きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS ペンタックスから小型軽量で使い勝手のいい新モデル?

<<   作成日時 : 2008/09/09 23:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 26

 K20Dをリリースして以来、話題の少ないペンタックスですがペンタックスユーザーの声をネットで読むと小型・軽量な機種への期待がけっこうあることがわかります。銀塩時代のペンタックスをご存知のかたなら、ペンタックスイコール小型軽量なカメラというイメージだったことをなつかしく思いだされるのではないでしょうか。

 もうだいぶむかしのはなしになりますが、オリンパスがOM-1をだしたときのペンタックスの小型軽量化への執念はミリ単位におよび、MXというカメラでは、OM-1より、幅、奥行、高さともに、0.5mm単位で小さく仕上げてペンタックスの小型軽量のイメージを守ったという逸話もありました。

 最近では、その時代のように無理に小ささを追求することもなくなり使い勝手を考えてボディサイズも考慮されるようになりましたが、やはりペンタックスのカメラに対するイメージはいまでも健在のようで、特にエントリークラスでは、他社のカメラが小型化に力を入れているせいか、K200Dなどはペンタックスにしては大きいなという印象を持たれているようでした。

 そんななかいつもペンタックスの動向について情報をいただく読者のかたより耳寄りな情報をいただきました。それは以前話題になった、K四桁機の登場に関するもので、海外での名称はK2000Dというようで、すでにこの新モデルは発表に向けて準備が進められているようです。

 そして国内に向けては、K2000Dとは違う名称になるかもしれないというはなしもあるようで、小型軽量で定評のあった機種のアルファベットを使ったものとなるかもしれないという。この機種は軽量コンパクトな作りで扱いやすい機種になっているといい、APS-Cサイズのデジタル一眼レフとして、K10D、K200Dと同様のセンサーを使っているという。

 もちろん、ペンタックスのSR、DRは搭載され、液晶画面は2.7インチで、ペンタミラー、単三電池を使用のようです。そして発表は来月までにはおこなわれそうとのことですがもしかするとフォトキナでの発表もあるかもしれないということで、このあたりはまだ正確なことは不明のようですがそれほど時間があかずに発表はありそうな感じのようです。

 あと、ペンタックスユーザーのかたにとってはもし本当なら、サプライズな情報になるのかもしれませんが、ペンタックスの予想以上に各社から、今年はフルサイズ機がでそろってしまったので、ペンタックスとしてもフルサイズ機の開発ロードマップを変更した可能性もあるとのことでした。

 これはまだ、「可能性」のはなしであり、これから開発というはなしでもありますので、すぐにということにはならないと思われます。ペンタックスではAPS-C用デジタル一眼レフに向けた交換レンズの充実に力を入れていますが、フルサイズもとなるとそれに向けたレンズの開発も急務となりますので、ペンタックスブランドのフルサイズ機の登場までには、いまひとつ時間がかかるのではないかと想像します。

 いろいろと社内改革の真っ只中という報道もあるようですが、ペンタックスのデジタル一眼レフの開発は、ロードマップにそって順調におこなわれているようで、K四桁機は位置付けはエントリーながらも質感にもきをつかったものとなっているというはなしもあるようで、ペンタックスから久々に小型・軽量で扱いやすい機種の登場が期待できそうです。


【用語】
PENTAX独自のボディ内蔵手ぶれ補正機構 SR (Shake Reduction)
独自のホコリ除去機構 DR (Dust Removal)

【資料】
HOYA、今後数年で10─50億ドルのM&Aが必要
2008年 05月 21日ロイター
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnTK011232520080521?rpc=144

【 注 意 】今日の内容は正式なはなしではないので、一応このお断りをつけておきます。
 ここで取り上げたうわさは、あくまでも、うわさの域をでないはなしです。ここに書いた、うわさの内容は、まったく未確認のおはなしです。うわさとして書かれたものの内容の、ご判断につきましては読まれたかた、ご自身の判断に委ねております。こんなはなしもあるのかといった、娯楽程度に受け取りください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(26件)

内 容 ニックネーム/日時
そうなんですか、それはうれしいニュースです。実はこちらでは四桁のものはすでにあります。K1000Dというのですが、これはK100Dスーパーのことでした。だから次はK2000Dということなんでしょうね。

小型軽量がわたしの最大の選択基準なので楽しみです。わたしは最初のデジイチ入門機がK100Dでした。しかしK200Dはかなり重いので敬遠していました。今メインのE-520も小型軽量で持ち運びが楽なところが最大の利点です。しかしファインダーが見にくいことが難ですね。その点ペンタのファインダーはよろしいのでMF単焦点派としては期待しています。


amselchen
URL
2008/09/10 06:56
BCNのソニー担当者のインタビュー内容は、ペンタックスが狙っているのところで
ソニーが10%のシェアを継続的に取るときつくなりそうです。

現状他社と比べて明らかに良いのは、スペックでは測れない冴えを感じる実画質で、
50Dもα900も出てきた画には正直驚きを感じませんでした。
(むしろKissX2の方がトータルの光学マッチングが成功しているように思います。)
報道と動体は、N社、C社にまかせて、主用途のスナップと風景を対象に、
サムスンの製造力を借りて、ここを突き詰めていって欲しいと思っています。
操作性の良さは伝統で、小型計量化も時間の問題と思います。

フルサイズ、645を出すまでのここ1,2年が踏ん張り処のように思います。

ぽん
2008/09/10 13:19
各社が35mmへ向かう中、ペンタックスは?と思ってたのですが、ここで35mmも!という舵を切るのは正直ないんじゃない?と思いますね。
もしするなら、それこそユーザーに呆れられると思います。
(これはフォーサーズ陣営もしかりですが)

というのも、期待の645Dを凍結宣言までしてAPS-Cで行く!とユーザーと親会社HOYAに説明&納得を頂いているわけで、方向を即座に変えるなら、個人的には「信用ならん!」と思えるわけです。
(もちろんビジネスですので有得ますが、ユーザーがついていくか・・・は疑問です)

35mmにいくなら645を再開して欲しいですね。
恐らく私ごときは買えませんし、使いこなせない代物ですが、それでも見たいモノの一つであることは間違いありません。
ケイさんも、そう思いません?
sharlytemple@自宅
2008/09/10 13:31
SONYがα900をNikonD700より軽くした上で驚異的な見えの良さのファィンダーと機能全部載せで価格を33万に抑えてきたところで後発参入はかなり厳しくなったと言わざるを得ないと思います。
SK
URL
2008/09/10 14:19
ケイさん、こんにちは〜!
久し振りですよね、ペンタの話題なんて・・・。
今日は、α900の正式な発表もあり、之からが本当のフルサイズ時代の到来でしょうか。
ペンタの場合は、新規に体制作りの中で、APS-Cサイズ
一眼の高機能、使い易さ、価格的にも身近な存在のカメラで慕われる道が先決の様な気が致しますね。
フルサイズセンサーの供給先をSONYに再び、求めるにしても、直ぐには実現される事は無さそうですし。
実売価格も、30万どころか、20万円前半位で出して行かなくてはならなくなりそうですね。
今の体勢で、無理な大型のフォーマットのカメラの開発は、難しいと思います。
ニッチ狙いの中にも、活路は見出せる物と、思いますね。
きょろちゃん
2008/09/10 15:58
ペンタックスには安価で優れたフルサイズ用単焦点が沢山ありますからフルサイズボディにも期待してしまいます。
小型、軽量、ファインダーが優れていて、サムスンと組んで価格破壊までしてくれればいうことがないです。
しかし今回それとほとんど同じコトをソニーがしてしまいました・・・
α900のファインダーをはやく覗いてみたい。
ペンタックスは身売りの話もありますし、どうなるんでしょうね。

2008/09/10 17:25
私は単純な人間なので、コストパフォーマンスにすぐれ、小型軽量化されたフルサイズデジ一をペンタックスなら作ってくれる!と、勝手に解釈しています。
逆にそこまでしないと、勝負にならないとも思います。
α900がソニーから発売されたばかりですが、いかんせんカメラボディ以外の価格が高いメーカーさんなので、ペンタックス・サムスン陣営に期待しています。
beat
2008/09/10 17:44
写真好きなら使ってみな、
とでも言うような銀塩スタイルのカメラなんて
ペンタに期待したいとことですけどね。

なんせ、一眼レフを市場に定着させたのはペンタの功績であり、
その歴史については最も古い国産メーカーです。

その歴史、名前に負けない魅力あるペンタに期待します。
70年代、ほんとに輝いていましたよ。
あの頃は雑誌のコンテストでペンタ利用者が大半でした。
あの時代を懐かしんでいる人は待ってますよ。
強いペンタの復活を。
MES
2008/09/10 21:01
すみません PENTAX の記事とは 関係ないのですが・・
(^^;;)

CANONの 例のティーザー広告に変化がありました。
明らかに第2段階目に入り、明るい部分がわずかに増えて
CANONのロゴと かすかに EOSの文字が判別できるようになっています (*゚▽゚)ノおー!
http://www.canon.com/moon/en/index.html
chandra
URL
2008/09/10 22:05
フランスのサイトに注目しているのですが
本日 こういうネタがありました
結構それらしいかもです

9/17発表 

http://www.eos-numerique.com/forum/showthread.php?p=899361&posted=1#post899361

- EOS CANON 5D-MARKII
- 24 millions de pixels
- Nouvelle batterie, nouveau grip
- Processeur DIGIC IIII
- Fonction vidéo
Prix : 2.600 Euros.
L'annonce officielle sera faite par CANON le 17/09/2008.
chandra
URL
2008/09/10 22:16

Here is information about the replacement of 5D:

-- Canon EOS 5D-MARKII
-- 24 million pixels
-- New battery, the new grip
-- DIGIC IV
-- Video Service

Price: 2,600 Euros.

The official announcement will be made by the CANON 17/09/2008.


値段と画素数とビデオが新情報ですね。

2008/09/11 00:25
画素数アップとか、いずれ陳腐化してしまう部分じゃなく、
なにか永続的に満足できる魅力を持ったカメラが欲しいな。
仕事で使うなら写ること優先だが、趣味で使うなら
所有しているだけでワクワクするものとか。
ME、MX(とくにこっち)は本当に格好よかった。
機能美を感じる小型軽量ボディが懐かしいが、
ペンタックスに往年の勢いを取り戻して欲しい限り。
MX
2008/09/11 00:29
amselchenさんこんにちは!
海外では名称も違っているのですね。K1000Dのことは知りませんでした。となるとこれはK200Dの後継になるのかな。ペンタックスの特徴である小型軽量で使い勝手のいい一眼レフという基本にもどったカメラの登場はユーザーのかたから支持されそうですね!
むかしを知る者としては、このK2000Dがどういう出来栄えになっているのかとても楽しみです。
blog管理
2008/09/11 00:42
ぽんさんこんにちは!
その記事は読みましたが、ソニーではシェアの食い合いではなくユーザー層の拡大でシェアアップを目指しているようですね。なのでペンタックスも既存ユーザーをまず大切にしてユーザー層の拡大に努めなくてはいけないと思います。ということではペンタックスの本来の持ち味である小型軽量ないいカメラというのは原点回帰でいいことだと思いました。おっしゃるようにここは踏ん張りどころだと思いますがここにペンタックスありという存在感のあるカメラの登場も期待しています!
blog管理
2008/09/11 00:50
sharlytemple@自宅さんこんにちは!
フルサイズのはなしはあくまでも可能性レベルのはなしですので、はっきりとしたことはまだわかりませんし仮にでるとしてもかなり先のことのようですよ。
ペンタックスユーザーの声にはフルサイズ待望の声もおおいようですし、PIEでははなしを聞いた係りのかたがいろいろと検討はしていてデジタル時代は先が読めないというようなはなしもしていましたのでよい意味で柔軟な対応でいいと思います。
確かにリソースを分散するなら645がまず先だろうというおはなしはもっともだと思います。ただセンサー価格の下落が35フルのほうが早く落ちればそっちを作るという判断もあってもいいのではないかと思います。
あくまでも、まだ可能性のはなしですから!(笑)
blog管理
2008/09/11 00:57
フィルム時代に、35mm、645、6x7、110という4つの
フォーマットを誇ってましたねペンタックスは。
今振り返ると、凄いことだったんだなと思います。
superA
2008/09/11 01:01
SKさんこんにちは!
ソニーの、α900でましたね!ファインダーにかなり力を入れて開発したのは早くのぞいてみたいです!
ペンタックスのフルサイズのはなしはまだ可能性というレベルのはなしですし、仮に、でるとしてもまだだいぶ先のことのようですよ。その時には各社のフル機をばらして研究し尽くして開発すればいいので、返ってすごくいいカメラが出来るかもしれません。
なんてわかりませんけどね!(笑)
blog管理
2008/09/11 01:04
きょろちゃんさんこんにちは!
ひさしぶりでしたか!
昨日はソニーからα900がでて5D後継もシルエットが明るくなってきましたね!フルサイズ元年ともいわれていますが、ペンタックスは可能性とはいえまだまだ先のことのようですね。センサーの問題もあるようですしね。当面はAPS-Cの製品ラインアップの充実に注力という路線には変更はないとみていいという感じでしょうかね。でもフィリップスとの協力で勢いよくフルサイズ機の開発計画を打ち上げたペンタックスがなつかしいです。
blog管理
2008/09/11 01:12
Kさんこんにちは!
ここにお返事をまとめさせていただきます。
ペンタックスは社内の改革も7割がた終わったと報じられているように問題ないようです。
フルサイズの話はまだロードマップを変更した可能性があるというものでそのマップの行方には長いものがありそうです。なのであくまでも可能性ということで!
α900のファインダーは自分ものぞいてみたくなりました!そして5D後継ですね!ここにきて画素数がまた変わってきたのでしょうか。21から24とは!
そして動画もきますかね。シルエットも薄くなってきましたのでもうじき発表でしょうか!楽しみですね!
blog管理
2008/09/11 01:19
beatさんこんにちは!
α900でましたね!レンズもいい値段で!
ペンタックスのフルサイズに関しては、ロードマップに変更の可能性かということですのでまだまだわかりませんが、仮にでるとしても、まだだいぶ先のことのようですよ。そのころにはセンサーも安くなり各社のフル機を研究し尽くして小型軽量なペンタックスらしいフルサイズ機ができるかもしれませんね。645が先だろうというおしかりの声もでそうですが。。
blog管理
2008/09/11 01:26
MESさんはじめまして!
ペンタックスの功績やまだ高価だった一眼レフを身近なものとしてくれた実績は価値のあるものですよね。
デジタル時代では少し遅れをとりましたがそれもいまではすっかりとりもどし、今後は、ペンタックスらしさの付加価値を大切にしていく段階になったというところでしょうか。小型軽量でいいカメラということでは期待できますので早くみたいと思います。そしてこれが成功して新規ユーザーも増えてペンタックス飛躍の原動力になるといいなと思います。
blog管理
2008/09/11 01:36
chandraさんこんにちは!
α900の記事の終わりにコメント欄のお知らせを書いています。というような事情ですので、最新の記事に、書かれて問題ないですよ!
例の、キヤノンのティーザー広告のシルエットが、薄くなってきましたね!いつ発表になるのでしょうね!
画素数が21から24MPになるのですかね〜。
そして、動画も搭載となるのか早くキヤノンの渾身の一作をみたいですね!一説には驚異的な高感度性能というはなしもあるようですし!うわさの発表は17日というのは本当なのでしょうかね!
blog管理
2008/09/11 01:45
MXさんはじめまして!
おっしゃるとおりだと思います。趣味性のあるカメラというのもあっていい時代になったと思います。
過去を知る者としては自分もペンタックスの回復には期待しています。
blog管理
2008/09/11 01:50
superAさんはじめまして!
いまないのは、35mmと110ですね!
フイルムの2フォーマットに加えデジタルがいまはありますが、銀塩の35mmが、APS-Cに置き換わったと考えると、110が減っただけになりますね!
いまのペンタックスが3フォーマットを維持していることもすごいと思いました!ペンタックスがんばれ!
blog管理
2008/09/11 01:58
ケイさんお返事ありがとうございます。

それぞれのメーカーが特徴のある製品を出すような
魅力的な市場であって欲しいと思います。
どこ買っても同じようじゃ面白くありません。
ペンタ味のカメラはペンタでしか味わえない、
そんなカメラであればペンタはまた復活すると思います。
しかしこの秋も大量ですね。
多少の新製品ではもう誰も驚かない(苦笑)
MES
2008/09/11 22:17
MESさんこんにちは!
いえいえどういたしまして!
そうですね。おっしゃるようにメーカーの特徴が活かされた製品のひしめく市場は楽しいと思います。
ペンタックスに関しては今日うわさがでていました。
手ブレ補正が向上し小型ボディで10MPクラスAPS-Cで最小?ともいわれているようです。またDA55mmとDA60-250mmも登場とありました。ペンタックスの特徴がでたDSLRとなりそうですね!これからさらに新モデルは登場して来そうです。おっしゃるように、うわさも流れるのでおどろくことが少なくなりましたね。
blog管理
2008/09/11 23:15
ペンタックスから小型軽量で使い勝手のいい新モデル? きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる