きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS ソニーのフルサイズ機の価格に関するうわさ!

<<   作成日時 : 2008/07/17 23:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 ソニーのフルサイズ機のうわさも盛んになりつつある感じです。今日取りあげるはなしは少し前の11日付けのものですが、そこには価格に関する興味深いうわさもあり、簡単なスペックに関する情報もありました。

 D700の発表直後の今月2日に、その存在を誇示するかのようにソニーのフルサイズ機のうわさが流れましたが、そこでは、ソニーのα900は8月のフォトキナ前あたりで発表され、9月の終わりか10月始めには販売が開始されるのではとあり、同時発表のレンズとして、カールツアイスの 16-35mm F2.8 ZA と35mm F1.4 ZA が登場するのではないかとされていました。

 そのときはまだ、フルサイズ機の価格は競合機種に対して非常に競争力のある価格設定になるとだけ書かれていました。競合機種とされるカメラはキヤノンの5Dがモデル末期で新モデルが待たれることから、現状ではD700だけということで、「競争力のある価格設定」という価格の想像もD700の価格が判明したことで、以前とは想像される価格も変化した感じでした。

 そして今回のうわさでは、α900のボディ単体が2.499ドル。さらに新たなキットレンズとして、24-120mm F3.5-4.5G SSM のセットが2.899ドルとされていました。

 ファインダは100%で、新たに開発されたプリズムとコーティングにより信じられないほど明いものに仕上がっているようです。また、ライブビュー機能は、α300・350と同様な形式の、撮像素子を使わないタイプになるようなのですが、ペンタプリズムを使ったフルサイズ機で、どのように実現しているのか、ソニーの開発技術には興味のあるところです。

 撮影コマ速は秒5コマで、クロップ時には秒8コマで、JPEGで連続50コマとクロップで80コマまで、それぞれ連続撮影が可能のようで、ISOは6400までとなるようです。

 以前、ソニーのデジタルイメージング事業本部AMC事業部長の勝本徹氏の語った
「アマチュアの方にも無理せず購入できる価格にしたいと考えています。」という言葉をめぐっては、その無理せずという言葉がいくらなのかということでけっこう話題になりましたが、今回のうわさにある価格はかなり、ソニーもかなりがんばっているのではないかと思わせるものがありました。

ソニーデジタルイメージング事業本部AMC事業部副事業部長の石塚啓一氏はかつて、「(前略)個人的な考えだがフラッグシップを作らないとカメラメーカーとして安心して認めてもらえないのではないか。」と語っていましたが、いよいよソニーも名実ともにカメラメーカーとして認められる日が来ることになるのかその発表が待たれます。


【資料】
デジカメWatch
【インタビュー】2008年の戦略を訊く[ソニー編]
フルサイズ機はアマチュアでも買える価格に
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/other/2008/04/28/8393.html

NIKKEI NET IT+PLUS
PC&デジタルカメラ デジタルカメラ 更新 9月7日 07:00
「上級機種ないと一眼レフメーカーと言えない」ソニーのα事業責任者に聞く
http://it.nikkei.co.jp/pc/news/digitalcamera.aspx?n=MMITdg001006092007

【関連記事】
『ソニーのフルサイズ機も存在感を主張?!』(2008/07/02)
http://f2f4d1x.at.webry.info/200807/article_2.html
『ソニーのアマチュアも無理なく買えるフルサイズ機の価格とは』(2008/05/28 )
http://f2f4d1x.at.webry.info/200805/article_28.html
『ソニーは来年シェア争いの重要なプレイヤーに躍りでる?』(2007/11/19)
http://f2f4d1x.at.webry.info/200711/article_20.html

【 注 意 】
 ここで取り上げたうわさは、あくまでも、うわさの域をでないはなしです。ここに書いた、うわさの内容は、まったく未確認のおはなしです。うわさとして書かれたものの内容の、ご判断につきましては読まれたかた、ご自身の判断に委ねております。こんなはなしもあるのかといった、娯楽程度に受け取りください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ソニーは業務用・放送用のテレビカメラではシェアNo.1じゃないかな。そんなソニーですからスチールの世界でもアマチュアだけでなくプロフェッショナル向けを、そしていつかはニコン、キャノンを脅かす存在になる時代が来るのかもしれませんね。
凧tako
2008/07/18 12:59
凧takoさんこんにちは!
ソニーは放送機器では圧倒的なシェアですよね。
DSLRの世界で考えると、ソニーの開発資金の豊富さがきになりますよね。凧takoさんのおっしゃる、そのいつかが、それほど遠くない感じのようでもありきになりますね〜。
blog管理
2008/07/18 15:23
ソニーのフルサイズ機の価格に関するうわさ! きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる