きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS オリンパスの責任者マイクロフォーサーズ機を語る

<<   作成日時 : 2008/09/27 21:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

 フォトキナでの出品モデルの話題もひと段落という感じですが、出展メーカーの開発責任者のかたへのインタビューも報じられ、なかなか興味深いことを語られているメーカーの責任者のかたもいるようです。マイクロフォーサーズのモックアップを展示して話題を集めたオリンパスの責任者もそのひとり。

「トラディショナルなカメラ機能だけでまとめても先がないので、驚くような機能を盛り込みたい。でも、そうすると開発期間が長くなります。一方で、スタート時期はなるべく早くしたいという気持ちもあります。そうした中で、どこまでを盛り込んで1号機とするのか、いまだに迷っているところもあります」

 と、語るのは、オリンパスで一眼レフカメラ事業の責任者をつとめる、オリンパスイメージングSLR事業本部長の小川治男氏でフォトキナの会場で、デジカメWatchのインタビューに答えたもの。

画像


 オリンパスは、コンパクトデジタルカメラの形をした、マイクロフォーサーズ機のモックアップをフォトキナでお披露目しましたが、そのカメラの中には上記インタビューで答えているように、時間との戦いながら、できる限りの新機能の搭載が期待できそうな感じです。ところが、インタビューを読み進むと、

「手ブレ補正機能は入れていません。将来的にはいろいろなタイプのカメラが考えられるでしょう。もし搭載するのであれば、ボディ内だと考えています」ということで、オリンパスのマイクロフォーサーズ1号機には、ボディ内手ブレ補正機能の搭載はないことがわかりました。

 ライブビューの画面をみながらの撮影となることがモックアップからすでに判明していますがこのボディ形状でボディ内手ブレ補正機能がないというのも、ちょっと心もとない感じです。手ブレ補正機能を搭載しない理由については、

「マイクロフォーサーズに対し、よりスリムに持ち歩きやすいカメラを求めているはずですから、手ブレ補正機能は入れていません」という理由のようですがインタビューを読んでいて、なんとなく残念な感じがしました。そのマイクロフォーサーズ用のレンズに関してロードマップの公開はあるのかを聞かれ、

「どこかのタイミングで、どのような方向で開発しますということをお披露目する必要はあると思いますが、現時点ではまずフォーサーズ対応のカメラが先にあります。」ということで、発表はまだ先になりそうな感じです。まずはボディとモックアップにあるようなパンケーキタイプのレンズをだして、その後どのようなレンズが欲しいのか、ユーザーニーズを幅広く聞いていくのかもしれません。

 まだまだ、内容は未知数なことだらけのオリンパスのマイクロフォーサーズ第1号機ですが、デザインはモックアップの感じでいくようですので、オーソドックスなまとまりになりそうな感じです。

 オリンパスのモックアップをさわっている動画がありました。実際に人がさわっているところをみるとどれぐらいの大きさかなどもイメージしやすいのではないかと思います。


【資料】
モックアップの動画
quesabesde.com
http://www.quesabesde.com/noticias/olympus-micro-cuatro-tercios-e-xx-photokina-2008,1_4608

【資料】下記のインタビュー記事を参照しました。
デジカメWatch
ダブルフォーサーズで期待に応えたい
オリンパスイメージングSLR事業部長 小川治男氏に訊く
会期:2008年9月23日〜9月28日
会場:ドイツ・ケルンメッセ
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/other/2008/09/24/9294.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
私の第一号カメラに似てますねw
この形で出てきたら欲しいです。

パナソニックのような形では小さくした意味がないと思います。
taka
2008/09/27 22:00
takaさんこんにちは!
第一号に似ていますか!オリンパスではこの形でいくようですので、買う方向になりそうですね!
パナソニックのG1は、早く実機をみてみたい機種のひとつです。
blog管理
2008/09/28 00:02
手振れ補正がなく、画像のレンズもパンケーキでこのくらいの大きさということですが使い勝手はどうでしょう。
フォーサーズよりさらに小さい素子の規格でもっとコンパクトなシステムに独自性を求めるのもありかなーと。

まだちょっと寝ぼけてますね。
marusuke
2008/09/28 05:50
オリンパスのマイクロフォーサーズ機の発売を楽しみにしている一人ですが、私もデジカメウォッチのインタビューを読んで、手ブレ補正がないというのを知ってちょっと残念に思いました。でも早く実機を見てみたいモデルではありますね!
yamataka
2008/09/28 08:05
動画ありがとうございました。
手の大きさで大きさのイメージがわかりやすいですね。
でもやっぱり手ぶれ補正がないのは残念ですね。
パナソニックの開発者の話でG1でボディ内補正を採用しなかったのは、動画撮影を考えると連続的に補正しなくてはならないので、現時点ではレンズ内補正がベストだと話していました。
オリンパスのも動画機能が載るのかもしれないですね。
動画より手ぶれ補正の方が嬉しいけど。。
HIDE
2008/09/28 13:59
こんにちは。
これは誰もがマイクロフォーサーズに期待していた形態をそのまま具現化したモデルと言ってもいいかもしれませんね。これはもう本当に理想的なモデルです。私、六月に辛抱たまらずDP1を買ってしまったのですが、このオリンパスの新型機の前には色褪せて見えているような・・・(汗)。手ぶれ補正はあれば言うことなしですけどね。いろんなレンズが付きそうなのは夢が広がります。オリンパスはやっぱり流石ですねー。ではでは。
almauniski
URL
2008/09/28 16:55
4/3ユーザーの多く(?)がこのタイプのマイクロフォーサーズ機を求めていたのでは?と思っています。
普通のポケットとは言わないものの、カメラベストに楽に入るのが僕にとっての理想像です!最強のサブ機体。

このモックアップではグリップがないのですが、MFフィルム一眼レフの様に、あと付けのグリップを用意すれば、より小型化を求める人と、ある程度グリップが欲しい人の両方を取り込めそうです。

手ぶれ補正が入ったら、よりいいのは確かですが、E-410,E-510のカットモデルを見る限り、手ぶれ補正ユニットはかなり場所を使うようなので、現状では+10mmくらい厚さの余裕が無いと入らないのかもしれません。(E-510の方が15mm厚い)こうなると、画像処理による手ぶれ補正とかが、将来モノをいってくるかもしれませんね。

マイクロフォーサーズの発表の際、勝手に大ざっぱな3面図を描いて遊んでいたのですが、カメラの設計がmm単位以下の攻防である事を思い知らされました・・・・その図がボディサイズが110×65×30mm。
実物はちょっと横長になりそうですが、楽しみです。
しろうさぎ
2008/09/28 17:53
marusukeさんこんにちは!
このカメラの使い勝手はきになるところですね!
フォーサーズのセンサーサイズより小さいセンサーで新システムとなると、それはまた完全に別のシステムになりますよね。作るメーカーはあるかなぁ。。
blog管理
2008/09/30 00:05
yamatakaさんこんにちは!
早く実機をみたいという気持ちは同感です!
といいながら、G1の発表を行こうと思いつつ面倒になりいいかと行くのをやめたのはどこのだれ。。(笑)
動画でみると小さい感じでモックアップは磁石でレンズの模型を取り付けているのですね。
blog管理
2008/09/30 00:09
HIDEさんこんにちは!
いえいえ、どういたしまして!わざわざお礼までいわれると探したかいもあります!こちらこそ、ありがとうございます!
人がさわっている場面があると大きさが具体的にわかりやすい感じですよね。そう思って紹介してみました。
ただ外国のかたは手も大きいと思うのでそのぶん差し引いてみなくてはいけませんけど。(笑)
ご紹介いただいた、パナソニックの開発者のかたのおはなしは興味深く読ませていただきました!ありがとうございます!なるほどという感じです。
ということは、ニコンもキヤノンも動画では有利ということになるのでしょうかね!興味深いですね。
オリンパスもボディ内手ブレ補正を入れてないということで、そこから動画が搭載かという想像はさすがと思いました。今後の開発の行方にも要注目ですね!
blog管理
2008/09/30 00:16
almauniskiさんこんにちは!
なるほど!マイクロフォーサーズ機の期待の形状ということなのですね!DP1のご購入、おめでとうございます!DP1にはほかに類のない特徴もあり比較するべきカメラもないという感じですので、それはそれで今後もぜひ楽しまれて、このカメラはレンズも交換できるということで、また別の楽しさということでDP1が色あせることもないと思います。オリンパスがこれにどのようなレンズを用意して来るのかも楽しみですね!
blog管理
2008/09/30 00:24
しろうさぎさんこんにちは!
自分はむかしよくOM-1と50mmのレンズを別々にしてポケットに入れて持ち歩いていました。
オリンパスなら強力なSSWFを内蔵していますのでそんな持ち歩き方も、なんの問題もないなと、このカメラをみていて思いだしながら考えていました。
ホールドについては洒落たライカのようなグリップもありですね。手ブレ補正に関しては、やはりむずかしいのでしょうね。E-420にもという声が多いのも感じますが、あのままのボディの厚みではむずかしいようですね。画像処理によるソフト的な手ブレ補正もこのようなカメラで実用化できれば採用もありですよね。
図面を書いて遊ぶとは、すごいです!かなりメカに詳しいとみました!
blog管理
2008/09/30 00:34
オリンパスの責任者マイクロフォーサーズ機を語る きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる