きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS 21世紀の標準 AF-S NIKKOR 50mm F1.4G が発表!

<<   作成日時 : 2008/09/22 22:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 26

 いよいよ今週から2年に一度のフォトキナウイークに入りました。そして、開催前日の今日は各社から新製品の発表が相次ぎ、カメラ業界もにぎわいをみせています。その今日発表された新製品のなかから、まずこのブログが最初に取りあげるのはもちろん、ニコンの新レンズです。

 ニコンから今日、AF-S NIKKOR 50mm F1.4G が発表されました。意外だったのは『N』のマークがなかったことでしょうか。レンズ構成が7群8枚とレンズの構成枚数がズームレンズに比べて少ないので、このレンズには必要がなかったということなのだと思いますが、『N』のマークがあれば、公表された価格より高いプライスをつけることも可能だったと思うと、ニコンの真面目さが感じられて、返ってニコンの自信のほどを感じさせるものがあると思いました。

AF-S NIKKOR 50mm F1.4G

画像


画像


ニコンのプレスリリースから、発売概要と主な特長を抜粋しておきます。

発売概要
商品名 AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G
希望小売価格 60,000円(税込み 63,000円)
発売予定日 2008年12月


主な特長
肉眼に近い画角46度による自然な描写
f/1.4の大口径
優れた描写力と美しいボケ味の両立
諸収差をバランスよく抑制した新設計の光学系
超音波モーター(SWM)による静粛性に優れたスムーズなオートフォーカス
「M/A」と「M」の2つのフォーカスモードを装備
オートフォーカス時には回転しないフォーカスリング
9枚羽根の円形絞りによる自然なボケ味
ニコンDXフォーマットのデジタル一眼レフ装着時は、焦点距離75mm相当
(35mm判換算)の中望遠レンズとして使用可能


 レンズの製品ホームページの主な仕様からレンズの重さをみると、約280gと外観からの印象以上に軽いことがわかります。最初レンズの写真をみたときは、マイクロニッコールみたいな感じを受けましたが、かなりレンズが奥まった設計にみえるのは、

AF-S NIKKOR 50mm F1.4G が最大径約 73.5mm×長さ 54mm
Ai AF Nikkor 50mm F1.4D が最大径 64.5×長さ約 42.5mm(質量約 230g)

Ai AF Nikkor 50mm F1.4D

画像


 レンズ構成がDタイプレンズの6群7枚と違いはあるものの新しいGタイプのレンズのほうが長さが1センチ以上長いことがわかります。

 これから登場すると思われる、新生NIKKORの単焦点レンズのデザインは、今後は、この50mm F1.4G に準じたものとなりそうでデザイン的にはなかなか落ち着いた品のあるものでいい感じだと思いました。

 また、AF-S NIKKOR 50mm F1.4G が発表された今日は、ニッコールレンズが累積生産本数4.500万本を達成したことも合わせて発表されました。

画像


ニコンのプレスリリースより。

株式会社ニコン(社長:苅谷 道郎)のニコン一眼レフカメラ用の「NIKKOR(ニッコール)」レンズは、2008年8月、累積生産本数4,500万本を達成しました。ニコン(当時:日本光学工業)は、1959(昭和34)年に初めて一眼レフカメラ「ニコンF」を発売し、この「ニコンF」と同時に発売された「NIKKOR-S Auto 5cm f/2」が、最初のニコン一眼レフカメラ用「NIKKOR」レンズになります。

 このようなことを書いてもいいのか、少し考えてしまいましたが、AF-S NIKKOR 50mm F1.4G とともに、というか、本来なら、このレンズがなにかとともに発表になっていてもおかしくなかったのではないのかなと、ふと考えてしまいました。


【資料】
Nikon
PRESS RELEASE/報道資料 2008年9月22日
ニコン一眼レフカメラ用標準レンズ「AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G」の発売について
http://www.nikon.co.jp/main/jpn/whatsnew/2008/0922_afs50_01.htm

AF-S NIKKOR 50mm F1.4G の製品ページ
http://www.nikon-image.com/jpn/products/lens/af/singlefocal/normal/af-s_50mmf14g.htm

PRESS RELEASE/報道資料 2008年9月22日
ニコン一眼レフカメラ用「NIKKOR」レンズ、累積生産本数4,500万本を達成
http://www.nikon.co.jp/main/jpn/whatsnew/2008/0922_nikkor_02.htm

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(26件)

内 容 ニックネーム/日時
とうとう単焦点が出ましたね。まずは標準の50mm。
早く作例を見てみたいです。どんな描写か気になりますね。
それから、グローバルニコンのサイト(URL)には、レンズ配置図もありましたよ。
前玉が、かなり奥まってますね。
フォトキナの間にも、新製品の発表があるのでしょうか?楽しみですね〜
58Caddy
URL
2008/09/22 23:18
このタイミングで発表されると嬉しいですね〜♪
50oF1.4Dが出たのが1995年でしたから、満を持してのリニューアルですね。
デザインですが、ずいぶんスッキリしちゃって・・・という印象です。
ニコンの新たな「顔」になって、ロングセラーレンズになって欲しいと思います。
昇り龍
2008/09/22 23:32
1:1.4Gの上(写真では左)にNの敷地予定?の場所があるにはあるのですが・・・Nナシできましたねえ。

個人的には今日は休みだったので、気づけば出ていたという感じでした。PC-Eのときのように発売予定のものを一気に発表しないあたり、他の短焦点は実発売日にあわせて発表するのか、そもそも開発していないのか・・・

お金の使い道がしぼられてしまったのでなかなか買えないのですが気になります(笑)
marusuke
2008/09/22 23:33
50mmF1.4Dの時はフォースリングの感触がスカスカだったので、Gタイプでこの点が改善されているといいですね。
絞り環が無くなってしまったのでF3には使えませんし、フィルター径が58mmになったのも、手持ちのフィルターが使えなくなってしまいます。
Toshi
URL
2008/09/22 23:52
ついに来ましたね!
複数本あったらもっと嬉しかったですが!
50mmという単焦点レンズ基本の所から発表となると、これからの単焦点レンズのリニューアルに期待できますね。
予約したいのですが、フォトキナの様子を見てから、総合的に判断する事に、マクロレンズとかの発表や展示があったらそちらが優先です。

実写を見ないと総合的なレンズ性能や描写の好みは分かりませんが、メーカーのMTF曲線は公開されているので、Ai AFやSIGMAの50mmと比較してみると、SIGMA>AF-S>Ai AFみたいですね。ただ、SIGMAは図体が大きいのですし・・・・それぞれ個性がありますね、単純なスペックでは比較できないのが、レンズ選びの楽しさであり、難しさですね。

とか言いながら、電卓を叩いている自分がいます(汗)
枕元のF3+ZF50mmの圧力ある視線を感じながら。
Gレンズになっても、君たちは使うから、あ、安心してくれないかなぁ。
しろうさぎ
2008/09/23 01:20
おお50単きましたか。
MTFもよくなってますね。
35とか85も待ち遠しい。
K
2008/09/23 01:23
こんにちは。毎日楽しみに拝見しています。

>> 本来なら、このレンズがなにかとともに

F7とかF7とかF7とかですか〜?
deco
2008/09/23 17:21
58Caddyさんこんにちは!
とうとう、というか、マイクロとか超望遠はでていますけどね!(苦笑)でもこういう単焦点としてリニューアルや新しいレンズとして期待されていたレンズが登場すると、とうとうというイメージになりますね!
レンズの構成図は入手済みだったのですが、掲載を忘れていました。お知らせありがとうございました!
見慣れてくると、このレンズの奥まった感じもいいなと思えてきました!フォトキナが開幕しましたね!
書くのに困るほど今回は話題がありますね!さてさてニコンからはほかにも発表はあるのでしょうか!
blog管理
2008/09/23 21:14
昇り龍さんこんにちは!
うわさされていましたからねこのレンズの登場は!
おっしゃるように、50mmはいまでもカメラメーカーの顔ですからね!それを考えると、デジタル時代の標準レンズ第一号には性能に期待してしまいますね!
デザインはほんとうにすっきりですね!(笑)
blog管理
2008/09/23 21:21
marusukeさんこんにちは!
Nの表示の予定地ですか!(笑)このレンズの、側を使ってほかのレンズも作るのでしょうか。そのレンズには敷地にNマークがつくのかな。Nがつく単焦点は24mmとかになるのか想像すると楽しいですね!
PC-Eの場合はやはりプロに向けてきちんと開発計画をお知らせする必要があるレンズということだったのではないでしょうか。今回の50mmに続くと思われるレンズは趣味性の高いレンズですから秘密のほうがうれしさも倍増ということかもしれませんね。(笑)
今後は、カメラどころではなくなりそうですね。でもうれしいことですから!もうシステムはほぼ完成しているので、思う存分成長記録を撮れますね!
blog管理
2008/09/23 21:34
Toshiさんこんにちは!
そうですね!AFレンズが開発されて登場してきたときはなんだか、がっかりさせられたものですよね。
やはりレンズにはヘリコイドの感触やそのグリスの感触が欲しいですよね。新しい60mmマイクロは改良されているので、これもそんな感じでしょうか。
絞り環の廃止はGタイプの宿命なのでしょうかね。
Dタイプを併売というあたりにその宿命の免罪符を感じました。
blog管理
2008/09/23 21:39
しろうさぎさんこんにちは!
そうですね!もし発表するなら3本ぐらいまとめて発表してくるのかなと想像してました。まず基本の50mmをだしてから、しっかりとそろえていきますよ!というメッセージなのでしょうかね!
おっしゃるように、性能的なこともきになるところですよね!レンズの描写はMTFだけではわからない部分も多いですからね。早く性能を知りたくなります。
フォトキナの様子見といいながら電卓ですか!(笑)
F3とZFは大切にしてあげてください!(笑)
blog管理
2008/09/23 21:48
Kさんこんにちは!
この50mmは、早く実写をみたいですね!
Kさんと同じくほかのレンズも待ち遠しいです!
blog管理
2008/09/23 22:04
いつのまにか出てた・・・いう様なひっそりとした発表でしたね。
もちろん、待ちに待った「単焦点」のリニューアルですから、嬉しいですし比較的定価が安いので、少しして売価がこなれたらベストセラーだな、と思えるレンズですね。
Nが無いことはほかの皆様も言ってますが、それほど問題にはならないかな?と思いますね。
マイクロレンズの用途ほど光源や描写にシビアな場面は、そうそう無いと思いますし。

このまま続々と出て35mmF2や85F1.4もAFS化して欲しいですね!
sharlytemple@自宅
2008/09/23 22:16
decoさんはじめまして!
いつもお読みいただきましてありがとうございます!
その部分は個人的な想像で、なにか情報があって書いたというわけではないのでよろしくお願いします。
ただ、唐突な感じでメーカーの顔ともいえるレンズが、ぽつんとでてきて、本当はこれがなにかにつけられて同時に発表になっていても不思議ではないと思いませんか。そんなところからの想像でした。
そのカメラはF7ではなく、デジタルのフラッグシップを想像していました。(高画素版)
ニコンのフォトキナは、D90とこの50mmで終わりでしょうかね。
blog管理
2008/09/23 22:40
sharlytemple@自宅さんこんにちは!
そうですね!(笑)静かな登場でしたね。
ニコンユーザーのかたが待っていた単焦点レンズの新生ニッコールシリーズがいよいよこれからでてくるのかなという感じになってきましたね!おっしゃるようにこのレンズはベストセラーになるでしょうね。
8枚構成の標準レンズに、Nはいらないというニコンの見解なのでしょうね。おっしゃるようにこれから続々とこれに続いて新レンズがでてくることを期待してしまいますね。
blog管理
2008/09/23 22:47
私にとっても高いです(>_<)中古のAi-sを狙うかな。でも写りが全く違うですよね…倍率色収差を直す機能の付いたカメラならだいぶ良く写るのかな。

何はともあれ歓迎すべき発表ではありまする!
凧tako
2008/09/24 00:28
こんばんは、ちょっとレンズから話題がそれますが、先日梅田のソニースタイルでα900を触ってきました。梅田は空いていたので、レンズを何本も付け替えたり、縦位置グリップを付けてもらったり、一人で30分ぐらいテストさせていただきました。

そこで出た個人的な見解なんですが、α900系のソニー製CMOSは、D3Xには採用されないと思います。ISO400でも暗部ノイズが多かったです。

D3Xが発表になるかどうかわかりませんが、自社製のCMOSを積んでくるんじゃないでしょうか?
Hiroyuki
2008/09/24 02:13
レスポンスありがとうございます。

>> 比較的定価が安い

う〜ん、定価が惨萬園台だったAi-s時代の50mm/f1.4ですら「高嶺の華」だった私からすると、自分で稼ぐようになった今でも、倍の定価設定のこのレンズは決して「比較的安い」という存在ではないです〜。

勿論、カタログにボディ本体の他に、50mmの各レンズ込みでいくら(ずつ)と三段で表記されていた時代とは、まるで時代背景が異なっているのは判っているつもりなんですが。
それにしても「標準レンズ(の中の標準レンズという思いが強いです、50mm/f1.4に対しては)が六萬圓とは…

くどくなるのでこの話はもうやめます。ごめんなさい。
deco
2008/09/24 21:38
decoさんこんにちは!
いえいえ、どういたしまして!
すみませんでした。価格に対する感じかたや価値はひとそれぞれでしたね。文中の比較的の部分はうわさでは明るい単焦点レンズがのきなみ10万円台になっての登場ではないか、などとするうわさもあったもので、比較的予想よりも抑えた価格だったという意味合いで書いたものでした。性能対費用ということで、これからこのレンズの性能がわかりますから、価格についてもそれから、価格に見合ったものかの評価があるのではないでしょうか。
量販店で値引きもありポイント還元も入れれば仮にすごく性能がいい、デジタルで開放から素晴らしい描写などとなっていれば、大方の見方は安いとなるかもしれませんね
blog管理
2008/09/24 21:53
凧takoさんこんにちは!
多分ですが、ニコンが報道資料で、デジタル時代のと書いていますから性能はそれに見合ったものとなっているのではないかと思います。
シグマですら50mmF1.4を作るとデジタルに対応させたものでは、ニコンと変わらない感じになってますからね。そう考えるとニコンとシグマの価格がそう変わらないとなるとサードパーティ製レンズが割高とさえいえる状況になってしまいます。
逆にシグマを基準にすると安いとなるのですが絶対的な金額ではひとそれぞれの受け取り方でそうはならないのもわかります。あと、decoさんに書いたお返事のような事情ですのでご理解ください。
blog管理
2008/09/24 22:05
Hiroyukiさんこんにちは!
過去記事のコメント欄を閉めているので昔の記事に書きたいと思われたコメントは新しい記事に書かれてだいじょうぶです。
α900さわられましたか!30分もゆっくり試せてよかったですね!そして結論ですね。α900の高感度で撮影された画像をいろいろとみましたが、まだ発売前なので詳しくは控えますが、α100の登場時を思いだしました。ソニーのショールームの担当者のかたは立体感があると語られていましたが、メーカーの考え方なのでしょうね。α100の登場時にもそういう説明がありましたので。もしD3Xがでるとしてニコンではどういうセンサーを採用してくるのでしょうね。ここが一番知りたいところですよね。推理は当たるのか!
ソニーのセンサーを使うにしてもニコンチューンを施して使うのかな〜と個人的には想像していますが。
blog管理
2008/09/24 22:15
とりあえず、AF-S50mmが出たのでD60購入を検討しはじめました。あとはAF-S28mmや24mmも出てほしいのですが、高額になるんでしょうね。F2.8で良いので安いのをお願いします。
Kojimac
2008/09/25 01:46
Kojimacさんこんにちは!
AF-Sの新50mmと、D60の組みあわせもよさそうですね!小型のボディに、このレンズを組み合わせるとかっこいい感じになるでしょうね!
50mmF1.4のほかにも単焦点のF1.4シリーズがでるといううわさがありますが、24mmや28mmが仮にでるとするとこれは高いものになりそうですね。
あと、以前ニコンの後藤さんが、D40クラスにも似合うレンズをだすとおはなしされていたのですが、あれはどうなったのでしょう。新生NIKKORの充実も始まったばかりですから気長に待ってみますか。(笑)
blog管理
2008/09/25 01:50
単焦点は商売にならないので、出ても高い物になるのはしかたがないかもしれませんね、f2.8クラスならズームで対応、それ以外の特殊用途や大口径のみ単焦点でという整理が、今後進むでしょうね。
新しいf1.4シリーズは、ひょっとしたらNoctやAiAF28/1.4Dのような非球面を活用したコマ収差はじめ諸収差を徹底的に排除したものになるのではないかと思っていたのですが、AF-S50/1.4は、わりとノーマルなものとして出てきましたね。今後の展開、どういう風にしてくるのか楽しみではあります。
ken2
2008/09/25 10:22
ken2さんこんにちは!
おっしゃる通りだと思います。数がでないと開発費の回収もままならなくなりますからね。それでも用意しないといけないレンズ、例えばPC-Eなどは作ってくれているので、よく考えるとすごいことだと思います。
メーカーの顔となる大口径の単焦点などは一眼レフならではの魅力という意味でも用意しておかないといけないでしょうね。今回のレンズは標準レンズでF1.4を活かしたボケ味も楽しむということで、非球面は使わなかったもかもしれませんね。これは想像ですが。
それ以外の明るい単焦点は最新技術満載で登場かななんてこれも想像ですけど!(笑)
稼ぎ頭のDXフォーマットのDSLRもまだまだ充実させていくと想像するので、DXレンズの充実もあり得そうですね!
blog管理
2008/09/25 15:38
21世紀の標準 AF-S NIKKOR 50mm F1.4G が発表! きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる