きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS 架空の機種とうわさのモデルの共通点

<<   作成日時 : 2008/11/10 22:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

 今日のおはなしは、全く根拠のない、想像に想像をかさねたようなおはなしですので、そんなはなしもあるのかという程度にお読みください。とあるカメラ雑誌に架空の新型カメラの製品レポートの予告が掲載され、その訂正が、その雑誌のホームページにだされるということがありました。

 このブログでも毎月購入している、カメラ雑誌のCAPAですが、その姉妹紙に、『デジキャパ』というカメラ雑誌があります。そのデジキャパの11月号に、CAPA、11月号の広告が掲載されたのですが、そのCAPA11月号の内容に次のような内容が含まれていたという。

 CAPA11月号 新製品レポート 「ニコン中判デジタルD645」

 CAPAのホームページの、CAPAカメラネットには、「広告製作時の仮原稿が編集部の確認もれにより残ってしまい、誤って掲載に至った次第です。ここに訂正させていただきます。」ということで、「このような情報、製品は現在も過去も一切存在しないものであり、よってこの記事も『CAPA11月号』には掲載されておりません。」ということで、全くのまちがいだったということがCAPAカメラネットの「お知らせ」に書かれていました。

 そして今日のうわさサイトでは、ニコンからMXフォーマット機が11月20日に発表か、といった内容が取りざたされていました。情報元はニコンのサポートスタッフとされているようですが、その真偽はまったくの不明です。このうわさによると、フルサイズよりも大きなセンサーで、発表の2週間後に発売とされ、 ボディサイズはD700と同じくらい。新しいプロ向けMXレンズも用意されるようだとされていました。

 仮原稿とされる、「ニコン中判デジタルD645」という架空の機種とうわさの新モデル、ニコンのMXフォーマット機という興味深いふたつのラージフォーマット機のおはなしが、なんとなくむすびついてくるようで、ちょっとおもしろいなと思いました。

 もちろん、CAPAならびにデジキャパでは、CAPAカメラネットで、「このような情報、製品は現在も過去も一切存在しないものであり、よってこの記事も『CAPA11月号』には掲載されておりません。広告製作時の仮原稿が編集部の確認もれにより残ってしまい、誤って掲載に至った次第です。ここに訂正させていただきます。」と全く単純に、広告制作時に仮原稿を削除することをわすれたまちがいであるとしています。

 それにしても仮原稿とはいえどういう理由で、「ニコン中判デジタルD645」というタイトルがでてきたのかきになります。そして、うわさがくすぶり続ける感じのニコンMXフォーマットというものが本当に開発されているのか、このうわさの真偽もきになるところです。

 どちらも、単なるまちがいの仮原稿であり、そして真偽の全く不明なうわさですので、想像に想像をかさねて遊んでみたという根拠のないものでした。ブログタイトルの『きになったコト』にかけてまとめてみましたがいつものように、娯楽としてお読みいただければ幸いです。


【資料】
CAPAカメラネット
お知らせ
『CAPA』を宣伝する広告に関するお詫びと訂正(『デジキャパ!11月号』掲載広告)
『デジキャパ!11月号』125ページに掲載した『CAPA11月号』広告の内容に間違いがございました。
新製品レポートとして「ニコン中判デジタルD645」とありますが、このような情報、製品は現在も過去も一切存在しないものであり、よってこの記事も『CAPA11月号』には掲載されておりません。広告製作時の仮原稿が編集部の確認もれにより残ってしまい、誤って掲載に至った次第です。ここに訂正させていただきます。
読者の皆様、ならびに株式会社ニコン、株式会社ニコンイメージングジャパンに多大なるご迷惑をおかけしたことに対し深くお詫び申し上げます。申し訳ございませんでした。
2008年10月18日 CAPA編集部
http://capacamera.net/notice.html#081018


【 注 意 】
 ここで取り上げたうわさは、あくまでも、うわさの域をでないはなしです。ここに書いた、うわさの内容は、まったく未確認のおはなしです。うわさとして書かれたものの内容の、ご判断につきましては読まれたかた、ご自身の判断に委ねております。こんなはなしもあるのかといった、娯楽程度に受け取りください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
ジツは出す予定だったのが、お披露目の日程に間に合わずに延期ということかも???

真偽のほどは定かではありませんが(笑)、昨今DSLRの価格がこなれてきたので新規格で需要を掘り起こしていくような方法もアリかもしれませんね。

marusuke
2008/11/10 23:22
仮ということは、全くのでたらめということでは無いですよね。
いずれ出てくると見て良いのでしょうか。
価格次第でスタジオ撮影用に市場があるかもしれませんが、果たしてどの程度で出るのでしょう。
問題はレンズも新しい規格のものが必要になるというところでしょう。これも既存のツアイスなど、他社メーカーの中盤レンズが流用できることが前提でしょう。
Toshi
URL
2008/11/10 23:33
一部地域では、18日〜19日には、カメラ関係の雑誌が発売されるので、20日発表の前に雑誌が出るのが問題なのでは?

D700の発表会で、キャパがD700を借りられたのが、雑誌発売の2週間前だったと言われてましたので、もしかすると12月号には載るかも知れません。発表されればですが...

ただ、この時点で5DMk2については、ノーコメントと言われながらも、存在をほのめかせていました。
Hiroyuki
URL
2008/11/10 23:34
ご無沙汰です
11/20発表の噂→デジキャパ発売日解禁取りあえず校正→ニコン12月に延期しました→編集部ちょっと遅い夏休み→やべ、下げ忘れた!
とか妄想したくなりますね
るーしあ
2008/11/10 23:35
入校時で架空のモデルを???
うーん、ダミーのタイトルをつけて入校する場合もありますしね〜。。。

よし秋の夜長、私も脳内で架空モデルを想像して楽しみますか(笑)
昇り龍
2008/11/10 23:38
全くのデタラメで記事タイトルを決めるはずも無いので、なんらかの情報はあるのでしょうね。
ただ、発表時期や開発進捗などから、Nikonから待ったがかかったっぽぃ気がしますが(とか妄想)
sharlytemple@会社
2008/11/11 08:12
marusukeさんこんにちは!
これはどうなんでしょうね。全くの架空の目次としてはめただけのものなのかなにかあってのものなのか。
フルサイズ機も昨今では想像以上に価格の下落は激しいですよね。それでラージフォーマットで収益という流れは考えられるのでしょうが、ニコンがMXというものを作っているのかどうかこればかりは謎ですね。
blog管理
2008/11/12 15:46
Toshiさんこんにちは!
Toshiさんの推理は「仮」という部分に注目ですね。
仮ということなら、全くのでたらめではないと。いずれでてくるものの、はからずも予告になってしまったと。
それにしても、35mmにこだわってきたニコンがMXという新フォーマットを、はたして作っているのかですよね。ライカの例もありますのでなんともいえない時代になったなという感じですね。
blog管理
2008/11/12 15:51
Hiroyukiさんこんにちは!
そもそも、CAPAの宣伝広告の仮の原稿に書かれた内容が全くの架空のものなのか、あるいはなにかしらのはなしに基づいたものなのかですよね。そして、ニコンがラージフォーマット機を開発する必要があるのかですよね。このあたりが謎という感じですね。
blog管理
2008/11/12 15:56
るーしあさんこんにちは!
お久しぶりです!るーしあさんの妄想楽しいです!
なんか現実にありそうな感じもして、あわてているようすが浮かんでくる感じです。ニコンにはかなり迷惑をかけたようですし。そもそもニコンはラージフォーマット機を作っているのかですよね。これが最大の謎です。
blog管理
2008/11/12 16:00
昇り龍さんこんにちは!
原稿の入稿もおこなわれる立場としてはいろいろと想像をめぐらせることができて楽しそうですね!(笑)
やはり全くのダミーもありますか!MXとは別にFX機の24MPは写真までリークがでだしていますね!
blog管理
2008/11/12 16:03
sharlytemple@会社さんこんにちは!
この見出しには両方のみかたにわかれますね。
なんらかの情報があってのもので全くのダミーではないという見方ですね!ニコンから待ったが!
そもそもニコンがラージフォーマット機を開発しているのか、またその必要があるのかですよね。このあたりが個人的に一番の謎という感じです。
blog管理
2008/11/12 16:07
架空の機種とうわさのモデルの共通点 きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる