きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS キヤノンのCMOSイメージセンサの最新動向が9月3日に?

<<   作成日時 : 2008/07/09 23:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

 キヤノンのフルサイズセンサーに関するうわさが海外で流れていました。それによると新型のフルサイズセンサーは低ノイズということで、フルサイズ機のノイズに関してキヤノンも新たな技術でライバルに対抗してくるのかもしれません。そんな技術動向を知る手がかりになるのかもしれないと思えるようなセミナーがフォトキナ直前に開催されるのは単なる偶然の一致なのでしょうか。

 海外のうわさでは、キヤノンのフルサイズCMOSセンサーは低電圧可動で超低ノイズを実現しているといううわさがありました。デジタル一眼レフ(DSLR)の撮像素子を自社開発してその生産まで自社でおこなっているキヤノンですが、DSLRの販売増強と並行して、CMOSセンサーの開発もさらに加速しているのでしょうか。

 そんなキヤノンのCMOSイメージセンサーの歴史から最新の動向までを同社のデバイス開発本部のかたが直接セミナーをおこなって語るという催しがおこなわれるようです。このブログの読者のかたより寄せられた情報なのですが、日程をみると9月3日ということで、フォトキナ直前というタイミングは正に最新動向を語るには絶好の開催のように思えます。

 技術セミナーや技術図書の販売、通信講座などをおこなっている株式会社トリケップスという会社が主催するセミナーの公開されている内容をみると、セミナー総合日程表には、「9/ 3(水) CMOSイメージセンサの最新動向とキヤノンにおける開発事例」とあり、フォトキナでお披露目されると目される新モデルに搭載された新技術の説明があっても不思議ではないような内容にも思えます。

その内容は以下のようなものとなっています。


開催日時:2008年9月3日(水)10:00-17:00
講義項目
第1講 CMOSイメージセンサの基礎
 1.イメージセンサとは
 2.イメージセンサの歴史
 3.CMOSイメージセンサの特徴
 4.CCDとの比較
 5.回路構成
 6.画素構成
 7.ノイズ除去回路
 8.オンチップAD回路
 9.CMOSイメージセンサの用途
第2講 CMOSイメージセンサの最新動向
 1.画素微細化
 2.高感度化
 3.低ノイズ化
 4.ワイドダイナミックレンジ化
 5.高フレームレート化
 6.混色低減
 7.RTSノイズ低減
第3講 キヤノンにおける開発事例
 1.SLRカメラ用AFセンサ
 2.コンパクトカメラ用AEAFセンサ
 3.スキャナ用コンタクトセンサ
 4.DSLRカメラ用大判CMOSセンサ
 5.HDカムコーダ用CMOSセンサ
 6.FA用超高精細CMOSセンサ
 7.その他
講 師:キヤノン株式会社 デバイス開発本部 半導体デバイス開発センター デバイス製品12設計室 高橋 秀和 氏/藤村 大 氏


 ということで特に、第2講のCMOSイメージセンサの最新動向では、冒頭に書いたうわさのような新CMOSの超低ノイズ化の開発秘話が語られるのではと想像が膨らんでしまいます。

 たまたま流れたうわさと、読者のかたよりいただいた9月始めのセミナーの内容がなんとなく一致したような感じがして、書いてみましたが単なる偶然の一致なのかうわさの内容とリンクしたことがセミナーでは語られるのか、キヤノンのフルサイズCMOSセンサーになんとなく期待できそうな雰囲気があることだけは確かなようです。


 情報をご提供いただきました読者のかたには、ここで改めましてお礼を申し上げます。

【資料】
株式会社トリケップスのセミナー
『CMOSイメージセンサの最新動向とキヤノンにおける開発事例』
http://www.catnet.ne.jp/triceps/sem/080903n.htm
株式会社トリケップス営業案内
http://www.catnet.ne.jp/triceps/
セミナー総合日程
http://www.catnet.ne.jp/triceps/sem/semitiran.htm

【 注 意 】
 ここで取り上げたうわさは、あくまでも、うわさの域をでないはなしです。ここに書いた、うわさの内容は、まったく未確認のおはなしです。うわさとして書かれたものの内容の、ご判断につきましては読まれたかた、ご自身の判断に委ねております。こんなはなしもあるのかといった、娯楽程度に受け取りください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
EOS 5D MarkIIという機種が11月には発売されているであろうことはURLを見るとなんとなく実感出来るのですが....まだどのようなカメラなのかは依然としてわからないですね。
キヤノンの次世代のデジカメがどのようなテクノロジーを搭載してくるのか注目しています。
ささ
URL
2008/07/10 12:52
初めてコメントさせていただくオピニオンと言います。
いつもブログを楽しく拝見させて頂いていました。

今回のセミナーは非常に興味が沸きました。
色々、噂されている後継機の手掛かりとしてはかなり関連性が有るように感じました。

セミナーが後継機の素子と関係するなら後継機の発表はやはり、8月の末に有るのでしょうかね?

発表を心待ちにしている一人としてコメントさせていただきました。
オピニオン
2008/07/10 13:23
ささサンこんにちは!
リンク先をみました!もう本がでることが告知?されているのですね。なんとなく、キヤノンもそろそろという感じになりつつあるのでしょうか!上記のセミナーのようなことをおこなうこと自体自信の表れという感じですかね。なにか新しいことをやってくれそうですね!
blog管理
2008/07/10 22:14
オピニオンさんはじめまして!
いつもお読みいただきましてありがとうございます!
このセミナーでうわさのような新CMOSの技術の発表などがおこなわれるのか興味がありますよね!
8月20日にというはなしもあるようですよ。真偽のほどは不明のようですけど。発表を心待ちにとのことですがキヤノンの5D後継を待たれていらっしゃるのでしょうか!もう少しのような雰囲気になってきましたね!
blog管理
2008/07/10 22:19
コメント返しありがとうございます。

5D後継機は資金繰りさえなればと思ってますが、
5D後継機だけと言うより、DSLR業界全体の底上げに繋がるような気がしてならないです。
現5Dはちょうど3年前に発売日に購入し、その後のカメラライフに大きな影響を与えた自分にとっても銘機です。
今回はその分、思いもひとしおです。
オピニオン
2008/07/10 23:14
キヤノンとしても、フォトキナなどの大イベントに合わせて、自社の技術的優位をアピールしたいと考えているのでしょうね。
技術的には各社それぞれ優位点はると思うのですが、コンシューマ向け製品では、いかにそれを一般にアピールできるかで勝負が決まるのでしょう。
Toshi
URL
2008/07/10 23:22
オピニオンさんどうも!
いえいえ、どういたしまして!
なるほどよくお気持ち理解いたしました!
キヤノンの最新動向には要注目のようですね!
そしてオピニオンさんの写真&カメラライフにまたもや多大な影響を及ぼすこととなるような新モデルの登場となるのか自分も楽しみにして待ちたいと思いました!
blog管理
2008/07/11 00:21
Toshiさんこんにちは!
そうですね!おっしゃる通りだと思いました!
やはり、新モデルだけではなく、技術も含めた発表のタイミングは大切ですからね。一般にわかりやすく最新技術を知らしめるということは製品の売れ行きにも影響することと思えうまいアピールが高い製品の場合などは大切なポイントになりそうですよね。キヤノンはどのような技術を内緒にしているのでしょう!
blog管理
2008/07/11 00:27
キヤノンのCMOSイメージセンサの最新動向が9月3日に? きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる