveon Sold to Sigma
http://image-sensors-world.blogspot.com/2008/11/rumor-foveon-sold-to-sigma.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
寡占や独占になると発想や技術が固定化されて飽きられ市場全体が衰退してくるので色々な会社があった方がいいですね。

 センサーサイズもフォーサーズ、APS-C、APS-H位は作って欲しいですね。これらのセンサーでボディは高性能EVF+レンズ交換が出来ると良い感じなんですがね。
高くても売れると思いますよ。
SK
2008/11/12 12:32
SKさんこんにちは!
SKさんのご意見に同感です。デジタル時代はフイルムという制約から解放されたわけですからいろいろなフォーマットが混在していいと思います。あとは用途や趣味に合わせて自分で好きなもののチョイスすればいいと思います。その選ぶ楽しみも多いほうが楽しいですから。
EVFも肯定的です。いろいろとEVFならできるということもありますし。見えもまずは作ってださないと改良箇所もフィードバックされませんからどんどんだして改良していけばいいと思います。またそれとは別に光学ファインダーもそのよさを突き詰めるα900のような流れもあっていいと思いますし多様化がそれぞれの機能を進化させていくと思います。
blog管理
2008/11/12 16:13
初めてコメントさせていただきます。

今回の件、シグマとしては苦渋の決断だったのではないでしょうか。

今後世界景気は悪化し、円高で収益が悪化することが予想される状況のなか、積極的な事業展開は本来避けたいのではないか、と思います。

ひとえに、センサー供給が止まった場合の、デジカメ本体製造からの撤退のリスクとを計りにかけての決断ではないか、と推察します。

今後、本業のレンズ製造に影響が出なければ良いのですが・・
ペンタックン
2008/11/12 21:00
ペンタックンさんはじめまして!
シグマの発表からは、もちろん苦渋の決断かは読み取れませんがその可能性もあるかもしれませんね。
いまこの時期には、どこも投資はさけたいと思うでしょうから。この決断が苦渋のものであるのかないのかはもう少し先のシグマの業績に表れてくるかもしれませんね。シグマの、
「新型イメージセンサーの開発を強化し発展・進化させることにより当社カメラ・レンズ事業との相乗効果を発揮させる計画です。」という目的が順調に推移することを願うばかりです。
blog管理
2008/11/13 00:28
シグマがフォビオン社を買収しカメラメーカーとして飛躍 きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる