きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS ニコンのうわさがすごい!Part 2

<<   作成日時 : 2008/07/26 22:54   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 10

 ニコンのうわさがすごいことになっていることは、先日書いたばかりですが、さらにほんとうかなと思うようなはなしがどんどんでてきて、ちょっとニコンの正式なコメントを聞いてみたいと思うほどです。

 最初に先日このブログで書いた『ニコンのうわさがすごい!』の核心部分をごく簡単にまとめて、さらにその後、続々とでているうわさを書いていこうと思います。

 まずは、ニコンが9月3日にプレス発表をおこなうというはなしがでていて、フォトキナ直前という時期的なものもありきになるうわさです。そして、フランスのカメラ雑誌のはなしがかなり飛ばしている感じで、そこでは、D3の高画素版の名称は、D3Xではないとするはなしや、D3にセンサークリーニング機能を搭載した新バージョンがでるというはなし、ソニーの24MP・CMOSセンサーを搭載したD800がでるとする説など、どうもここのはなしに尾ひれがついて、うわさが広がっているような感じもします。

 イギリス発のうわさでは、AF-S DX Zoom-Nikkor ED 17-55mm F2.8G(IF)が年内に、モデルチェンジして、ナノクリスタルコートを採用して、VRタイプになる可能性があるのではととりざたされていました。

 D90のスペックに関するうわさもでていて、18-105mmVRがキットレンズとなるということで、ボディ単体と思われる価格は、1300ドルといううわさがありました。このときのスペックの詳細は下記関連記事をご覧下さい。

 さらにレンズに関するうわさもかなりでていて、登場がうわさされているレンズを、『新生NIKKORのまとめとうわさ』でひろいだしてみたのが次のレンズ群です。

AF-S NIKKOR 24mm F1.4G (ED) ( )内は想像 新シリーズの登場?
AF-S NIKKOR 35mm F1.4G (ED) ( )内は想像 新シリーズの登場?
AF-S NIKKOR 50mm F1.4G (ED) ( )内は想像 新シリーズの登場?
AF-S NIKKOR 85mm F1.4G             新シリーズの登場?
AF-S VR Zoom-Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6G(IF) リニューアル版の登場?
AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)   リニューアル版の登場?
Ai AF VR Zoom-Nikkor ED 80-400mm F4.5-5.6D   リニューアル版の登場?
AF-S DX Zoom-Nikkor ED 17-55mm F2.8G(IF)    リニューアル版の登場?
AF-S DX NIKKOR 18-105mm (F3.5-5.6G VR)  ( )内は想像 新規のキットレンズか?


 そして、その後もどんどんでてきているうわさを書いてみると、D700の次は、D900という画素数をアップさせたモデルが登場するといううわさや、上記のように、ソニーの24MPのCMOSセンサーを搭載したモデルは、D900ではなくて、D800だとするはなし、そのD800は、D700をみると、メモリーカードの収納部にSDカード用のスロットを追加できるスペースがあるということで、24MPのD800はダブルスロットになるといううわさまで飛びだしています。

 フランスのカメラ雑誌が、D3の高画素版の名称はD3Xではないというはなしを書いていたようですがその続編ともいえるようなうわさでは、D4という名称が取りざたされています。海外のニコンのイベントで関係者から聞いたとするうわさでは、年内に3機種の新型デジタル一眼レフがニコンから登場すると聞いたといううわさがあって、24MPのD4は年末ごろに登場するのではないかとするうわさがありました。そこでは新型のFXフォーマット用のレンズも登場するとしていました。

 ニコンでは、9月3日にプレス発表をおこなうという上記のうわさがありましたが、最近このブログにいただいたコメントのことを思いだしたのですが、ニコンが8月22日に新レンズの発表をおこなうようですというおはなしをいただいていました。

 そしてもうひとり別の読者のかたからの情報では、大阪のニコンデジタルライブで聞いたはなしとして、「D3系のボディでは、ゴミ取りのパーツを入れる事ができないそうです。D700にゴミ取りが入れられた理由は、視野率が約95%と低いために、D3よりもボディに余裕ができたためだそうです。視野率が100%のD3系に入れるなら、ペンタ部をもっと大きくしないとパーツを入れる余裕がないらしいです。」という貴重な情報をお寄せいただきました。ここでこの貴重な情報をご提供いただきました読者のかたに改めてお礼を申し上げます。

 これはなかなかに興味深いはなしで、このはなしはニコンのデジタルライブで聞いたものですから間違いのないことだとすると、上記のフランスのカメラ雑誌で書かれたとされる、D3にセンサークリーニング機能を搭載した新バージョンがでるというはなしはどうなのかなという単純な疑問が浮かんできます。

 これからだすD3Xと思われる高画素バージョンには、読者のかたがデジタルライブで聞いたはなしの通り、センサークリーニング機能はそのボディの制約から付かないのか、またはボディが違うとはいえ、D700でFXフォーマットのカメラにもセンサークリーニングを搭載してしまったので、これから新たにだすカメラが、いくらD3をベースにしていてその制約から付きませんとといっても、ユーザーが納得しないといけないので、D3のボディの制約を克服して、ニコンはD3Xにセンサークリーニングを搭載するのか。

 仮に、D3Xでセンサークリーニングを搭載できれば、上記のフランスのカメラ雑誌が書いている、D3にセンサークリーニング機能を搭載した新バージョンがでるというはなしも現実味がでてくると思います。ニコンではこのあたりをどう解決してくるのか。うわさが仮にほんとうで、D3のセンサークリーニング機能を搭載した新バージョンがでるようなら、D3Xにもセンサークリーニング機能は搭載されることになると思うのですが、とてもきになるポイントという感じです。


【関連記事】
『ニコンのうわさがすごい!』(2008/07/21)
http://f2f4d1x.at.webry.info/200807/article_21.html
『新生NIKKORのまとめとうわさ』(2008/07/23)
http://f2f4d1x.at.webry.info/200807/article_23.html

【 注 意 】
 ここで取り上げたうわさは、あくまでも、うわさの域をでないはなしです。ここに書いた、うわさの内容は、まったく未確認のおはなしです。うわさとして書かれたものの内容の、ご判断につきましては読まれたかた、ご自身の判断に委ねております。こんなはなしもあるのかといった、娯楽程度に受け取りください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
大阪のニコンデジタルライブの話は、会場を見て回られていたヒゲの阿部先生から直接聞いた話で、そのあとの講演でも解説されていました。

でも、センサークリーニング機能に注目するよりも、CaptureNX2の「自動レタッチブラシ」があるので、CaptureNX2があれば、ゴミ取り必要なしとも言われてましたけど.....。

センサークリーニング機能について逆説的に考えれば、D3の高画素モデルは、ゴミ取りを付ける替わりにペンタプリズムを大きくして、デザインを変更、名称がD4になるってこともあるかも知れません。
Hiroyuki
2008/07/26 23:16
Hiroyukiさんこんにちは!
貴重な情報をありがとうございました!このおはなしはD3Xにゴミ取りが付くのかどうかをうらなう際に重要な意味を持ってきますよね。D3の高画素版ではそのあたりを解決するためにペンタ部の形状も変わり名称がD4になるというのもなんとなくうなずけるものがありますね。そのボディを逆に流用してD3の改良バージョンもだしてくれるとよろこばれると思うのですが。
NX2のブラシのことは、Hiroyukiさんのブログでも読ませていただき大変興味を持ちました!かなり使える機能のようですがカメラ側にもゴミ取りがあることに越したことはないと思うので、やはりここはD3XでもD4でもいいのですが付けて欲しいですね!
「期待を超えて、期待に応える」ですから!
blog管理
2008/07/26 23:50
D1シリーズ、D2シリーズの販売期間をおさらいしてみました。
で、率直な感想としてD3もシリーズとしていき、より進化していって欲しいですね。もっとあからさまに言うと、まだD4なんて言わないで〜、ワタシを置いて行かないで〜・・・が本音ですが(笑)
昇り龍
2008/07/27 10:12
私も昇り龍さんと同意見!そんなに簡単に一桁台の名を付けないで!!!です。
しかし噂がスゴいことになってますね。センサークリーニングはこれからの機種には当然付けてくるでしょう。ボディ制約?そんなの関係ねぇ〜(もう時代遅れ???)
凧tako
URL
2008/07/27 17:43
D3が発表された時、ゴミ取が無い理由として「完成度が低かった」のが理由だったような気がします。
D700にフルサイズセンサーのゴミ取が付いたということは、製品として完成したということなので、今後出てくるD3シリーズにもゴミ取は必ず付くと思います。
実装の問題は厳しいとは思いますが、なんとか解決すると信じてますよ(笑)
58Caddy
2008/07/27 22:03
昇り龍さんこんにちは!
D4はいくらなんでも早すぎると自分も思いますよ!
いままでの例からも、D3Xがだとうな名称ではないかと思います。D3の改良型もでるとすれば、D3Sという感じでしょうか。D3貯金は間に合いますよ!
blog管理
2008/07/28 00:08
凧takoさんこんにちは!
自分も同感ですよ!(笑)
しかし、本当にうわさがなんだかすごいことになっていますね〜!制約に関しては、期待を超えて期待に応えるというニコンの意気に期待したいと思います!
blog管理
2008/07/28 00:10
58Caddyさんこんにちは!
そうでしたね!そういうはなしがありました。
まだ完成度が低いので搭載は見送ったというはなしでしたよね!
D700で搭載できたのはセンサークリーニング機構が完成したということで、今後搭載しない理由にならないと自分も思います。D3のボディの制約という問題が事実としてあってもそれを克服してD3Xには搭載してくるのではないかと自分もみています!そうなればD3の改良版がでても不思議ではないわけで個人的にはこれに期待です!(笑)D40のもう古いと思われるボディにゴミ取りを入れてD60も作ったわけですしニコンには期待しています!
blog管理
2008/07/28 00:16
D3x高画素機、D3後継機にゴミ取りがつかないとほとんどのニコンユーザはがっかりでしょう。今やゴミ取りは標準機能なわけで技術的に難しくて必ず搭載してくると思います。
D300では圧電素子は短辺側、D700は長辺側に変わっていますね。より幅広く振動するように変えたようです。
kofuji
2008/07/28 19:42
kofujiさんこんにちは!
そうですよね。おっしゃる通りだと思います。
D3のボディの制約といっても解決して載せてきて欲しいですよね!D700ではさらに効果が高いものになっているとなるとなおさらD3Xには搭載して欲しいですしD3も改良版をだして欲しくなりますね。
blog管理
2008/07/28 23:56
ニコンのうわさがすごい!Part 2 きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる