きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS 早速マイクロフォーサーズのうわさ?EVFは劇的進化?

<<   作成日時 : 2008/08/09 23:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

 先日発表され話題となったフォーサーズの拡張規格のマイクロフォーサーズですが、すでにそのプロトタイプをみたといううわさもでていて、実際に可動状態のそのモデルでは、ミラーレスで心配される部分に関して興味深いものがあったようです。

 ほんとなのかなとも思いますが、実際に可動することができる状態に仕上がったプロトタイプをみたとするうわさが海外から流れてきました。そのモデルは電子ビューファインダー(EVF)が採用されていて、そのEVFは劇的に改善された表示画質を持っていたという。

画像


 いままでにもEVFを採用したデジタルカメラはありましたが、ピントの山の細部まで正確に確認しやすいものはなかなかないというのが現状でした。新しく発表されたマイクロフォーサーズはフォーサーズの拡張規格とはいうもののフォーサーズの一眼レフという形は採用せずに、ミラーボックスを廃して一眼レフではなく『一眼システム』というものとなりました。

画像


 そこで構図を決めたりピントを確認するためには、ライブビュー機能かEVFが重要な役割を持つようになると考えられ、どのように進化したEVFが実装されるのかはひとつの焦点になるものと思われていました。

画像


 今回のうわさは、その心配に正に答えた形でタイミングよくでてきたなという感じがしました。ミラーボックスのないマイクロフォーサーズとはいえ、フォーサーズの拡張規格ゆえその操作性が劣るようなことはありませんので心配しないでくださいというメーカーの間接的なメッセージのように思えました。

画像


 フォーサーズのホームページをみていると、マイクロフォーサーズのホワイトペーパーという規格の概要を説明したページをみつけました。そこには、「Live View 専用規格としてミラーボックスを持たない構造を基本とする」と明記されています。また、「マイクロフォーサーズでは将来の動画対応も見据えて、フォーサーズ規格が定める4:3、3:2、16:9 を含む撮影画面サイズに対応させている。」とありアスペクト比の定義もなされていることが明記されていました。ホワイトペーパーを読むと将来の動画撮影機能をかなり意識した規格という感じも受けます。

 オリンパスとパナソニックは拡張規格で動画機能に対応していくことが鮮明になった感じですが今後続々とデジタル一眼レフにも動画機能は搭載という流れになっていくのか、そのときの各社の対応のしかたに今後注目が集まりそうです。


【資料】
FOUR THIRDS
マイクロフォーサーズ
http://www.four-thirds.org/jp/microft/#SlideFrame_5
規格説明 ホワイトペーパー
http://www.four-thirds.org/jp/microft/whitepaper.html

【 注 意 】
 ここで取り上げたうわさは、あくまでも、うわさの域をでないはなしです。ここに書いた、うわさの内容は、まったく未確認のおはなしです。うわさとして書かれたものの内容の、ご判断につきましては読まれたかた、ご自身の判断に委ねております。こんなはなしもあるのかといった、娯楽程度に受け取りください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
EVFとコントラストAFが劇的に性能が向上すると少なくともエントリークラスではマイクロフォーサーズの優位性は高まりますね。
キヤノン、ニコンがマイクロフォーサーズを採用すれば一気に流れが加速するでしょうがそうはならないでしょう。APS-CのままEVFとコントラストAFの搭載だと思います。
kofuji
2008/08/10 07:22
マイクロフォーサーズは、すごく楽しみですね。EVFも格段に進化したものになりますか…。それはますます楽しみです。

また、エントリークラスやこのクラスのカメラを使う層はほとんどMFしない人が多いので実用上は問題なさそうですね。レンズをどこまで小型化できるのかも含めてすごく気になる規格です。多分、出たら買うんだろうなぁって思っています。
小鳥遊
2008/08/10 08:04
おはようございます!
結局大きなコンデジにならないようにしなくてはいけませんね。(笑)
きゃのらー
2008/08/10 09:14
kofujiさんこんにちは!
おっしゃるとおりだと思います!エントリーのかたの選択肢には、ぴったりはまりそうなカメラとなりそうですよね!これに対抗して他社はどういう動きをみせるのかですよね。ニコンのミラーレスといううわさもこの規格がでてなんとなく目指すものがみえてくる感じです。
blog管理
2008/08/11 00:26
現在のデジタル一眼レフカメラはフィルムからの構造を引き継いでいるので、まだまだデジタルとしては過渡期なのかもしれません。
新しいマイクロフォーサーズの仕組みは、デジタルの強みを高性能EVFと組み合わせることで、新しいマーケットを開拓するものかもしれませんね。
Toshi
URL
2008/08/11 00:30
小鳥遊さんこんにちは!
一眼レフのファインダーをのぞいて写真を撮る楽しさに変わるぐらいの完成度の高いEVFができるといいですよね!もともとフォーサーズはファインダーの見えでは苦しい立場ですからEVFによってフルサイズ機のような見やすいファインダーが作れればアドバンテージは逆に上がる可能性もありますよね。レンズの小型化では広角レンズが小型化できるということにとても魅力を感じます。モデルバリエーションも揃えてカメラを趣味にしている層にもアピールできる機種を用意したほうがよいのではないかと思います。
blog管理
2008/08/11 00:33
きゃのらーさんこんにちは!
おっしゃる通りだと思います!(笑)ただのレンズの取れるだけの大きなコンパクトデジカメでは、意味がないですからね〜。だすにあたってはそれなりの機種もないとだめだと思います!
blog管理
2008/08/11 00:37
Toshiさんこんにちは!
マイクロフォーサーズはいろいろと期待ができる新しい提案だと思いました。コントラストAFとEVFの出来がこの規格の成否をにぎる鍵となりそうですね。
ネオ一眼といわれるような既存のモデルのレンズが取れるバージョンでは失敗すると思いますのでそのあたりも興味があるところです!
blog管理
2008/08/11 00:43
ケイさんこんにちは!
ミラー+EVFの場合、サブミラーが省けるので位相差AFも幅広いAFポイントが可能になるでしょう。
ミラーレスのマイクロフォーサーズに対し、ミラー派の優位性は性能が上がった位相差AFとコントラストAFのハイブリッドなAFだと思います。
kofuji
2008/08/11 14:01
kofujiさんこんにちは!
おっしゃる通りだと思います。ただオリンパスはマイクロフォーサーズのAFはコントラストAFを進化させる方向で検討しているようで、かなり自信を持っているようです。「AFもコントラスト検出式にする必要がありますから、LiveMOSを共同で発展させていく必要がありました。」ということでこれ(URLの記事)を読むとかなり開発は進んでいるの?と思わせる感じです。位相差にも負けないAFを開発しているのか興味深々です!
個人的にはハイブリットなAFを搭載するのがいまのところは一番だと思いますが!
blog管理
URL
2008/08/11 23:59
早速マイクロフォーサーズのうわさ?EVFは劇的進化? きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる