きになったコト

アクセスカウンタ

zoom RSS 宇宙を周回し続けるニコンのD2Xs!

<<   作成日時 : 2008/07/11 23:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

 ニコンのカメラやレンズが世界的に有名になったきっかけのおはなしについて昨日はふれましたが、今日は日本人宇宙飛行士の星出彰彦さんが参加されたミッションにおいて、ニコンのD2Xsが宇宙で活躍したというおはなしがニコンから発表されました。

 日本の有人宇宙施設、『きぼう』の心臓部となる、船内実験室の設置を成功させて、その活躍が注目された日本人宇宙飛行士の星出彰彦さんの挑んだミッションではニュース映像にたびたびニコンのデジタル一眼レフの勇姿がちらりちらりと写りニコンファンの注目を集めたようでした。

 自分もニュースでニコンのカメラが写っているとニュースの内容そっちのけでカメラに注目してしまいました。まだD3が宇宙で活躍しているはずもないのにもしかして、テレビに写っているカメラはD3かなという期待がなぜかわいてきてニュース映像のカメラの機種を注意深くみてしまいました。

 今回のミッションに持ち込まれた、ニコンのデジタル一眼レフは、発表によるとD2Xsが6台と、AF-S DX Zoom-Nikkor ED 12-24mm F4G(IF)とAF DX Fisheye-Nikkor ED 10.5mmF2.8G 、ほかに、スピードライトSB-800が使用されたという。

 D2Xsはシャトル内や国際宇宙ステーションでの活動記録の撮影のほかにもシャトルの操縦室から切り離した後の外部燃料タンクの撮影にも使用されたということで、6台のD2Xsうち4台は国際宇宙ステーションに残され今後も宇宙ステーションでの活動記録などの撮影に利用されることになるという。

 地中の周りを、ニコンのカメラが4台も回っていると考えると、なんだかすごいことに思えてきます。すごくファンタジックな感じがしてくるというか、ニコンが宇宙から見守ってくれるというか、こんなことを書くと、ちょっと変な人と思われてもなんですので、ファンタジック程度にしておきますが。

 伝説のレンズ、Nikkor P.C 8.5cm F2 から、宇宙でニコンの信頼を背負って活躍する、D2Xsまで、まるで壮大な大河ドラマをみているような気持ちになってきます。

 D700をニコンスクエアでみたときに、比較のためにさわったD3のシャッターの感触の素晴らしさに改めて感心させられましたが、このカメラもいずれ宇宙で活躍することになるものと思いますが、その展示されていたD3は、登場時に感じたシャッターの感触より、さらにレスポンスが向上しているのではないかと思うほど、剛性感を伴った切れ味のいいシャッターフィーリングで、それは素晴らしいという言葉以外に表現がないほどと感じました。

 このD3にイメージセンサークリーニング機能が搭載されればもう完璧なのにとD700で実現されたセンサークリーニングを傍目にないものねだりな思いをつい抱いてしまいました。いずれ改良モデルか次期のモデルなどで実現されるのも時間の問題だと思いますが、やはりフラッグシップの感触は素晴らしいものがあるなと、実はD700にふれながら実感していたりしました。


【資料】
ニコン
ニュース 2008年7月11日
ニコンデジタル一眼レフカメラ「D2XS」、スペースシャトルのミッションで使用される
http://www.nikon.co.jp/main/jpn/whatsnew/2008/0711_nasa_01.htm

【資料】
ニコン
PRESS RELEASE/報道資料 2007年8月22日
スペースシャトルおよび国際宇宙ステーションの船外・船内での撮影用に
NASAからニコンデジタル一眼レフカメラ「D2XS」、交換レンズなどを受注
http://www.nikon.co.jp/main/jpn/whatsnew/2007/0822_nasa_01.htm
D2Xs
http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/slr/digital/d2xs/index.htm

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
昔、悪戯をすると「お天道様に恥ずかしくねェのかッ」と、どやしつけられましたものでして。
ではさらに一歩進んで、ニコンが空から見守ってくれるならば、「下手くそな写真ばっかり撮りやがってッ。ニコンのカメラに恥ずかしくねェのかッ」と、オノレを叱って自らを律して行きましょうかね〜(笑)

ヨタ話コメントですみません(笑)
昇り龍
2008/07/11 23:50
昇り龍さんこんにちは!
じょうだんで書いたところにきましたね!(苦笑)
写真に限らず、ニコンが空から、昇り龍さんの一挙手一投足をみつめていますよ〜!お〜っ、今日も呑んでるな!!とか!趣旨を曲げてD700を買うのかな?
とか。(笑)
blog管理
2008/07/12 00:19
数あるカメラの中でニコンが選ばれ宙を飛んでいるんですよね〜

ニコンのユーザーだったことを誇りに思います!

しかしD700よりD3のほうがフィーリングがいいんですね。
凧tako
2008/07/12 01:52
ぼくのブログに新聞の記事をデジカメで複写した写真を載せてるのですが、D2Xsに取り付けてあるのは、AF-S DX Zoom-Nikkor ED 17-55mm F2.8G(IF)だと思うんですが.....

大阪のNikonPlazaでも、D700が試し撮りできるようになっていて、触ってきましたが、F5に対するF100のように、かなり実用性の高いモデルだと思いました。

D3のように高さの確保できないモデルに、あれだけのシャッターユニットを組み込んだNikonの技術は凄いと思います。
Hiroyuki
URL
2008/07/12 12:52
そろそろD2Xsも出番がなくなったから手放そうかと思っていたところで、私もこの記事を読みました(^^);
さて、もうちょっと手元に置いておくのか、それとも写真を撮ってくれる人に旅立ったほうが幸せなのか。

おっと、マイブログのURLがd2xsじゃないか(笑)
Toshi
URL
2008/07/12 13:28
凧takoさんこんにちは!
感慨深いですよね!D700よりという比較の問題ではなくて、D3は改めてシャッターを切ってみると別格のカメラだったという感じです。D700もいいカメラですし別次元でD3もとてもいい感じですよ!一度試してください!
blog管理
2008/07/12 23:19
Hiroyukiさんこんにちは!
自分もその記事のカメラの写っているシーンをテレビのニュースでみました。太いレンズで2870なのかなとも思ったのですが一瞬で特定できませんでした。発表にあるレンズ以外にも持っていったレンズがあるのかもしれませんね。D700を試されましたか。かなりいいカメラですよね。そのシャッターは自社で開発して作っているものということでフィーリングもいいですよね。
blog管理
2008/07/12 23:29
Toshiさんこんにちは!
D2Xsになってかなり画質(ノイズなど)もよくなったといわれてますよね。もう少し手元に置いて使ったほうがいいと思います。手放すのはもったいないと思いますよ。そういえばブログのアドレスになにげなく使われていましたね!自分のブログも似た感じです。(笑)
blog管理
2008/07/12 23:34
宇宙を周回し続けるニコンのD2Xs! きになったコト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる