きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS 6軸手ブレ補正機能がついたデジカメって?

<<   作成日時 : 2008/10/17 23:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

 今日は携帯電話の機種変更をしてきて、ついいままで取り扱い説明書と格闘していてふときがついたら時間がこんなにたっていたという感じでした。それにしても久しぶりに携帯を変えたのですが、相変わらず説明書の厚さに圧倒されてしまいます。

 いままで使っていた携帯はドコモのムーバだったのですが、これには個人的な理由がありました。最近は問題なく基地局が設置されたようなので機種変更したのですが理由は地下鉄移動が多いということがありました。フォーマは地下鉄のホームで使えるようになるまで少し時間がかかったようで、特に問題がなかったのでムーバをずっと使ってきました。

 同じような理由でいまでもムーバが手放せないというかたもいるというおはなしを担当のかたからお聞きしました。それは別荘によくいくというかたで、その別荘のある場所ではフォーマが圏外になってしまい、いまだにムーバが手放せないそうです。

 最近は使っていた携帯も古くなったのか、何度も落下を繰り返したせいか、携帯のカメラが故障して電池パックの持ちもいまいち悪くなった感じで、充電を忘れてでかけてしまい、はらはらする場面に何度か遭遇することもあったりして、そろそろ変え時かなと感じていました。

 一番はらはらしたのは、友人が出張で東京に来ることになり、待ち合わせをしたのですが、そんなときに限って充電するのを忘れ、待ち合わせの大切なときにバッテリー切れ間近かという表示になり、待ち合わせ場所を大まかにしか決めていなかったので、大変あせったことがありました。

 最近は、友人の携帯番号なども自分の携帯に登録して安心してしまい、外に書きだすということもしてなかったので、バッテリーが上がっては番号もわからなくなってしまい、連絡がとれなくなってしまうという状況にせまられました。なんとかバッテリーが切れる前に待ち合わせ人数分の電話番号を書きだして最悪公衆電話で連絡が取れるようにして、急場をしのぎながらドコモショップを探して歩きました。

 銀座のドコモショップで充電することができて、問題なく待ち合わせができましたが、このときばかりはもう新機種にしようと心に決めました。

 というようないきさつをきっかけに、機種変更をしたということなのでしたが、新しい機能満載の携帯は意外なことに内蔵のカメラは200万画素のもので、携帯のカメラは500万画素が当たり前なのかなと勝手に思い込んでいたので、あれっという感じがしました。

 調べてみると自分の使っているドコモでは、906 i シリーズはほぼ、500万画素クラスを中心にして、一部に、300万画素クラスと、200万画素クラスの機種があるだけで、706 i シリーズは機能をそろえたのか、200万画素にきれいに統一されていて、1機種ずつ、320万画素と、130万画素の機種があるだけというかたちでほぼ画素数はそろえられていました。

 以前はコンパクトデジタルカメラの領域を携帯のカメラが侵食して、もうコンパクトデジタルカメラは駆逐されてしまうという論調もあったように記憶していますが、暗黙の住み分けが知らないうちにできているかのような感じを受けました。ちょっと新型携帯のカメラに密かな期待をしていただけに、自分の買ったモデルの意外なほどの画素数の少なさにはがっかりしました。

 充電が終わったので、これからワンセグを受信してみようと思っています。メーカーが変わったのでメールのお作法ががらりと変わったのには困りました。こういう部分の操作性は同じキャリアなら統一してくれてもいいのではないかなと思いました。

 画素数にがっかりはしたものの、6軸手ブレ補正機能がついた今度の携帯カメラの写りも試してみようと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時

6軸手ブレ補正はモルフォ社のフォトソリッドの技術ですね。
http://www.morphoinc.com/

 要約すると超高シャッターで複数枚撮影しカメラ内で各画像間で動きの差があった被写体の輪郭を追尾して被写体と背景を分離して1枚に合成する技術なのだけど。効果は高感度にしなくても暗い場所でブレ無く撮れ、しかも被写体ブレの一部さえも目立たなくしてしまうというものみたいですね。しかも携帯に搭載されているマイクロコンピュータ程度の処理能力で十分稼働する。(このほかパノラマ合成やCMOSセンサーの時間軸の歪を除去する技術など色々なミドルウェア技術を開発してます。)
SK
2008/10/18 00:53
SKさんこんにちは!
情報をありがとうございました!そもそもそこを書かないといけませんよね。もう昨日ですが夕方から取り説とにらめっこ状態であっという間に時間がたってしまいました。無理やり的なデジカメ記事という感じですみませんでした。
この6軸式の手ブレ補正は優れもののようですね!
ソフト的に補正する技術も進化しているのですね。
勉強になりました!ありがとうございます。
blog管理
2008/10/18 02:17
初めまして^^ 楽しく読ませてもらっています。
携帯の画素数についてですが,撮像素子の面積が狭いので500万も詰め込むと却って画質は低下します。
購入されたデジカメくらいでちょうどいいですよ^^
hisa
2008/10/18 07:11
それはハラハラした待ち合わせでしたねぇ。。
現在の携帯電話のカメラの画素数が、まだそのあたりだったのかとちょっと意外な印象でした。
機種変更したばかりですと、色々弄って寝不足な日が続いたりするかもしれませんね。慣れるまでが非常に楽しいんですよね〜♪
昇り龍
2008/10/18 07:19
ムーバの時代は予備バッテリー必携でした。あの当時から比べるとバッテリーも進化しましたが、液晶が巨大化高性能化したためもちが悪いですよね;;私はエネループを容れた簡易充電器を常に携行していざという時に備えています。コードで接続するタイプのものは断線しやすいので直接差し込むタイプのものを使ってます。
どりさま
URL
2008/10/18 21:57
hisaさんはじめまして!
いつもお読みいただきましてありがとうございます!
携帯のカメラ機能には500万画素ぐらいでもう十分ということなのかもしれませんね。コンビにの機械で簡単にプリントするぶんには200万画素もあればこれも十分ですしね!一時はコンパクトデジタルカメラが必要なくなるのではといったはなしもありましたがその心配は杞憂に終わったようですね!
blog管理
2008/10/19 16:02
昇り龍さんこんにちは!
いや〜待ち合わせで、電池切れの瀬戸際にはかなり焦りました。
電話番号を手帳にも書いてなくて、あわてて書きだしたりと、危なく合流できなくなるところでした。(笑)
自分も200万画素に意外な感じを受けました。
機種変更はむかしは新機種がでるとすぐに変えていましたが、いまはもうメールと電話が使えればいいやという感じで携帯そのものに興味がなくなってしまいました。電車やホームで多くの人が携帯画面に見入っている様子をみる度に自分は携帯に振り回されるようなことだけは避けようと心に強く思うのでした。(笑)なので取り説も必要なところからしか読んでません。(苦笑)
blog管理
2008/10/19 16:09
どりさまさんこんにちは!
ムーバのアナログ時代はほんとうにバッテリーの持ちが最悪でしたね。(笑)一度仕事で一番肝心なときにもう電池切れで予備に持っていった自分の携帯(デジタルのもの)で仕事の用をたしたという経験があります。
まだ通話料が高いときだったので、会社の携帯を持っていった意味のなさに唖然としました。
いまは新品に変えたので、そんなはなしもいまはむかしという感じで連続待受時間も約570時間と心強い感じです!
blog管理
2008/10/19 16:15
6軸手ブレ補正機能がついたデジカメって? きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる