きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS α900を見学に銀座までお散歩!

<<   作成日時 : 2008/09/14 23:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

 休日ということで銀座までカメラ見学のお散歩にいってきました。まずは話題のソニーから、そしてニコンプラザ銀座へといってみました。

 わくわくする気持ちをおさえながら東京メトロ銀座駅を降りると、ついつい早足になり、銀座4丁目のソニービルへ直行です。地下から入りエレベーターを待つのももどかしく階段を早足で登っていくと、オレンジカラーの「α」のコーナーがありました。

 目的のカメラがあるのかなとあたりをみると、そこでは、α350(300も?)がメインで展示されているようで、いまテレビCMで流れているV6の岡田准一さん効果なのか若い女性がいっぱいで、自分の目的のカメラがないようす。係りの女性のかたに、思わず9000は展示していないのですか、などと女性だらけの展示コーナーで、あせって機種名のゼロがひとつ多くなって質問してしまいました。

 SONY CM情報[ フリースタイル篇 ](15秒/30秒)デジタル一眼レフカメラ“α”
 http://www.sony.jp/cm/dslr/index.html

 目的のα900は6階で展示していますとの答えをもらい、そこからはエレベーターで6階に向かいました。目的地につくと案内のかたがいて、α900をみに来たひとにはすかさずパンフレットと順番待ちの番号カードを渡して、おおよその待ち時間を案内してくれました。自分が着いたときは夕方でしたが、カメラをさわっているひとのほかに6人ぐらいのかたが待っていて、15分待ちとのことで、着席して待ちましたが25分ぐらいの感じでようやく順番がまわってきました。

 説明にあたっている担当者のかたは待っているお客さんがあきないように大型ディスプレー(ブラビア?)に各種詳細な説明を映示してここだけのはなし的な、A社はこうB社はこうといった比較広告的なはなしをされていました。

 ソニーでは詳細を公表していないのですがとしながら、α900の画素ピッチはα700より広いというはなしや、A社のカメラと比べて、解像度がこれだけすごいとチャート写真のアップをみせて24MPクラスの優位性をアピールしていました。(でも、12MPクラスのA社フラッグシップカメラと比べるのはずるいと思いました。日曜日のイベントとしては心のなかで突っ込みをいれながら楽しめましたが)

 そして順番がきました。初対面のα900は待っているときに説明していた担当者のかたがぜひF1.4の(50mm)をつけてファインダーを試してくださいと力説していたように、渡されたα900には50mmがついていました。さて話題のファインダーをわくわくしながらのぞくと、なんだか普通といってはもちろん語弊がありますがよくリリースの説明などを思いだしながらみていくと、明るくてクリアで、像のゆがみももちろんなくていいファインダーでした。

 つまり、ファインダーがよくて、普通な印象になってしまっていたというか、目でみる感じが、そのままみえているという印象というのか(もちろんそのままみえているわけではないのですが)そんな感じで違和感がないので、(変ないいかたになってますが)普通にみえるという印象を持ったのではないかと感じました。これはほかのカメラを持っていって比較すると違いがはっきりとわかったのではないかと思います。先にみていたかたで自分の、EOS-1Ds Mark V とのぞき比べて比較されているかたもいました。

 ソニーでもファインダーにはコストをかけて作ったと自信を持っているようで、ペンタ部のとんがり屋根のデザインは、視野率100%のファインダーとその性能を表すためのデザインという意味合いがあると説明されていました。懐古趣味的と思われたペンタ部は意味を持ったデザインだったということがわかりました。

 説明で感心したのは、α900で新たに搭載された、インテリジェントプレビュー機能でした。これは実際に説明を聞きながら撮影(試し撮り)して効果をその場で適用してみると、その便利さがよくわかる機能という感じで、使ってみないとその便利さはなかなか理解されにくいのではないかと感じました。逆にその便利さがわかると、自分のカメラ(自分の使っているメーカーの機種にも)あればといいなと感じるのではないかと思います。


ソニーのプレスリリースよりこの項を抜粋すると、

新開発「インテリジェントプレビュー機能」を搭載
新たに搭載した「インテリジェントプレビュー機能」は、液晶モニター上にヒストグラムと共に画像を表示した状態で、露出、ホワイトバランス、Dレンジオプティマイザーの設定を変更すると、その変更効果を画面上にシミュレーション表示することができます。撮影前に設定効果を確認できるため、よりきめ細やかに効果を反映させた上で撮影することができます。


 Dレンジオプティマイザーの変更や、色味(マゼンタやシアンといった色調の度合)なども変更できこのあたりの詳細な説明は商品のホームページにも書いてなく、もっとうまくこの新機能をアピールすれば評価がかなり変わってくると思えるほど便利な印象を持ちました。

 時間がなくなり、ニコンまでたどり着けなくなりましが、D90をみにいったわけですが、動画機能は楽しいと思いました。ショールームの女性のかたが親切に説明をしてくれながらSDカードを入れて動画撮影ほか詳しい説明をしてくれました。

 今日ニコンにいって一番の収穫は、実はD700をさわってみて、そのちがいにおどろいたことでした。と書くと、なにとのちがいなのかと思われるとおもいますが、発表直後に展示されていたD700と今日さわったD700との、あまりのちがいにびっくりさせられたのでした。

 いまだから書けることですが、発表直後にニコンプラザ銀座に展示されたD700は、入り口近くのカメラと奥に展示されていたカメラとでも、シャッターを切ったフィーリングが微妙にちがっていて、それは一緒にいったデジタル一眼初心者のD40Wズームキットのオーナーの友人でもわかるものでした。

 そのときは奥のモデルなら買ってもいいなと思う感じで、入り口近くのモデルならちょっとと敬遠してしまいそうなものでした。それが、今日さわったD700は、これがニコンが製品として目指した基準で作られたものなのかと、感心させられるほど、シャッターフィーリングもその音質も別物といっていいカメラとなっていました。ニコンはD700の展示を急いでしまったのかちょっと不完全なモデルを当初展示してしまったようです。

 今日D700を改めてさわり、発表直後のD700は量産試作のモデルだったのか、まだ製品版のモデルではなかったのだと確信させられた思いでした。それほどちがっていたので、発表直後にショールームでさわられたかたは、もう一度いって改めて、D700のシャッターを一度だけ切ってみてください。その1回のシャッターで全てがわかると思います。ということで、今日一番の収穫は、D700の真実の姿(フィーリング)がわかったことでした。


 D700をさわっての印象や感想は、あくまでも個人的なものですので、ご参考程度にお読みください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
α900をお触りしてきましたか!なるほどファインダーは良さそうですね。
私も先日D3を受け取るついでにD90をいろいろ触ってきました。
Dムービー、いろいろと可能性がありそうですね。
学生の作品つくりとかに凄く向いている気がします。
今は安価に面白いことが出来て羨ましいなぁと思いました。
ささ
2008/09/15 00:10
お疲れ様でした。何とα9000って口走ってしまったのですか。失礼ながら笑ってしまいましたスミマセン(笑)
懐かしきα9000のペンタ部分も鋭角でしたよね〜♪

レポート読ませて頂いたら、俄然興味がわいてしまいました。私が触ったら欲しくなってヤバくなりそうです(笑)
昇り龍
2008/09/15 00:22
そんなに、発表直後と現在の展示品の
D700のシャッターが違ったのですか?

うーん、5Dm2は、発売日に入手しようと思っていたのですが、
ちょっと迷いますね。笑

すぐにでも、使用したかったのですが、
しばらく待ったほうが良いのかな、、、。

電化製品だと、発売後、しばらくすると内部的に
ブラッシュアップが行われる事は、たまにありますしね。
明るい部屋
2008/09/15 00:55
α900のレポートありがとうございます。
私も昔会社の同僚がα9000を持っていたので、一瞬それを思い出してしまいました(笑)

D700の出来が良かったとの印象ですが、これは収穫でしたね。
先週ロケハンに一緒に行ったイギリス人のカメラマンはD3を持っていたのですが、彼がニコンの人にD700との違いを聞いたそうです。その時のニコンの人の回答は言葉で説明するよりシャッターを切れば違いは一目瞭然と言っていたそうです。
ケイさんもそろそろD3かD3X?へ移行する準備をどうぞ(笑)
Toshi
URL
2008/09/15 00:57
D700発表後すぐ銀座に見に行きましたが、シャッター音が金属を叩いたようなキンッという音のような気がして、廉価機に劣るのではと思いました。D300使いですが、その他操作感も違和感がありました。
初期のサンプル機ということで市販機とも違うのですね。
今後の購入ターゲットをD3かD700かで悩んでいたのでいい話です。
SS
2008/09/15 01:13
ささサンこんにちは!
辛抱たまらず急いで銀座にいきました!(笑)
とにかくファインダーをのぞきたかったもので!
ぜひご自身でもためしてみてください。シャッターの印象はあえて書いていませんが。。
Dムービーはショールームでセミナー用の大画面TVにつないで、撮影中の動画を写しだしてみせていただきました!三脚にすえてケーブルでつないで大きなモニター画面でピントなどを合わせながら撮影するという使い方も問題なくできて、可能性はいろいろとありそうだなと感じました。
blog管理
2008/09/15 01:15
昇り龍さんこんにちは!
そうなんですよ〜赤面ものでした。αといえばきゅうせんと口をついてでてしまう古い世代なもので。(苦笑)
昇り龍さんがさわった感想を、早く聞きたいなと思いました!ファインダーとインテリジェントプレビューに絞って書きましたが、例のフラッシュもつけて試してきましたよ!あれは本当にアイディアものだと改めて感心しました。あのフラッシュだけでもαの魅力は俄然上がりましたね!ほかにもSSMレンズの動作感もとてもいいものがありましたし!ぜひさわって悩んでください!
blog管理
2008/09/15 01:21
明るい部屋さんはじめまして!
当初展示されていたD700は製品版ではなかったのではないかと想像しています。これはあくまでも個人的な想像ですが。なので、いま展示されているD700がニコンで本来の基準通りに作られた製品版なのではないでしょうか。チャンスがあれば、ぜひご自身でお確かめいただき購入計画も練っていただければと思います。
個人的な印象ですので、これは参考程度にお読みいただければと思います。
blog管理
2008/09/15 01:36
Toshiさんこんにちは!
おはずかしい限りです。(苦笑)
D700はほんとうに展示2日目ですぐにさわったモデルとは印象が全然ちがっていました。ニコンは展示を急ぐあまり試作機をだしてしまったのではないかなと思うほどでした。
ぜひ一度ためしてみてください!D700もいいじゃないと思うかもしれませんよ!
blog管理
2008/09/15 01:43
SSさんはじめまして!
自分も展示2日目にいきさわってきました。そのときは2つD700がデモ展示されていてそのどちらとも今日さわったD700は違っていてフィーリングのいいものでした。最初に展示されたものは、これはあくまでも個人的な想像ですが、試作機に近いものだったのではないかなと思います。量産する前におこなわれる量産試作のものとか。なので当初の展示モデルは製品版ではなかったと想像しています。ぜひチャンスがあればご自身で再度さわってお試しください。多分評価はいいものとなると思いまが書いたものはあくまでも個人的な印象ですのでこれは参考程度にお読みいただければと思います。
blog管理
2008/09/15 01:53
インテリジェントプレビュー機能にみられるように、α900は、落ち着いて撮るようなカメラですね。α700のDレンジオプティマイザーは、ISOや露出で予想できないぐらい暴れますから、プレビューが必要だと思います。

いくら高解像度と言っても、24MPではミノルタのレンズの得意分野のポートレートでは、肌の荒れがわかりすぎるんじゃないかと思います。

D700のシャッターフィーリングですが、D2Xよりもいいんじゃないかと思ってます。比べるとD2Xのシャッターが軽く感じます。
Hiroyuki
2008/09/15 03:01
こんにちは。
この場をお借りして、先日の話題、ツアィスのZEマウントについてですが、本日ただいまツアィス・ドイツのニュース・レターが配信され、ZEマウントはキャノンEF用であることが確認されました。やはり、というか、キャノン・ユーザーには朗報ですね。
amselcehn
URL
2008/09/15 18:42
Hiroyukiさんこんにちは!
Dレンジ機能はそのような感じなのですか。
でもインテリジェントプレビューでばっちりですね。
24MPでのポートレートは逆に腕がいる時代かもしれませんね。D2Xのフィーリングはいわれてみると、もうすっかり忘れていますね。いま展示していたD700のシャッターフィールはよかったですね。
blog管理
2008/09/16 00:52
amselcehnさんこんにちは!
すでに時間が変わりもう昨日ですが、15日に発表されましたね!なかなかZEのデザインがかっこいい!
(笑)なんだか魅力的に感じました。おっしゃるように、ほんとうにキヤノンユーザーのかたにとっては17日の発表と合わせて朗報となりますね!
blog管理
2008/09/16 01:02
こんにちは!
昨日、梅田のソニースタイルでα900を触ってきました。
あのペンタ部分、写真で見るよりも実物はずっとカッコ良かったです^^
見た目以上に持った感じは軽くて、縦位置グリップの設計もよく考えられているなあと思いました♪
yamataka
2008/09/16 06:43
yamatakaさんこんにちは!
yamatakaさんもご覧になりましたか!そうですね意外と実物をみると写真でみるよりデザインはいいなと思いました。縦位置グリップはホールド性優先で横位置のときははずしたくなりますね。そのあたりのバランスはむずかしいものがるのでしょうね。新しいフラッシュはつけて試しませんでしたか。あれは一度つけて縦位置に構えてみると感動しますよ!
blog管理
2008/09/16 22:58
α900を見学に銀座までお散歩! きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる