きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS DSLRの動画機能の将来は

<<   作成日時 : 2008/10/14 23:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

 デジタル一眼レフに動画撮影機能が搭載され、デジタル一眼レフも新しい進化の時代に入った感じですが、搭載に対する賛否やその機能にはまだ未完成な部分もあったりしますが、動画機能搭載モデルがでたばかりのいまの時点で搭載に対する賛否を議論するのは早計な感じもします。

 そんなデジタル一眼レフの動画機能についてダイヤモンド社の、DIAMOND onlineでは、『動画撮影できる一眼レフデジカメが、ビデオカメラ市場を脅かす』というタイトルで動画機能の今後をうらなっていました。

 デジタル一眼レフ(DSLR)にニコンとキヤノンでは動画機能を搭載してきましたが、「中級モデル「D90」」と「キヤノンの上位モデル「EOS 5D Mark U」に搭載してきたのにはわけがあると記事ではいう。

「一眼レフデジカメの動画撮影機を使いこなせば、「記録」だけではなく「作品」を作る楽しみが享受できる。そこに一番親和性が高いのは、写真撮影に詳しいユーザーと言うことだ。」

 確かにそういう側面はあると思いますが、意外と保守的な中級モデル以上のユーザーにそういうことが単純にいえるのかなという疑問も少しわきました。個人的にはDSLRに搭載されたHD動画機能はいままでとは全くちがう新しいユーザー層を開拓していく原動力になるのではないかなと想像しています。

 それは、いままでのハイエンドビデオカメラの映像表現にあきたらないユーザーにアピールするのではないかと想像するからで、その意味では記事の次の部分がきになりました。

「動画撮影機能を持った一眼レフデジカメの登場に戦々恐々としているのは、やはりソニーやビクターなど、ビデオカメラに強いメーカーだろう。ニコンやキヤノンの一眼レフを使ってきたユーザーたちには、「交換レンズ」という資産がある。だが、ソニーやビクターが素晴らしい動画撮影機能をもつビデオカメラを出したところで、簡単には乗り換えないからだ。」

 交換レンズの資産を持たない新たな層にアピールできて、動画機能を搭載したデジタル一眼レフがその層に売れるようなことにでもなれば、逆にいうと新たなレンズ需要も生まれることになると思います。

「一眼レフデジカメの動画撮影機能は、現時点でもかなり完成度が高い。さらに数世代の機種を経て、機能と使い勝手が向上する頃には、ビデオカメラ市場を席巻する存在になる可能性も十分にあるのだ。」

 これには同感で、技術の進化はそうとう早いものがあると思うので、ビデオカメラとはまた異なった進化をみせると個人的には想像しますが、ビデオカメラ市場に影響を与える機能に成長する可能性は十分考えられると思います。

 また、いまは2社とも中級モデル以上の機種に動画搭載を搭載してきましたが、個人的にはエントリーモデルにも動画機能を搭載していくのは時間の問題ではないかと思いました。まずは普及させてDSLRでの動画撮影にもなれてもらうこともその普及には重要だと思います。

 ところで、うわさされるD3Xにも動画機能は搭載されるのでしょうか。もし搭載されるとすると24MP超のフルサイズセンサーの映像はどのようなものとなるのか楽しみなものがあります。


【資料】
ダイヤモンド社
DIAMOND online
動画撮影できる一眼レフデジカメが、ビデオカメラ市場を脅かす
http://diamond.jp/series/digitrends/10048/




【 このブログに初めてコメントを書かれるかたへ 】
 このブログでは、コメント欄のご利用に関しまして、簡単なルールを決めさせていただいています。初めてコメントを書かれるかたは、必ず「プロフィール」に掲載してあります【コメント欄についてのお知らせ】を、お読みください。(下記URL)
http://profile.biglobe.ne.jp/id/f2f4d1x/index.do
 このブログではコメントを書かれて掲載された時点で【コメント欄についてのお知らせ】をお読みいただいたものとさせていただきます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
一眼レフカメラで動画を使ったことないのでその立場でのコメントですが、今の形状で動画が快適に撮れるのか、興味があります。僕の使っているコンデジには動画機能があり、たまに、使うのですが、数十秒程度ならおもしろいですが、本格的に動画を撮影しようとは思いません、今あるカムコーダの形状で一眼レフ用のレンズが使えるなら別ですが、昔あったカメラでサムライのような形で一眼レフ用の交換レンズが使えるなら面白いと個人的には思います。ここはぜひD90オーナーの実体験を楽しみにしています。
s_neko
2008/10/15 00:42
ケイさん、こんにちは。
デジタル一眼に動画の機能は私も、大いに楽しみな事です。
一眼のメリット、レンズ交換、画質の良さ、背景のボケ具合、AF性能、使う楽しさ等など、大いに有ると感じます。
高感度で、星空を動画撮影して、星の動きや流れ星の
様子、オーロラ撮影、天文現象撮影なども高画質で
撮影が出来たら、本当に嬉しいです。
出来れば、センサーを冷却できる様にした、デジ一で
動画機能が有ると、ノイズの少ない綺麗な撮影が出来るでしょうね。
きょろちゃん
2008/10/15 12:09
DSLRの動画機能は表現の幅が広がる点で価値があると思います。デバイスがハードルにならず、皆が必要な機能を使って作品の出来で勝負できればイイナーと思うので・・・。

ただ、ビデオカメラと比べるとマイクやフォーカスに成長の余地がありそうですが、これもいずれ改善するのではないでしょうか。そういう意味で今の時点では動画を加工しそうな層から入ったということかもしれませんね。

D3xの動画機能、どうでしょう?
すばらしい画像をもたらしてくれそうですし、実際のハイビジョンテレビの画素数からクロップもつきそうですね。
marusuke
2008/10/15 22:06
個人的には、デジイチに動画が必要か言えば今のところ正直否定的ですが、キャノンとニコンという2大メーカーが相次いで動画機能掲載機種を発表したということに関しては、メーカーからユーザーへの“新しい提案”として素直に受け止めています。メーカーがこのデジイチでの動画を1作品として捉え、普及させていきたいのであれば、新たな発表の場(メーカー主催のフォトコンのようなもの)を創造していくことも必要ではないかと思います。

ただ、仮に今後発売されるデジイチ全ての機種に動画機能が掲載されても、写真というコンテンツは残り続けると思いますし、メーカー自身もあくまでメインは写真であるという位置づけは変わらないと思います。

今ではあたり前に携帯にカメラが付いているように、デジイチに動画機能があたり前の時代が来るのはそう遠くはないでしょう。でも、携帯にカメラが付いていても使わない人(私もその一人ですが)がいるように、デジイチで動画がとれても使う人、使わない人が出てくるだけだと個人的には思っています。

メーカーにはデジイチで動画機能を売りにするようなことはして欲しくないなというのが本音ですかね。
かっつん
2008/10/15 23:58
s_nekoさんこんにちは!
一眼レフの形はやはり写真を撮影するために進化してきた形だと思っています。自分もまだショールームでごく短い時間しか、N社もC社のものも使ったことがありませんが、動画撮影時のホールディングは別にしても楽しかったです。
D90の動画に関しては、積極的にご自身のブログで撮影結果を掲載されている、ささサンのブログをご紹介させていただきます。(URL)
blog管理
URL
2008/10/16 00:34
きょろちゃんさんこんにちは!
DSLRの動画機能はこれからどのように発展していくのかとても楽しみなものがありますよね。特に高感度域の性能著しい最近のDSLRではビデオではむずかしい映像にも可能性が広がりますよね。センサーの冷却となると本格的な天体撮影の世界になりますね!改造するひともでてきそうな世界のおはなしですね。
blog管理
2008/10/16 00:40
marusukeさんこんにちは!
DSLRまたマイクロフォーサーズの一眼などの動画機能の進化も時間の問題でしょうね。いまはまだ初心者には操作性でハードルが高いかもしれませんが、そのきになればいまでも使えますからね。
動画に親しんでいる層にアピールすることを想定した感じで搭載してきた2社は正解だったでしょうね。
D3Xに動画機能はどうでしょうね!LVボタンも独立したものが付くのか!画素数以外でD3から進化する部分が楽しみですね。
blog管理
2008/10/16 00:46
かっつんさんはじめまして!
ニコンもキヤノンもほぼ同時期にそして両社ともにまだ未完成な部分を残しつつも搭載してきたというところに意味がありそうですね。それは今後何年かして今年動画機能を搭載したことの意味がなるほど!とわかるもののように感じています。そして両社ともにあくまでも写真撮影がメインだという位置付けを強調していたことも両社の言い分がここまで揃っているということに興味深いと感じました。おっしゃるようにメーカーの動画コンテストなどの主催もひとつありですよね。
動画機能は付いてもそれほどコスト的に高くなるとも思えないので今後は普及の方向だと想像します。
その機能が不要なら使わなければいいだけのことでこれは新機能が搭載される度に同じことが繰り返しいわれていることですよね。LV機能を売りにCM展開しているS社のような例もありますからね。どのような売りかたになるのかはわかりませんが、一眼レフの基本は大切にしていって欲しいという気持ちは同じですね。
blog管理
2008/10/16 01:00
DSLRの動画機能の将来は きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる