きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS 今月のカメラ雑誌からきになる記事は!【11月号前編】

<<   作成日時 : 2008/10/20 23:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

 ほんとに毎月同じことを書いている感じですが時間のたつのが早いですね。もう20日が来てカメラ雑誌が書店に平積みでどっさりとならんでいました。今月号の各誌をとにかく、ざっとページだけめくってみた感じを書くと、いまの時代もうどのカメラを買っても、きっとその性能に満足できるだろうなと感じました。それほどこの秋にでた各機種の性能はよさそうですよ。

 カメラ雑誌の発売日は、子供のころはわくわくするものでした。というのもまだインターネットもない時代のはなしなのですが、カメラ写真関係の情報といえば毎月発売されるカメラ雑誌をみるしか手段がなく、新聞の朝刊に掲載される経済欄の新製品の記事などはほんとうに簡単な説明と発売日ぐらいしか内容が書いてなく、話題のカメラが新聞などに載ると20日を待ちにまって書店に走っていったものでした。

 また発売日が先の新機種などは、カメラ雑誌の広告で初めて発表を知るということもむかしのカメラ雑誌のだいごみで、ページをめくるのも真剣そのものでした。こんなことを書くとおおげさなと感じられるかもしれませんが、そんな時代もあったなとつい思いだしてしまいました。

 カメラ雑誌の楽しさは形を変えて、当時とは別の楽しみかたに変わってきた感じですが、特に最近のデジタル一眼レフの圧倒的な高性能化やフルサイズ機とともに多様なフォーマットのカメラの百花繚乱状態、レンズの高性能化やフォーマットごとのバリエーションの多さなど、一眼レフカメラを取り巻く状況はフイルム一眼レフがその販売のピークをむかえた当時とは比較にならない楽しさがあると思います。

 そんな今年は、デジタル一眼レフがフイルム一眼レフのピーク時の販売量を抜くともいわれる年にあたりその状況を伝えるカメラ雑誌も楽しいものがやはりある感じです。と前置きが長くなりましたが今回もレギュラー4誌をとりあえず買ってきました。

 前編は、デジタルカメラマガジン(DCM)から。今月のDCMは巻頭特集は、EOS 5D Mark U の一大特集です。28ページにわたりその魅力をこれでもかといわんばかりに、力の入った特集でみせてくれています。各種撮影シーンの作例も豊富で、お待ちかねのキヤノンの開発者インタビューも内容濃く掲載されていました。

 その次は『最新デジイチは写真を変えるのか!?』ということで、D90、50D、α900といった新モデルを取り上げて画素数、高感度ノイズ、ファインダー、ライブビューAF、自動階調補正機能といった項目で比較をしていました。特におもしろかったのは、ライブビューAFの実力をさぐるページでライブビューAF時の合焦速度を比較した数値は一見の価値ありという感じでした。

 5D Mark U の特集記事と、最新デジイチの記事の間には、ペンタックスのKmとフォトキナのようすなどの記事もありましたが省略しました。冒頭に書いたように、いまの時代はどのカメラを買ってもその性能に満足できるだろうなと感じたのは、このデジイチの記事をみていて各カメラの性能のよさに改めて感心したということがあったためで、特にD90などはある程度内容についてわかったつもりでいましたが想像以上に性能が高い感じで、安いといってD80をいまから買うのはどうかなと思うほどでした。

 今月次に取りあげるのは、月刊カメラマンです。これは巻頭特集に目がいってしまったというだけの理由なのですが、『愛情一杯の!プロフィール写真を!!』というタイトルで、わんちゃんとネコの写真の勧めというようなグラビアが始めにきていてなんだかなごんでしまいました。自宅で犬を飼っていたころはやはりなにかにつけて写真を撮っていたことを思いだしました。レンズを舐められないように近づくのに苦労した楽しい思いでがよみがえります。

 続いて、これが今月のカメラマンの実際の巻頭特集なのだと思いますが、『購入前の必読レポート ニューモデル実力検証』ということで、ライバルと目される仮想敵との比較記事となっています。この特集も写真をみているだけでも楽しめる感じで、α900 VS D700というのもあったりで、小見出しには「画素数ほどの違いは見られず・・・」などというソニーの開発者のかたがみたら熱くなりそうなことも書かれていました。

 この特集はなかなかお勧めという感じで、ぜひご覧になっていただきたいなと思う感じでした。また次にくる、EOS 5D Mark U の特集もカメラマン独自の切り口という感じで従来機(5D)との比較を試みていました。

 カメラマンではペンタックスのKmの紹介にも力を入れている感じで特に売りのフィルター効果の違いを作例でそれぞれみせています。DCMもカメラマンも秋の撮影の特集も力を入れていて、紅葉写真の撮影のヒントはこれからの時期に役に立ちそうです。また、パナソニックの LUMIX DMC-G1 も作例をみているとなんだかいい感じで興味深々になってしまいました。

 両誌ともに、ここで紹介しきれないほどの充実した内容で、ほかにも興味深い記事が満載なことはいうまでもありません。


【解説】
 このブログでいう、レギュラー購入の4誌とは、アサヒカメラ、CAPA、月刊カメラマン、デジタルカメラマガジン(DCM)のカメラ雑誌4誌になります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
近所の本屋では、10/18には11月号を発売してました。そこで一足早く、ぼくのブログにて「月刊カメラマン」について、α900の前ピン写真の掲載を指摘しています。α900を触ってみた感じとして、あのカメラの解像度はもっと高いはずです。

ただ、α900とD700を比べて、A2ぐらいまでのプリントなら、ほとんど差はないと思います。重箱の隅をつっつくように拡大して粗探しをしていますが、実際大きくプリントしたら、鑑賞する距離は遠くなるので、人間の目として差を認知しませんから....。
Hiroyuki
URL
2008/10/21 01:51
おはようございます。今月号はまだ買っていません。今日帰りに買うつもりです。デジタルカメラマガジンとカメラマンかCAPAですかね。EOS5D MarkUが気になりますね。思い切って注文するか???
Msumida
2008/10/21 08:01
とりあえず、レギュラーのCAPAだけ買いましたが、まだ袋から出していません。
新型カメラの記事は、目の毒ですね。
しばらくは、機材を増やす予定はないのですが、D90は気になる存在です。想像以上に性能が高いんですか?
どうしよう・・・・
昔(80年ごろ)、新聞に大きくカメラの広告が載ると、はがきを出してカタログを送ってもらってました。
しばらくすると、カタログ満載の分厚い封筒が届くのですが、嬉しかったですね〜
もう、食い入るように見てました。
58Caddy
2008/10/21 09:37
Hiroyukiさんこんにちは!
Hiroyukiさんのところでは、ずいぶん早くカメラ雑誌が入手できますね。24MPですからね。かなり解像度は高くていいはずですよね。カメラのAFで合わせた結果なのでしょうかね。
blog管理
2008/10/21 22:39
Msumidaさんこんにちは!
今度はEOS 5DMK2にいきますか!いいですね!
カメラ雑誌をみているといろいろとみんなよくみえてきて困りますね!
blog管理
2008/10/21 22:41
58Caddyさんこんにちは!
おっしゃるとおりで、カメラ雑誌は目の毒という感じですね。D90は今月の各誌をみるといいなと改めて感じさせられますね。自分のまわりにも2名オーナーがいていい、いいと魅力を振りまいておられます!(笑)
むかしはカタログもよくもらいましたね!
いまはすべてネットで間に合いますからね。。
一時はカメラ雑誌の役割も終わったという論調もありましたが廃れませんでしたね。カタログにも魅力的なものが欲しいですね。
blog管理
2008/10/21 22:47
おはようございます。昨夜デジタルカメラマガジンとCAPAを買って、帰りの電車の中で読みました。EOS5DMarkUは良いカメラに仕上がっていますね。ニコンのD3xがいつ出てくるか、もう少し待ちですね。
Msumida
2008/10/22 04:15
Msumidaさんこんにちは!
5DMK2はやはりD3X待ちということですね!
D3Xもうわさでは、なんとなく年内中には登場しそうですので、5DMK2も11月ですからここは様子見で正解だと思います。ただ両者の価格差はかなりありそうな感じもしますが。。
blog管理
2008/10/23 00:25
今月のカメラ雑誌からきになる記事は!【11月号前編】 きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる