きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS ペンタックスはAPS-Cで最小のDSLRを開発中?

<<   作成日時 : 2008/09/18 22:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 15

 ペンタックスの小型デジタル一眼レフのうわさを先日紹介しましたが、その後、入門機クラスの小型モデルが10MPで登場するといううわさがありました。そしてそのうわさにはレンズに関するものもありました。

 ペンタックスは10MPクラスの新モデルを開発していてそのモデルはエントリークラスながら手ブレ補正機能も向上し、APS-Cサイズのデジタルカメラでは一番小さい小型なボディだとされていました。

 また今回のうわさでは、DA 55mmと、DA 60-250mm も同時に登場するのではないかとされていました。これらの新製品はフォトキナのペンタックスブースを飾ることとなるのか楽しみな感じです。

 このうわさとは別に、HOYAはデジタルカメラの国内生産から撤退するという報道がありました。また、いままで国内で生産していた中判や大判カメラと一部で国内生産していた交換レンズを、今年度中にフィリピンとベトナムに移管するという発表がありました。

 ペンタックスのカメラとレンズの生産は、これですべて海外に移管されることになり国内での生産は終了することになりました。このニュースをHOYAのホームページで確認しようとみたところまだ掲載されてなく、そこには中国でのペンタックスの生産拠点の解散と清算のお知らせがありました。

 デジタルカメラのレンズユニットの製造をおこなっていた広州の工場とデジタルカメラの生産をおこなっていた上海の工場を解散および清算したという内容で、ペンタックスの事業の整理統合が進んでいる感じです。

 ペンタックスでは業績回復のために社内改革を推し進めている最中ともいわれいまはまだその過程のようですが、だいぶそれも進んできたというはなしもあり、今後は選択と集中が進めばデジタル一眼レフの生産にも拍車がかかっていくものと思われ、今年後半から来年にかけて新モデルの投入にも期待できそうな感じです。


【資料】
HOYA
ニュースリリース 2008年
9月1日 子会社の解散および清算に関するお知らせ(PDF106KB)
8月25日 子会社の解散および清算に関するお知らせ (PDF98KB)
http://www.hoya.co.jp/japanese/news/latest/index.html

【資料】
NIKKEI NET IT+PLUS
HOYA、デジカメ国内生産から撤退 周辺機器も海外移管
更新:9月18日 07:00
http://it.nikkei.co.jp/pc/news/index.aspx?n=AS1D170B1%2017092008

HOYA、デジカメ国内生産から撤退 周辺機器も海外移管
HOYAはデジタルカメラの国内生産から撤退する。中・大判カメラや交換レンズを一部国内で生産していたが、今年度中にフィリピンとベトナムに移管する。すでにコンパクト型デジタルカメラや一眼レフカメラは海外で生産しており、周辺機器を含めて海外に全面移管することになる。デジカメ需要は世界的に伸びているが、価格下落が激しい。足元で円高基調が強まっていることもあり、海外移転でコスト競争力を高める。

HOYAは今年3月にペンタックスと合併した。旧ペンタックスの生産拠点である益子事業所(栃木県益子市)で、一眼レフカメラ用の交換レンズと中・大判カメラを生産しているが、2009年3月までにレンズの生産をベトナム工場(ハノイ)に、中・大判カメラをフィリピン工場(セブ島)にそれぞれ移す。

【 注 意 】
 ここで取り上げたうわさは、あくまでも、うわさの域をでないはなしです。ここに書いた、うわさの内容は、まったく未確認のおはなしです。うわさとして書かれたものの内容の、ご判断につきましては読まれたかた、ご自身の判断に委ねております。こんなはなしもあるのかといった、娯楽程度に受け取りください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
DA 55mmは名レンズになりそうですね。元々一番作りやすい焦点距離ですし82.5mm相当は使いやすそうです。
ボディのほうですがオリンパスにしてもペンタックスにしても、小型化に向かうのは負け組という印象が・・・
どうもデジタル一眼レフ市場がCNSの三社に淘汰されてしまうようで寂しい限りです。
K
2008/09/19 00:57
こんにちは。
K200Dを見送った甲斐がありそうです。入門機には防塵防水は必要ありませんので、その分小型軽量にしてほしい、というユーザーの声が届いたのでしょうか。
かって、オリンパスと小型軽量を競い合ったあのペンタックスに回帰して市場を盛り上げてほしいものです。
amselchen
URL
2008/09/19 04:23
まだ自己紹介めいたことをしていませんでしたが、私の場合父親から受け継いだS2(前期型)が一眼デビューで(歳が分かるというものです)、その後連綿とPENTAXを使い続けてきたことから(現在はNIKONと再婚しています)、PENTAXの将来は大変気になるところです。
PENTAXのケチの付き始めはKシリーズの発売にあったと思っています。マウント変更だけでも大きな経営リスクであったのに加え、時流を読み違えて、それまで築き上げてきた軽量、コンパクトのPENTAX路線を踏み外し、当時台頭してきたOLYMPASにそのお株を完全に奪われてしまいました。
今回、小型軽量に舵を切るのは歓迎ですが、前回同様、やや時期を失したかなとの感もあります。
ダイダラボッチ
2008/09/19 14:32
K2000D?発表ですかね?
市場ではまだまだ小さく軽いカメラを望む声が多いのも事実なので、中途半端ではないコンパクトなカメラが発売されたら、人気が出る可能性はあると思います。
beat
2008/09/19 17:32
ケイさん、こんばんは。
海外のペンタックス関連のサイトでは、フォトキナ情報として、小型軽量機種「K-m」や、DA15mmEDリミテッドなど、他のレンズの詳細な画像が出ておりました。
K-mは実は、その前に画像を密かに見せて頂いておりましたが、良さそうです。
きっと、欲しくなるでしょうね。
個人的は、15mmEDも欲しい所ですが。
此処で、盛り返して欲しいですね、テレビCMも実現したら、良いのになぁ〜。
きょろちゃん
2008/09/19 20:48
失礼します。
きょろちゃんさんがおっしゃっているのは、これですよね?
http://www.pentax.de/de/news/1004/foto_news.php
K-mなんですね。
beat
URL
2008/09/19 21:03
小型機はK-mで出るようですが、公式サイトフライングで、ちらりと見た写真、かなり小さくて、これは結構いけるかも知れません。
これに、マイクロフォーサーズのKマウント版が参考出品されると、相当に面白いのですけれど。
 それにしても、小さなシェアでも取り上げて貰え、かなりのコメントが貰えるペンタックス、幸せなブランドだと思います。(尚、私は、関係者ではありません。)
ぽん
2008/09/19 22:01
beatさん、初めまして。
仰せの通りです、今は削除されて見られませんが、
価格.comの常連さんが、コピーしてくださってそのページを貼り付けてくれました。(K20Dボディのカテです。)
後は、来年には2機種位は発売されるのではと、思いますよ。
きょろちゃん
2008/09/19 22:47
いよいよ来ましたか。
やっぱり老舗が存在感を示してこそ市場は面白い。
どこも似たようなカメラばかりじゃ面白くないですから。
アサヒペンタックスから息づく一眼レフのパイオニアの
底力を見せていただきたいものです。
ちなみに、最近のペンタックスのレンズはどれも本当に良いと感じます。
とくにアウトフォーカスの領域の描写が自然で好きで、
17-70mmF4などボケ味かなり良いと思います。
また、それをきちんと確認できるフォーカシングスクリーンで、
他社のスクリーンのアウトフォーカス領域の見え方では
納得いかないのです。
地味ですけどね(苦笑)
MES
2008/09/19 22:59
Kさんこんにちは!
時間がたち、海外ではペンタックスのフォトキナ出展製品の写真がネットにでだしていますね!55mmの写真もありましたが、その描写には興味が集まっているようですね。明るいレンズですがSSMでピントもスムースに合いそうです。小型化に向かうのは負け組みという印象もありますか。でもペンタックスの本来の持ち味はそういう使い勝手も含めた小型化にあったと思うので登場したカメラがよければそういう懸念も払拭されるのではないかと思います!
blog管理
2008/09/21 19:53
amselchenさんこんにちは!
もう、K-m の写真がでだしてしまいましたね!
APS-Cサイズのカメラでは最小とのうわさもありますから小型・軽量という面では期待できそうですね。
オリンパスとの小型化競争はなつかしいですよね。
いまは使いやすさを犠牲にしないで小型・軽量を求める設計をするので、K-m にも人気がでるのではないかと想像しています。
blog管理
2008/09/21 19:58
ダイダラボッチさんこんにちは!
長年のペンタックスユーザーのかたで、いまはニコンもお使いということで、両社のよさをご理解されているのですね!自分も友人のSPを借りて撮影をしたことがあろので年がわかるかもしれませんね。
ペンタックスのKマウントへの移行は当時、大英断という感じでしたね。その後は紆余曲折がありましたがデジタル一眼レフの分野でも追いつき追い越せでK20Dで一応の集大成をみせてくれたと思います。
今後の展開も聞いていますが、K-m の次もすでに用意されているようですし、今後のペンタックスには個人的には心配はしておりません。
blog管理
2008/09/21 20:05
beatさんこんにちは!
ここにお返事をまとめさせていただきますね!
K2000Dは、K-m という名称ですでに写真が流れだしていますね!それとレンズがいっぱい!
APS-Cサイズ一眼では、一番小さいといううわさもあるようですので、使い勝手にも問題がなければ女性にも往年のペンタックスユーザーのかたにも人気となりそうですね。K-m の情報をありがとうございました!
blog管理
2008/09/21 20:11
きょろちゃんさんこんにちは!
K-m の写真がネットに流れていますね!
別途記事にしておきました!レンズもいろいろとでてきたようで、ペンタックスユーザーのかたには朗報となりましたね!正式な内容も早く知りたくなりますね!
blog管理
2008/09/21 20:14
MESさんこんにちは!
ほんとにおっしゃる通りで、老舗の存在があっての市場の活性化ですよね!そしてどこも似たようなカメラではほんとうにおもしろくないですよね!ペンタックスからは今回写真も流れた、K-m の次もすでに開発されているようですからそれも楽しみなもののようですよ!
余裕があればペンタックスのレンズも使って見たいと思う魅力的なレンズが多いです。一眼レフではファインダーがきちんとみえるという普通のことがなかなかできていないカメラが多いですからね。そういう意味でお気持ちはよくわかります。
blog管理
2008/09/21 20:21
ペンタックスはAPS-Cで最小のDSLRを開発中? きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる