きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS 今月のカメラ雑誌からきになる記事は!【9月号前編】

<<   作成日時 : 2008/08/23 23:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

 今月は毎月買っているレギュラーのカメラ雑誌は買ったものの、今日になってやっと袋からだしてそれもざっとみることがようやくできました。今日のきょうまで書店で入れてくれた袋の口に止めてあるセロテープも取ることなく買ったそのままという状況でした。

 ようやくいつものカメラ雑誌4誌を取りだして表紙をみると、全てニコンのD700の一大特集という感じで、その取りあげぶりのすごさにおどろきました。やはり待たれていたカメラというか期待の高かったモデルなだけに、カメラ雑誌としてもここは販売部数増につなげたいところなのかもしれません。

 ということで、オリンピックの中継を横目でみながら、ざっと大急ぎでページをめくっての印象という感じになりますが、まずはデジタルカメラマガジン(DCM)から書いてみたいと思います。

 今月号のDCMは表紙からD700を前面に打ちだした号となっています。表紙の写真はもちろん、D700の超どアップ写真で、そのボディにかかる感じで、赤の超大文字で、『D700超入門』と超だらけの感じです。

 46ページにも及ぶ巻頭大特集では入門とはいうもののD700を使ううえで知りたくなるようなことをうまくまとめて、なかなかいい特集にまとめてあるなという感じです。これはD700の購入を検討されているかたには、いい参考書になると思いました。

 特にD700とレンズの組みあわせの記事が豊富で、「D700にぴったりのレンズはどれだ!?」という撮影テーマ別レンズ紹介的記事とは別に、「D700+オールドニッコール実写検証」という楽しい記事もあり個人的にこの実写検証記事がうれしい記事でした。

 記事では取りあげたオールドニッコールは、D700でもほとんど問題なく使えますよという感じで、なかでも記事で絶賛されていて、個人的にも最近ごぶさただった、Ai Nikkor 100mm F2.5S を防湿庫から取りだして使ってみたくなりました。D700の開発陣への120分インタビューも読み応えがありそうで、これも早く読んでみたいところです。

 DCMでは緊急インタビューということで、オリンパスの開発担当者にマイクロフォーサーズ規格の開発意図を聞いています。見出しでは『カメラをもっと自由に作りたい』ということで、この見出しがマイクロフォーサーズの開発意図を見事に表しているような感じを受けました。これも早く読みたい感じです。さらに後半のレギュラーの技術者インタビューのページでは、オリンパスのライブビューについて詳しくはなしを聞いていました。合わせて読むとフォーサーズの理解に役立ちそうです。

 今月の各カメラ雑誌では、どの号もかなりのページを割いてD700を取りあげていますが、各誌ともに切り口に特徴があってどれを買っても楽しいと思います。CAPAの巻頭特集では、『古くて新しい35ミリフルサイズか?デジ一眼王道のAPS-Cサイズか?究極の選択に今、答えを出す!』ということで、その答えをだす特集のなかでD700をあつかっていくという切り口となっています。

 フルサイズとAPS-Cのそれぞれの「強み弱み」ということで書いていますが、それも用途に応じて使いわければいいのではないのかなと個人的には思うのですが、それよりも選択肢の幅が広がったことを素直によろこびたいと思います。そして今回の特集で改めてなるほどなと思わされたことがありました。

 それは、「専用レンズは必要だが安く超ワイドが楽しめるのはAPS-Cだ」というコーナーでした。確かに最初は広角に弱いとされたAPS-Cサイズデジタル一眼レフも最近のデジタル専用レンズの充実で、その弱点もなくなり、弱点が解消されたいま、きがつくとレンズも比較的コンパクトにまとまっていて、さらに相対的に安いということで、このコーナーにも納得させられるものがありました。

 この特集も、よく読んでいけば、用途に応じて使いわけていけばいいという感じで、これは個人的にも同感で、マイクロフォーサーズ規格も登場したいまになって、その使いわけということではさらに選択肢が広がったと思います。

 今月号のCAPAでおもしろいなと思った特集は、『夜ポートレートのススメ』という記事で、ここでも高感度に強いカメラとしてD700が引き合いにだされています。最近のデジタル一眼レフの高感度域でのノイズの少なくなった画質を活かしてのポートレート撮影という切り口は新鮮なものがありました。これはお勧めの記事という感じです。

 今月の「交換レンズ完全ガイド」ではデジタル専用の、シグマの対角魚眼や全周魚眼、オリンパスの25mmパンケーキレンズ、トキナーの35mmマクロレンズを取りあげています。これらのレンズに興味のあるかたはチェックしておいてもよさそうな特集のようです。

 両誌ともに、ここで紹介しきれないほどの充実した内容で、ほかにも興味深い記事が満載なことはいうまでもありません。この記事は後半に続きます。


【解説】
 このブログでいう、レギュラー購入の4誌とは、アサヒカメラ、CAPA、月刊カメラマン、デジタルカメラマガジン(DCM)のカメラ雑誌4誌になります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
ケイさん、こんばんは。
なんという偶然、ケイさんもAi Nikkor 105mm F2.5Sをお持ちなんですね。DCMの記事に出てたので、ちょうど今日僕も久しぶりにレンズを箱から出してちょっと触ってみたところなんですよ。チャンスがあったらD700に付けて使ってみようかと思います。大学4年の夏に初めて一眼レフ(FE2)を買ったのですが、その頃に買って以来24年間あまり出番がなかったレンズですが…。そんなレンズがアダプターも無しにそのまま使えてしまうなんて、やっぱニコンはすごいなぁ〜なんて思ってしまいます。
P.S.来週の各社の新製品の発表が楽しみですね。
hisa
URL
2008/08/24 00:48
hisaさんこんにちは!
ブログ変えられたのですか。リンクしていただいた先もお気に入りに入れさせていただきました!
自分も、hisaさんと同じようにかなり古い時代のレンズです。同じといってはいけませんね。自分は2のつかないFEでしたから。(苦笑)たまにコンディションチェックでピントリングを回したりしますが、使い込んだヘリコイドの軽く回る感触が絶妙で、手持ちのAiのなかでは一番感触がいいと思います。これが、D3やD700で活きるというのは、やはりうれしいことですよね!早く入手しなくては!(笑)来週から始まる各社の発表もほんとに楽しみですね!
blog管理
2008/08/24 01:20
105mm懐かしいですね。
僕は持ってなかったのですが、
先輩がF3に付けて女の子撮ってました。
D700良いですねぇ。
残念何ながらまだまだ手が出ませんが、、、、、、。
けんけん
URL
2008/08/24 08:46
各誌ともD700特集のオンパレードですが、開発者インタビューも各誌に掲載されていますね。
中でもデジタルカメラマガジンは総勢10名による120分インタビューで一番力が入っていました。
120分インタビューで6ページは少ないでしょう。倍の12ページは欲しかったですね。センサー開発における苦労話とか、カラーノイズの少ない画像処理の秘密とか、倍率色収差補正の詳しい仕組みとか。
企業秘密でオープンにはできないでしょうが差し支えない範囲でこれらについても知りたかったですね。
kofuji
2008/08/24 17:40
こんにちは!
どの雑誌もD700がいっぱいですね。さてさて今週は楽しい週になるようです。がっかりの練習もしたし準備OKよ!って感じです(爆)
きゃのらー
2008/08/24 18:27
こんばんは。
今月はもう、D700、D700、D700のオンパレードでしたね。7月20日発売の8月号、そして今回の9月号と各誌を2ヶ月間にわたってほぼ独占できた発表タイミングが絶妙だったと思います。

ここから先は、百花繚乱咲き乱れそうですので、9月20日発売号はなかなか楽しみな内容になり、そこでもD700はメインストリームの1台として取り扱われそうですね。α900、EOS50Dはガチでくるとして、、、果たして5D後継機はどうなっちゃうでしょうか…。。
小鳥遊
URL
2008/08/24 23:10
こんばんは。
やっとオリンピックも終わったので、やっとこれから通常モードに戻れます(^^);
さて私が今月買った雑誌はカメラマン、DCM、そしていつものアサカメではなく、日本カメラの3冊でした。
DCMのD700と各種レンズとの組み合わせの記事は、私も読んでみて面白かったです。
それとD700の評価では、雑誌ネットとも視野率95%についての意見が多かったようですね。
Toshi
URL
2008/08/24 23:31
けんけんさんこんにちは!
105mmはむかし最も活躍してくれたレンズです。
よく写りすぎて一度大失敗したこともありました。
30代の女性でちょっとした宣材写真的なものをモノクロで頼まれて撮影したときに、目でみたときに全く気ずかなかった顔のシミがばっちり写っていてプリントで飛ばしてごまかして事なきを得たということがありました。変なことで性能を知る思いでした。(苦笑)
blog管理
2008/08/25 00:59
ケイさん、こんばんは〜。
涼しくなりましたね、でも雨降りが続くのも困ります。

Ai Nikkor 100mm F2.5S は、彼此25年ほどお付き合いになる、知人が所有しておりその当時にフジクロームで
撮影した、アゲハチョウの画像を拝見させて頂き、切れ味と落ち着き感と、忠実な発色を感じさせる描写を感じました。
その頃、使用していた私のキヤノンFDレンズとは違った感じの描写でしたが、素晴らしいと感じた物です。
その方のメインの被写体が天体でしたので、当然の事ながら漠然とした感想ですが、星空の画像も綺麗でした。
D700の高感度性能の良さは、天体撮影でも発揮されますね〜。
現在その方は、D50を愛用されており、そのクラスでも
綺麗な天体画像を撮影されてます。

それから、先週の誕生日前にやっとこさ、K20Dを購入
させて頂きました。
高感度ISO800でも、撮影条件によっては、ノイズが気になら無い位に、改善されていて中々の写りです〜。

きょろちゃん
2008/08/25 01:01
kofujiさんこんにちは!
各誌とも、まだざっとページをめくったばかりで内容を読めてません。そのインタビューも早く読みたいのですけど。まだ120分の内容やいかにという感じです。
blog管理
2008/08/25 01:03
きゃのらーさんこんにちは!
オリンピックが終わりましたが、カメラファンにとってはこれからが、カメラの世界のオリンピックの始まりという感じですね!もう今週から始まりそうでどのようなものが飛びだしてくるのか興味津々です!
5Dは50Dとは同時発表にならないかもしれませんのでこれにはがっかりしないようにしておくといいかもしれませんね。
blog管理
2008/08/25 01:08
小鳥遊さんこんにちは!
ほんとうにおっしゃるように、他社の新モデルがこれといってないというタイミングのよさが光る感じですね。
2ヶ月に渡ってカメラ雑誌を独占しましたからね。
次号の10月号の各誌のトップを飾るカメラはどのようなものとなっているのか、いまから楽しみですね!
5D後継モデルの内容や発表時期は、うわさはあるもののいまだになかなか読めませんね。
blog管理
2008/08/25 01:15
Toshiさんこんにちは!
そうですね!(笑)やっとTVから離れられます!
今月は日本カメラをいきましたか!実は今月はほかの雑誌を検討することもなく書店でレギュラーだけを買いそれもそのまま状態で、ようやくこの記事も書いた感じでした。改めてゆっくり書店にいってきます。(笑)
D700の視野率のことは、想像以上に問題視されていますね。これはニコンにしても想定外のことだったのではないでしょうか。D700の内容が相当よくできていて視野率の部分だけが、逆に不満点として取りあげられてクローズアップされる形になってしまったかのようですよね。それだけほかの部分はよくできていて、あとここだけなんでちゃんとしないんだ!という論調な感じですよね。これで次の後継モデルは100%かな!
blog管理
2008/08/25 01:26
きょろちゃんさんこんにちは!
K20Dのご購入おめでとうございます!
これから秋にむけて撮影が楽しみですね!それからといってはなんですが、お誕生日も、おめでとうございました。天候はこのまま秋に突入かななんて思いましたがまだ暑い日は続きそうな感じのようですね。
おはなしに上がっている、ニコンの105mmは設計年度がかなり以前のものですよね。それでも素晴らしいものがあるというのはレンズの楽しいところですね。
今月号のカメラマンの「どっちのレンズショー」でも古いAiの28mmが健闘していました!
D700は話題騒然という感じで、これからまだ落ち着くのに時間がかかりそうですね。天体写真は600万画素でもだいじょうぶなものなのですね。ということは高感度に強めなD40でも使えることになりますね!
blog管理
2008/08/25 01:37
105mmF2.5Sは良く使います!一応中望遠も持っていきたいけど荷物を増やしたくない...なんて時にピッタリ(^^
28mmF2.8Sも寄れるしシャープなので良いですね。最近あまり使っていなかったけど....もっと活用してやらなきゃ。
ささ
2008/08/25 12:26
ささサンこんにちは!
ささサンが浅草で、Ai 105mmSを使われていたことが昨日のことのように思いだされます!D40に似合ってましたね!28mmのクロッカスの写真も鮮明に覚えています!いろいろとお持ちのレンズを順繰りに使ってまた写真をブログで楽しませてください!
300mmも買ったばかりですが、これから秋にかけて撮るにはいいシーズンになりますので!お写真を楽しみにしています!
blog管理
2008/08/25 23:57
今月のカメラ雑誌からきになる記事は!【9月号前編】 きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる