きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS キヤノンのデジタル一眼レフ販売は好調に推移

<<   作成日時 : 2008/10/27 23:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

 キヤノンが一眼レフの月間販売で、過去最高を記録していたことが公表されました。キヤノンキヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)が事業説明で発表したものでデジタル一眼レフの販売では順調に推移しているという。

 2008年9月のデジタル一眼レフ月間販売台数において過去最高記録を達成したという。今年3月に発売した、EOS Kiss X2 はモデル別のシェアではナンバーワンを維持して好調に推移しているといい、9月の過去最高記録には9月27日に発売されたばかりの、EOS 50D も販売から数日だったものの、第3四半期の業績に貢献したという。

 BCNをいつみても、EOS Kiss X2 の好調さは裏づけられている感じで、たえずランク1位の座をキープしているのはさすがにすごいことだといつも感心させられます。このランキングでは最近はトップ10にソニーもたえずランクインするようになり、今年のメーカー別の年間シェアの行方が楽しみな感じです。

 いまのところ、今年はデジタル一眼レフが売れにうれているようで、キヤノンも新製品の発売時期の関係で、対前年比の数字が、第2四半期までの(上期の販売台数は前年同期比48.6%増)と第3四半期(7〜9月は4.7%増)で大きく差があるものの、通期では30%増を達成の見込みといい、今年のデジタル一眼レフ全体の伸び率が約20%程度とみられているなか、好調に推移していきそうです。

 ここでは、キヤノンのデジタル一眼レフの販売好調ということに関してみてきましたが、キヤノンのコンスーマイメージングカンパニー事業全体では、2008年第3四半期の連結決算は、売上高が9.1%減の1,937億円、営業利益は、52.9%減の33億円、経常利益は50.7%減の34億円、当期純利益は62.9%減の13億円と減収減益になっていて、コンパクトデジタルカメラ市場の価格下落による不振が業績に響いたという。

 今後はその分野でも立て直しがはかられていくようですが、世界的な経済問題も各カメラメーカーにとっては不安要因になりそうな感じもあり、予断を許さない展開が続きそうです。

 世界的な経済問題が実態経済に影響をあたえる前に、年末商戦になんとかもつれ込みその影響を最小限に食い止めたいのではないかと想像されるメーカー各社は年末商戦を前に、いろいろな販売攻勢をしかけて落ち込みを起こさせないようにして年末商戦に臨むのではないかと推測され、すでにそんな動きといえるのか、おどろくようなキャッシュバックを始めたところもあるようです。


【資料】以下の記事を参照しました。
PC Watch
大河原克行の「パソコン業界、東奔西走」
キヤノンは年末商戦をどう戦うのか
早くもコンパクトデジカメで首位奪取宣言
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/1027/gyokai266.htm

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
趣味性の強い一眼は依然と売れているようですが、コンパクトカメラは経済の影響を受けやすいですものね。と言うか一眼タイプが安価になり運動会などの撮影には望遠レンズを付けた父母が増えたと言うことも影響有りなのかな。コンパクトは各社次から次ですから収益も悪そうだし…難しい商売ですね。キャッシュバックしてでも売れる方が収益に繋がるのかな?
凧tako
URL
2008/10/28 11:20
私は、メーカー派遣で色々な電器店にてコンデジ中心にカメラ販売のバイトをしているのですが、キヤノンのカメラは店舗としてはプッシュしていても、全く売れている印象は無いです。
一番売れているのは、コンデジも一眼もニコンという印象です。(私の所属はニコンでもキヤノンでも無いです)

店頭の印象では首位奪取どころか、上位5位にやっと入るぐらいなのですが、キヤノン、通販で売れているんですかね?
beat
2008/10/28 11:42
売れるパターンは二つありそうです。
一つ目はインパクトのあるスペック。昨年のD3とD300ですね。今年は5DMark2と50D。
もうひとつは必要十分な性能で価格が安い機種ですね。例えばD80。
D700、D90とも5DMark2と50Dに比べればインパクトが少ないのでもう少し価格がこなれてくる必要がありそうです。
D700の3万円キャッシュバックが始まりましたが、これで5DMark2と量販店価格が実質同じになりました。
kofuji
2008/10/28 15:10
凧takoさんこんにちは!
コンパクト機はそれこそワンモデル前の型遅れでもいいというかたが多い感じですね。いまではDSLRでもその傾向がありますから、新品の販売も大変な時代になりました。それに比べ収益性のまだ高いDSLRが好調に売れているというのはメーカーにとっては心強い感じでしょうね。
blog管理
2008/10/29 00:21
beatさんこんにちは!
いただきましたbeatさんのコメントは正に最前線の現場の感想ですのでいまの実態をお伝えいただいたものと思います。今日の午後の経済ニュースでたまたまデジタルカメラの特集を放送していましたがその資料ではコンパクトはやはりキヤノンが第1位(今年1-9月)ということでした。数字と実際の現場の実感との相違が大きいのが不思議ですね。
blog管理
2008/10/29 00:26
kofujiさんこんにちは!
D700は超真面目に作ったという感じで、発表当初にもサプライズがないといわれましたよね。D90は世界初の動画機能搭載ということがありましたがD80の正常進化という感じで両機種ともに真面目に作った結果おもしろみには欠ける印象になってしまったのかなという感じですね。両機種ともに、実際に使ってみるといいカメラに仕上がっているのは皆さんの声のとおりだと思います。D90も意外と早く価格がこなれてきそうな感じでD700ともどもこれから勢いがでてくるのではないでしょうか。
blog管理
2008/10/29 00:33
ローカルの電気店では、ニコンのD300クラス以上になると、高額商品になってしまうので、あまり店頭に置いてないですね。

一方で、キャノンの50Dだと、店頭のポップと一緒に置いてあったりします。

ただ売れ筋は、ニコンならD60とかD80、キャノンならKissDXとかX2あたりですね。やはり中級機以上になると、ファミリーでは買いにくいですね。

先日、ソニーのα100の高倍率ズームセットの店頭処分品を、34800円で購入しました。18-200mmのレンズが中古でも3万円はしてますから、カメラ本体はおまけのつもりで買いました。
Hiroyuki
URL
2008/10/30 01:54
Hiroyukiさんこんにちは!
こちらの自宅近くの家電量販店ではD700まではおいてあります。そのようなお店でも意外とDSLRの展示スペースは限られている感じですがなかでもキヤノンはきっちりとスペースを確保している印象です。
α100の高倍率ズームセットはいいお買い物ができてよかったですね!レンズだけ欲しかったとしてカメラはおまけ感覚ですものね!そういうのは自分もつい買いたくなります。
blog管理
2008/10/30 23:39
キヤノンのデジタル一眼レフ販売は好調に推移 きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる